ゼロ・グラヴィティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Anti-gravity lean 2014-11-13.gif

ゼロ・グラヴィティ(アンチグラビティ[1][2]: Anti-gravity lean)はマイケル・ジャクソンダンスパフォーマンスである[3]

本パフォーマンス実現のためジャクソンはマイケル・ブッシュ、ダニエル・トンプキンスと連名で、US 5255452  Method and means for creating anti-gravity illusionとして特許を取得している[4]

概要[編集]

このダンスパフォーマンスが最初に行われたのは1988年の長編作品『ムーンウォーカー』内における、楽曲Smooth Criminalのパフォーマンスにおいてである。

ただし、この時はワイヤーを使って吊り上げる形でおこなわれている。これがもともとのダンスパフォーマンスとしてのゼロ・グラヴィティである。

しかし、この仕掛けは即時の脱着が困難であるようで、映像の中でもダンスパフォーマンスの終了後即座にカットが切り替わり、また、この仕掛けをそのまま用いてライブ上でこのダンスパフォーマンスを再現することはできず、同年のバッド・ツアーでSmooth Criminalを披露する際にも、そのパートは省かれている。[注 1]

後年(1992年)になって、このパフォーマンスをライブで再現するために考え出された技術が、Method and means for creating anti-gravity illusionである。この技術を使うことで、Dangerous World Tour, HIStory World Tourではダンスパフォーマンスとしてゼロ・グラヴィティをライブのステージ上でも再現できるようになった。

このように映像作品におけるそれと、ライブのステージ上におけるそれは、厳密にはその仕組み・仕掛けが異なっている。また、時系列的には、映像におけるダンスパフォーマンスをライブのステージ上で再現するために考え出されたのが、技術としてのゼロ・グラヴィティである。

仕組み[編集]

主に出願された特許に基づくアンチ・グラヴィティ・リーンの仕組みは

  1. まず、靴は足首までを覆う形で、なおかつ、かかと部分にフックをひっかけるためのV字の金属のパーツのついた特殊なものをつかう。
  2. 床から出たT字型のフックに、靴のかかとを引っかける。
  3. そのまま、足を軸にして上半身を倒し、斜めに傾く姿勢を作る。
  4. その後、自力で(腹筋、背筋、腓腹筋などを使って)もとの直立の姿勢までも引き上げる。
  5. フックから靴をはずす。(実際のステージ上では引っかけるためのフックは即座にステージ上から引っ込む)[4]

その他[編集]

  • 1939年版のオズの魔法使いにおけるブリキ男が登場するシーンのダンスにも、両足をそろえたまま斜めに倒れる動きが出てくる[要出典]またマイケルは複数回にわたり同作品を鑑賞している[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 公式に映像ソフト化されている1988年の公演の様子で確認できる。

出典[編集]

  1. ^ 中島耕太郎 (2012年10月30日). “マイケル・ジャクソンの衣装デザイナーが来日 思い出語る”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/fashion/topics/TKY201210270179.html 2015年3月18日閲覧。 (本記事は2012年10月25日付朝日新聞夕刊に掲載)
  2. ^ ASCII.jp編集部 (2014年6月25日). “スマートフォンラウンジがドコモラウンジにリニューアル”. KADOKAWA. 2015年3月18日閲覧。
  3. ^ プレイステーション ネットワークにて、5曲のミュージック・ビデオを追加配信!”. ソニー・ミュージックマーケティング (2010年2月3日). 2015年3月18日閲覧。
  4. ^ a b Method and means for creating anti-gravity illusion”. Google. 2014年7月16日閲覧。
  5. ^ 『Moonwalker』より[要ページ番号]