デンジャラス (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンジャラス
マイケル・ジャクソンスタジオ・アルバム
リリース 1991年11月26日
録音 1990年6月25日 - 1991年8月29日
ジャンル R&B / ニュージャックスウィング / ポップス
時間 76分59秒
レーベル Epic Records
EPIC SONY日本
プロデュース マイケル・ジャクソン
テディー・ライリー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ゴールド等認定
  • 32ミリオン
マイケル・ジャクソン 年表
バッド
1987年
デンジャラス
1991年
ヒストリー
1995年
テンプレートを表示

デンジャラス: DANGEROUS)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、マイケル・ジャクソンのアルバム。

解説[編集]

前作『バッド』以来4年ぶりとなるスタジオ・アルバム。前作までのクインシー・ジョーンズとのコンビを解消し、テディー・ライリーを新たなサウンド・プロデューサーに迎えた。それまでのポップ・ロック・ソウルをミックスさせた路線から、ライリーの提唱するスタイル「ニュージャックスウィング」にジャンルを変更している。オリジナル版の歌詞カードの最初に「DANCE」と書かれているように弾けるような爽快な曲が多い一方で、CDに収められる制限時間いっぱいを使っているアルバムであり、多様な楽曲が収められている。発売直後から売上を伸ばし6週目にして1,000万枚を突破した。アルバム『スリラー』以後では最大のヒット作となり、現在までの全世界での売り上げは3,200万枚以上を記録しているが、日本国内での売り上げ枚数は前作『バッド』を下回っている。 なお、マイケルの死後、前作『バッド』はとてつもない売り上げを記録しており、本作の売り上げ枚数を抜いたとの情報もあるが、前作、今作共に正確な売り上げ枚数は不明なため、この情報が正しいのかは定かではない。

ショート・フィルムにも傑作が多く、過去に「スリラー」を手がけたジョン・ランディスが再び監督を務めた「ブラック・オア・ホワイト」では、モーフィングの技術によって世界を再び驚かせた。

収録曲[編集]

  1. ジャム - JAM
  2. ホワイ・ユー・ワナ・トリップ・オン・ミー - Why You Wanna Trip on Me
  3. イン・ザ・クローゼット - In the Closet
  4. シー・ドライヴス・ミー・ワイルド - She Drives Me Wild
  5. リメンバー・ザ・タイム - Remember the Time
  6. キャント・レット・ハー・ゲット・アウェイ - Cant Let Her Get Away
  7. ヒール・ザ・ワールド - Heal the World
  8. ブラック・オア・ホワイト - Black or White
  9. フー・イズ・イット - Who is It
  10. ギヴ・イン・トゥ・ミー - Give in to Me
  11. ウィル・ユー・ビー・ゼア - Will You Be There
  12. キープ・ザ・フェイス - Keep the Faith
  13. ゴーン・トゥー・スーン - Gone Too Soon
  14. デンジャラス - DANGEROUS