ゼロ・グラヴィティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゼロ・グラヴィティZero Gravity)は、マイケル・ジャクソンが使用していたダンスである。

アメリカでは、Anti-gravity lean と呼ばれる。

概要[編集]

直訳すると、無重力である。

1988年の映画『ムーンウォーカー』の一場面において、楽曲『スムーズ・クリミナル』をバックにして披露されている。

ゼロ・グラヴィティのやり方[編集]

  1. 靴をフックに引っ掛ける。
  2. 床から45度の角度になるように体を倒す。
  3. その後、腹筋を使って体を起こす。
  4. フックから靴をはずす。

これをやるには、フックとフックにかける靴、腹筋が必要であり、とても腹筋が強くないと起き上がることは難しい。

そのため、マイケルはトイレでこの練習をしていたと言われている[1]

脚註[編集]

  1. ^ 2010年12月24日放送『マイケル・ジャクソン THIS IS IT