ゼロ・グラビティ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼロ・グラビティ
Gravity
監督 アルフォンソ・キュアロン
脚本 アルフォンソ・キュアロン
ホナス・キュアロン
製作 アルフォンソ・キュアロン
デヴィッド・ハイマン
製作総指揮 スティーヴン・ジョーンズ
出演者 サンドラ・ブロック
ジョージ・クルーニー
音楽 スティーヴン・プライス
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 マーク・サンガー
アルフォンソ・キュアロン
製作会社 ヘイデイ・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 イタリアの旗 2013年8月28日VIFF
アメリカ合衆国の旗 2013年10月4日
日本の旗 2013年12月13日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $274,092,705[1] アメリカ合衆国の旗
$716,392,705[1] 世界の旗
テンプレートを表示

ゼロ・グラビティ』(原題:Gravity)は、アルフォンソ・キュアロン監督による2013年の、宇宙を舞台にしたSF・ヒューマン・サスペンス映画である。8月27日より開催される第70回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品に選ばれた[2]

あらすじ[編集]

医療技師を務めるライアン・ストーン博士は、スペースミッションに初めて参加する。ライアンは指揮を務めるマット・コワルスキーとシャリフと共に、宇宙空間での船外活動を行うところから物語は始まる。

スペースシャトル「エクスプローラー号」にてハッブル宇宙望遠鏡の修理作業を行っていたライアン、シャリフと新型の船外活動ユニットのテストを行っていたマット。その面々にヒューストンの管制から、膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近しているため、船内に避難するよう緊急連絡が来る。ロシアが自国の衛星を破壊したところ、他の衛星も連鎖的に破壊され、宇宙ゴミとして拡散してしまうケスラーシンドロームが発生。ライアンらは作業を中断して退避しようとするが間に合わず、スペースシャトルが宇宙ゴミと衝突。シャリフは頭部に宇宙ゴミが直撃して貫通し、即死。ライアンとマットは2人とも宇宙空間に投げ出される。船外活動ユニットを装備していないライアンは錐揉み状態のうえ、現在位置を特定できなくなり、パニック状態の過呼吸で、宇宙服の酸素も少なくなる。だが、マットは的確な指示を出し続け、船外活動ユニットを駆使してライアンを自分の身体に固定することに成功する。

ヒューストンに無線で連絡するが、同軌道上の通信衛星も破壊され、応答がない。めげずに無線連絡し続けながら死亡したシャリフの遺体を回収しスペースシャトルに帰還するが、コクピットや居住区画も大破し、宇宙服を着用していなかった他の乗組員は全員死亡。遺体が無重力で漂っているような状況であった。2人はスペースシャトル「エクスプローラー号」をあきらめ、マットの船外活動ユニットを利用してISS(国際宇宙ステーション)に向かう。

ライアンの宇宙服の酸素がさらに減っていく。マットはライアンを励ますため、家族の話をするが、娘は4歳の時に幼稚園で事故死したとライアンは答える。

ISSも破損し、地球帰還のための『ソユーズ』宇宙船は1機がすでに離脱、残る1機もパラシュートが開いてしまっている。マットは地球帰還は無理だがソユーズ宇宙船を利用し、中国の宇宙ステーション『天宮』へ向かうことを決心し、ISSに取り付こうとする。しかし、マットの船外活動ユニットは直前で燃料切れを起こし、二人は殆ど減速できずにISSに衝突して反動で宇宙空間に放り出されてしまう。ライアンは辛うじてパラシュートのロープに引っかかり、マットにつながっているロープをつかむ。しかし、マットはロープを離すよう指示、ライアンは反対するが、マットはロープのフックを外してしまう。マットは宇宙空間の深遠に漂流する間、通信が途切れるまでライアンに語りかける。

ライアンは意識朦朧としながらISSの居住区画に入り一息つく。しばらくしてISSで火災が発生する。ライアンは消火しようとするが、爆発が起き、ソユーズに退避して隔壁を閉鎖し事なきを得る。ライアンはソユーズをISSから離脱させるが、ソユーズのパラシュートのワイヤーがISSに絡まり、うまく離脱できない。ライアンは船外に出てパラシュートを外す。すると、再び膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近し、ISSを大破させる。

ライアンはソユーズを発進させようとするが、燃料切れでエンジンが作動しない。AM無線で救助を求めると、地球の電波を拾ってしまい、アニンガという人物とつながる。アニンガは赤ん坊をあやし、ライアンは死別した娘を思い出す。ライアンは死を覚悟し、船内の酸素供給を止め、目をつぶる。

突然ソユーズの窓を外からノックするマットが現れて、ライアンと再会する。マットは船内に入ると酸素供給を再開させ、希望を捨てないようライアンを諭す。マットは着陸時の逆噴射装置を利用して天宮までの推進力とするよう助言する。ライアンが気づくと、マットは幻だった。ライアンは酸素供給を再開させ、着陸船を分離、逆噴射エンジンを作動させて着陸船を天宮に向かわせる。

天宮は高度を落としつつあった。ライアンはソユーズ着陸船を出て天宮に到着し、宇宙船『神舟』に乗り込む。中国語表記のコンソールに苦労しつつも、神舟の起動に成功。天宮は神舟とともに落下し、分解して神舟は切り離される。ライアンはマットや死別した娘に祈りをささげる。

神舟は大気圏に突入し着陸船が分離、パラシュートが無事に開いて湖に着水する。ライアンはハッチを開くが船内に浸水し脱出する間もなく水没、ライアンは水中へ脱出する。ライアンは泳いで陸に到着、地球の重力を存分に感じながら立ち上がり、物語は終わる。

キャスト[編集]

製作[編集]

本作は、アルフォンソ・キュアロンが監督し、彼の息子ホナス・キュアロンと共同で脚本を執筆した。当初は、ユニバーサル・ピクチャーズで数年に渡って企画が進められていたが、やがてスタジオはターンアラウンド英語版(他のスタジオへの売り出し)状態に置いた。そしてワーナー・ブラザーズがプロジェクトを購入し、2010年2月に『ウォンテッド』の続編への出演を拒否したアンジェリーナ・ジョリーに接近した[3]。同月後半、ジョリーは出演料の問題と[4][5]ボスニア戦争を描いた映画『最愛の大地』を監督する予定があったために[6]プロジェクトを降板した[7]。3月、ロバート・ダウニー・Jrを男主役とするために交渉に入った[8]

2010年半ば、マリオン・コティヤールが女主役としてのテストを受けた。2010年8月にはスカーレット・ヨハンソンブレイク・ライヴリーの可能性が高くなった[4]。9月、キュアロンは当時賞賛されていた映画『ブラック・スワン』の主役であるナタリー・ポートマンを、スクリーン・テストを受けさせずに起用させることに関してワーナー・ブラザーズの承認を得た[9]。ポートマンがスケジュールの都合によりプロジェクトを去ると、ワーナー・ブラザーズはサンドラ・ブロックに接近した[6]。2010年11月、ダウニー・Jrは当時ショーン・レヴィが監督しようとしていた『How to Talk to Girls』に出演するため、プロジェクトを降板した[10]。翌12月、ブロックが主演契約を交わし、ダウニー・Jrが演じる予定だった役はジョージ・クルーニーに替わった[11]

本作の製作費は1億ドルであり、デジタルで撮影された。またポストプロダクション時に3Dに変換される。撮影は2011年5月にロンドンで開始された[12]

公開[編集]

本作は2012年11月21日公開を予定していたが[13]、2013年に延期された[14]IMAX2D及び3Dでも公開される[15]

興行収入[編集]

本作は木曜日の夜だけで、140万ドルを稼ぎ出し[16]、金曜日には1700万ドルにまで達した[17]。最終的に第1週の興行成績は5560万ドルにも達した[18][19]。これは秋に公開された作品の中では最高の初動成績であり、サンドラ・ブロックジョージ・クルーニー出演作品の中でも最高の初動成績となった[18][20]。この数字は専門家と配給元の予想を大きく上回るものである。10月9日には、全世界での興行収入が1億ドルに達した[21]

日本では2013年12月13日に丸の内ルーブル他全国東急系にて公開され、2014年2月10日までに累計動員189万6,168人、累計興収30億1,901万1,900円を記録している[22]

評価[編集]

本作は2013年8月28日に第70回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品として上映された。観客、批評家双方から演技・演出・脚本・映像美といった作品のあらゆる面を称賛された。特に、サンドラ・ブロックの演技は高く評価されている[23]

映画批評家レビュー集積サイトRotten Tomatoesでは、2013年3月3日現在、299件のレビューがあり、批評家支持率は97%、平均点は10点満点で9.1点となっている[24]Metacriticには、48件のレビューがあり加重平均値は96/100となっている[25]

映画監督のクエンティン・タランティーノは本作を2013年度の映画トップ10に選出した[26]スティーヴン・スピルバーグは「言葉が出なかったよ。君たち、一体何をやってたんだ?」とジョージ・クルーニーにコメントし、ジェームズ・キャメロンは「これは史上最も優れた宇宙の映像美で創り上げた、史上最高のスペース・エンターテイメント」、「キュアロンとサンドラは、無重力空間で生き延びるため闘う女性の姿を完璧に創り上げた」と語っている[27]

映画監督のエドガー・ライトは本作を2013年度の映画トップ10の第1位に選出。できるだけ大きいスクリーンで見ることを勧めている[28]

アポロ11号の乗組員であったバズ・オルドリンは本作の描写が現実の宇宙空間にかなり近いものであることを認めたうえで、称賛している[29]

受賞[編集]

第86回アカデミー賞において、アルフォンソ・キュアロンの監督賞、サンドラ・ブロックの主演女優賞、エマニュエル・ルベツキの撮影賞へのノミネートに大きな期待がかかっていた[30][31]。その期待通り3人はアカデミー賞にノミネートされ、キュアロンは監督賞、ルベツキは撮影賞を受賞した。

2013年に開催されたハリウッド映画祭で、本作の演技によってサンドラ・ブロックが主演女優賞を受賞した[32]。同年発表された日本のキネマ旬報ベスト・テンでは、アルフォンソ・キュアロンが本作で外国映画監督賞を受賞した[33]第37回日本アカデミー賞では、 優秀外国作品賞にノミネートされた[34]。第56回ブルーリボン賞でも、外国作品賞に選ばれた[35]

賞・映画祭 部門 候補 結果
第71回ゴールデングローブ賞 作品賞 (ドラマ部門) ノミネート
監督賞 アルフォンソ・キュアロン 受賞
主演女優賞 (ドラマ部門) サンドラ・ブロック ノミネート
作曲賞 スティーヴン・プライス ノミネート
第20回全米映画俳優組合賞 主演女優賞 サンドラ・ブロック ノミネート
第67回英国アカデミー賞 作品賞 アルフォンソ・キュアロンデヴィッド・ハイマン ノミネート
監督賞 アルフォンソ・キュアロン 受賞
主演女優賞 サンドラ・ブロック ノミネート
オリジナル脚本賞 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン ノミネート
撮影賞 エマニュエル・ルベツキ 受賞
英国作品賞 アルフォンソ・キュアロン、デヴィッド・ハイマン、ホナス・キュアロン 受賞
作曲賞 スティーヴン・プライス 受賞
音響賞 受賞
プロダクトデザイン賞 ノミネート
特殊視覚効果賞 受賞
編集賞 ノミネート
第86回アカデミー賞 作品賞 アルフォンソ・キュアロンデヴィッド・ハイマン ノミネート
監督賞 アルフォンソ・キュアロン 受賞
主演女優賞 サンドラ・ブロック ノミネート
作曲賞 スティーヴン・プライス 受賞
音響編集賞 グレン・フリーマントル 受賞
録音賞 スキップ・リーヴセイ、ニヴ・アディリ、クリストファー・ベンステッド、クリス・ムンロ 受賞
撮影賞 エマニュエル・ルベツキ 受賞
視覚効果賞 ティム・ウェバー、クリス・ローレンス、デイヴ・シャーク、ネイル・コーボルド 受賞
編集賞 アルフォンソ・キュアロン、マーク・サンガー 受賞

ホームメディア[編集]

  • 【初回限定生産】ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(2枚組、2014年4月23日発売)
    • ディスク1:本編Blu-ray
      • 本編:2D版本編を収録
      • 映像特典
        • フォーカス・ポイント
          • 映像に潜む物語
          • 試行錯誤の果てに
          • 無限なる世界を描く
          • 宇宙の色彩
          • 無重力の世界を体現
          • 映画の中の宇宙技術
          • サンドラとジョージ:スペース・ランデブー
          • ファイナル・アニメーション~ビジョンの実現へ向けて~
          • 無音の中で
        • 撮影の舞台裏
          • 感動を構築する
          • 国際宇宙ステーション(ISS)での火災
          • 再短を奏でる
          • 音の可能性を探って
          • 帰還へ向けて
        • ドキュメンタリー:スペースデブリの脅威 ナレーター エド・ハリス
        • アニンガ:地球との交信 ホナス・キュアロンによるイントロダクション付き
        • 出品映画祭(スチール画)
    • ディスク2:本編DVD
      • 本編:2D版本編を収録
      • 映像特典
        • ドキュメンタリー:スペースデブリの脅威 ナレーター エド・ハリス
        • アニンガ:地球との交信 ホナス・キュアロンによるイントロダクション付き
    • 封入特典
      • 特製16Pブックレット
    • 期間限定特典
      • デジタルコピー by Flixster(字幕版)
  • ゼロ・グラビティ 3D&2Dブルーレイセット(2枚組、2014年4月23日発売)
    • ディスク1:本編Blu-ray 3D
      • 本編:3D版本編を収録
    • ディスク2:本編Blu-ray
      • 本編:2D版本編を収録
      • 映像特典:ブルーレイ&DVDセット・ディスク1と同様
    • 封入特典
      • 特製16Pブックレット
    • 期間限定特典
      • デジタルコピー by Flixster(字幕版)
    • 光沢スリーブケース仕様

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Gravity (2013)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2014年5月13日閲覧。
  2. ^ George Clooney and Sandra Bullock to open Venice film festival”. 2013年7月21日閲覧。
  3. ^ Brodesser-Akner, Claude (2010年2月25日). “Angelina Jolie Says No to Wanted 2, Killing the Sequel”. New York Magazine. http://nymag.com/daily/entertainment/2010/02/angelina_jolie_wanted_2_out.html 
  4. ^ a b Kit, Borys (2010年8月11日). “Blake Lively, Scarlett Johansson vie for sci-fi film”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2010/08/11/us-gravity-idUSTRE67A0W120100811 
  5. ^ http://www.the-numbers.com/people/AJOLI.php
  6. ^ a b Kroll, Justin (2010-10-06). “Sandra Bullock in talks for 'Gravity'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118025288. 
  7. ^ Sperling, Nicole (2010年2月26日). “Angelina Jolie out of 'Wanted 2': Follow-up project not a lock”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2010/02/26/angelina-jolie-wanted-2/ 
  8. ^ Rosenberg, Adam (2010年3月15日). “Robert Downey Jr. In Talks To Star In 'Children Of Men' Director Alfonso Cuaron's 'Gravity'”. MTV. http://moviesblog.mtv.com/2010/03/15/robert-downey-jr-gravity-alfonso-cuaron/ 
  9. ^ Fernandez, Jay A. (2010年9月8日). “Natalie Portman offered lead in 3D survival story”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2010/09/08/us-portman-idUSTRE6865H420100908 
  10. ^ Kit, Borys (2010-11-17). “EXCLUSIVE: Robert Downey Jr. Eyeing 'How to Talk to Girls'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/blogs/heat-vision/robert-downey-jr-eyeing-talk-46689. 
  11. ^ McNary, Dave (2010-12-16). “Clooney to replace Downey Jr. in 'Gravity'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118029180. 
  12. ^ Dang, Simon (2011年4月17日). “Producer David Heyman Says Alfonso Cuarón’s 3D Sci-Fi Epic ‘Gravity’ Will Shoot This May”. The Playlist. http://blogs.indiewire.com/theplaylist/archives/producer_mark_heyman_says_alfonso_cuarons_gravity_will_shoot_this_may/ 
  13. ^ Fleming, Mike (2011年8月3日). “Warner Bros Sets Its Oscar Season Dance Card”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2011/08/warner-bros-sets-its-oscar-season-dance-card/ 2011年8月17日閲覧。 
  14. ^ Vary, Adam (2012年5月14日). “Sandra Bullock, George Clooney sci-fi drama 'Gravity' pushed to 2013”. EW.com. http://insidemovies.ew.com/2012/05/14/sandra-bullock-gravity-2013/ 2012年5月15日閲覧。 
  15. ^ IMAX Corporation (2010年4月28日). “UPDATE: Warner Bros. and IMAX Sign Up to 20 Picture Deal!”. ComingSoon.net. http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=65561 2011年8月17日閲覧。 
  16. ^ Box Office: 'Gravity' Takes Flight With $1.4 Million Thursday Night”. 2013年10月7日閲覧。
  17. ^ Friday Box Office: 'Gravity' Earns $17.5m, Rockets Towards $50m”. 2013年10月7日閲覧。
  18. ^ a b S・ブロック、G・クルーニーの出演作『ゼロ・グラビティ』が『アバター』越えの人気で、興収約5,600万ドルの全米初登場1位!”. 2013年10月7日閲覧。
  19. ^ 'Gravity' Soars to Top of Weekend Box Office”. 2013年10月7日閲覧。
  20. ^ TOP OPENING WEEKENDS BY SEASON”. 2013年10月7日閲覧。
  21. ^ 『ゼロ・グラビティ』、5日で興行収入1億ドル突破”. 2013年10月13日閲覧。
  22. ^ 壬生智裕(2014年2月12日)岡田准一『永遠の0』『風立ちぬ』に並ぶV8!興収70億円突破!【映画週末興行成績】、シネマトゥデイ、2014年2月12日閲覧。
  23. ^ Early Reactions to GRAVITY Praise Sandra Bullock and George Clooney’s Performances, Alfonso Cuaron’s Direction, Emmanuel Lubezki’s Camerawork, and 3D”. 2013年9月19日閲覧。
  24. ^ Gravity (2013)”. 2013年9月19日閲覧。
  25. ^ Gravity”. 2013年10月7日閲覧。
  26. ^ Quentin Tarantino’s Top 10 Films of 2013 – SO FAR”. 2013年10月13日閲覧。
  27. ^ Gravity”. 2013年10月7日閲覧。
  28. ^ “『ホットファズ』エドガー・ライト監督が選ぶ2013年映画ベスト10!”. シネマトゥデイ. (2013年12月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068692 2014年12月5日閲覧。 
  29. ^ 月面に立った伝説の宇宙飛行士も絶賛!全米を席巻『ゼロ・グラビティ』撮影秘話”. 2014年2月5日閲覧。
  30. ^ Gurus o’ Gold: Post New York Film Festival”. 2013年10月19日閲覧。
  31. ^ http://www.indiewire.com/article/2014-oscar-predictions-best-picture”. 2013年10月19日閲覧。
  32. ^ Sandra Bullock To Be Honored With The Hollywood Actress Award at the 17th Annual Hollywood Film Awards”. 2013年9月20日閲覧。
  33. ^ 2013年 第87回キネマ旬報ベスト・テンキネマ旬報社、2014年1月12日閲覧。
  34. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月17日閲覧。
  35. ^ “第56回ブルーリボン賞発表”. 日刊スポーツ (大阪: 日刊スポーツ新聞西日本): p. 20. (2014年1月23日) 

外部リンク[編集]