ゼロ・グラヴィティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゼロ・グラヴィティ[注釈 1](Zero Gravity、US 5255452  "Method and means for creating anti-gravity." )はマイケル・ジャクソンのダンスパフォーマンスである。

マイケルはこのパフォーマンスの為に国際特許を取得している[1]

概要[編集]

1988年の映画『ムーンウォーカー』の一場面において、楽曲Smooth Criminalで初披露。当時はまだ特許を取得しておらず、体をチェーンで吊り下げるというものだった。

同時期のツアーBad World Tourではこのパフォーマンスは行われなかった。

Dangerous World TourHIStory World Tourでは特許を取得し、生でパフォーマンスが行われた。

仕組み[編集]

  1. 靴をフックに引っ掛ける。
  2. 床から45度の角度になるように体を倒す。
  3. その後、腹筋を使って体を起こす。
  4. フックから靴をはずす。

これをやるには、フックとフックにかける靴、腹筋が必要であり、とても腹筋が強くないと起き上がることは難しい。

実際、オーディションではこのパフォーマンスが出来ず落選したバックダンサーも多い。

そのため、マイケルはトイレでこの練習をしていたと言われている[2]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Method and means for creating anti-gravity illusion”. 2014年7月16日閲覧。
  2. ^ 2010年12月24日放送『マイケル・ジャクソン THIS IS IT

注釈[編集]

  1. ^ ファンの間で自然発生的に出来た呼称であり、正式名称ではない