ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス
マイケル・ジャクソンシングル
収録アルバム ヒストリー
リリース 1996年
録音 1995年
ジャンル ポップス
時間 4分44秒
レーベル エピック・レコード
作詞・作曲 マイケル・ジャクソン
プロデュース マイケル・ジャクソン
チャート最高順位
マイケル・ジャクソン シングル 年表
アース・ソング
(1995年)
ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス
(1996年)
ストレンジャー・イン・モスクワ
(1996年)
テンプレートを表示

ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アスThey Don't Care About Us)は、マイケル・ジャクソン1996年4月に発表したシングル。1995年のアルバム『ヒストリー』からのシングル・カットである。作詞・作曲はマイケル・ジャクソン自身による。

解説[編集]

本作は1991年発売の『デンジャラス』以来4年振りにスラッシュとタッグを組んだ作品であり、歌詞とミュージック・ビデオの両方で論争を起こした作品として知られる。人種差別・環境破壊・紛争、あるいは暴力・中傷・抑圧・犯罪など人間の負の面を直接的に批判し、怒りに近い感情に満ちた強いメッセージを持った作品である。

歌詞は、一部(「jew me」および「kike me」)が、マイケルによる「僕を騙す」という本来の意味ではなく、「私をユダヤ人にする」という意味にも取られるとして、「人権的偏見を煽る歌詞がある」、「反ユダヤ曲である」と批判された[1]。問題部分だとし抗議していた反ユダヤ活動監視団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、『“kike”はユダヤ人に対する侮蔑的言葉の俗語。“jew”はユダヤ人を指す言葉で、それ自体は侮蔑的な意味を持たないが、“kike”と並列して使うと否定的意味合いを帯びる結果を招いてしまう』との見解を示した。ジャクソンは直ちに、自分は反ユダヤ主義者ではないとした上で[2]、この曲でリスナーに不快感を与えたことを謝罪した[3][4]。シングル・バージョンでは、歌詞の問題となった当該個所にノイズを施す処置が行われた。

ちなみに、妊娠中ということでこの年の11月にジャクソンと結婚し、翌1997年2月に彼の長男を産んだ元妻のデビー・ロウはユダヤ系である。

ミュージック・ビデオ[編集]

ミュージック・ビデオは「プリズン・バージョン」と「ブラジル・バージョン」の2バージョンあり、どちらもスパイク・リーが監督することで話題になった。オリジナルであるプリズン・バージョン(監獄バージョン)には、「ロドニー・キング事件」および「ロス暴動」、「天安門事件」の他、戦争核実験暴動集団暴行虐待クー・クラックス・クラン等の映像が多数使用されており、「暴力的である」としてMTVは放送を許可しなかった。MICHAEL JACKSON'S VISIONにて、初めてプリズン・バージョンが収録された。

備考[編集]

マイケルは生前『ナンバー・ワンズ』(2003年)、『マイケル・ジャクソン:アルティメット・コレクション』(2004年)、『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン』(2005年)、『キング・オブ・ポップ』(2008年)とベスト盤を多く出していたが、日本盤ではいずれのベストアルバムにも収録されなかった。『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン』に関しては、インターナショナル盤に収録されたものの、米国盤および日本盤には未収録となった。『キング・オブ・ポップ』に関しては、日本盤では収録されなかったが(投票結果:対象50曲中22位)[5] イギリスなど他の国では収録されたものも多い。2006年発売のボックス・セット『ヴィジョナリー』には収録されたが、これは日本盤の発売がなかった。その後『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン3.0』のDISC3に収録された。

マイケルは2009年7月からロンドンで「This Is It」と題する復活ツアーを予定していたが、6月25日の死去により実現できなかった。死の2日前の6月23日に、ロサンゼルス市内のステイプルズ・センターで行われた彼の「最後のリハーサル映像」(7月2日にAEGライブより一部公開分、約1分40秒)に収録されていたのは、この“They Don't Care About Us”であった。これにより、同年10月28日公開の映画サウンドトラック盤『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』への収録が実現した。 ‎

脚注[編集]

  1. ^ Jewish Response to Jackson”. The New York Times (1995年6月16日). 2009年8月21日閲覧。
  2. ^ In New Lyrics, Jackson Uses Slurs”. The New York Times (1995年6月15日). 2009年8月21日閲覧。
  3. ^ Michael Jackson Apologizes For Hurt Caused by Lyrics”. The New York Times (1995年6月17日). 2009年8月21日閲覧。
  4. ^ Michael Jackson - Museum of Tolerance's first visitor”. Simon Wiesenthal Center (2009年9月17日). 2009年9月17日閲覧。
  5. ^ キング・オブ・ポップ ジャパン・エディション特設サイト”. Sony Music (2009年12月3日). 2009年12月3日閲覧。