ゴールデングローブ賞 作品賞 (ドラマ部門)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門)(Golden Globe Award for Best Motion Picture - Drama)はゴールデングローブ賞の部門の一つであり、1951年度より設置された[1]

元々、最優秀作品のための部門はひとつしかなかったが、 第9回より演技賞と作品賞はドラマ部門とミュージカル・コメディ部門に分割された[2]。1953年に一度だけ再統一されたことがあった[3]

候補作品一覧[編集]

1950年代[編集]

作品 監督[4] プロデューサー[5]
1951 陽のあたる場所 * ジョージ・スティーヴンス ジョージ・スティーヴンス
輝かしき勝利 マーク・ロブソン ロバート・バックナー
探偵物語 ウィリアム・ワイラー ウィリアム・ワイラー
クォ・ヴァディス * マーヴィン・ルロイ サム・ジンバリスト
欲望という名の電車 * エリア・カザン チャールズ・K・フェルドマン
1952 地上最大のショウ セシル・B・デミル セシル・B・デミル
愛しのシバよ帰れ ダニエル・マン ハル・B・ウォリス
The Happy Time リチャード・フライシャー アール・フェントン
真昼の決闘 * フレッド・ジンネマン スタンリー・クレイマー
The Thief ラッセル・ラウズ クラレンス・グリーン
1953 無し[3]
1954[6][7] 波止場 エリア・カザン サム・スピーゲル
1955[8][9] エデンの東 エリア・カザン エリア・カザン
1956 八十日間世界一周 マイケル・アンダーソン ケヴィン・マクローリー
ジャイアンツ * ジョージ・スティーヴンス Henry Ginsberg
炎の人ゴッホ ヴィンセント・ミネリ ジョン・ハウスマン
雨を降らす男 ジョセフ・アンソニー ハル・B・ウォリス
戦争と平和 キング・ヴィダー ディノ・デ・ラウレンティス
1957 戦場にかける橋 デヴィッド・リーン サム・スピーゲル
夜を逃れて フレッド・ジンネマン バディ・アドラー
サヨナラ * ジョシュア・ローガン ウィリアム・ゲッツ
十二人の怒れる男 * シドニー・ルメット ヘンリー・フォンダ
情婦 * ビリー・ワイルダー アーサー・ホーンブロウ・Jr
1958 手錠のまゝの脱獄 * スタンリー・クレイマー スタンリー・クレイマー
熱いトタン屋根の猫 * リチャード・ブルックス ローレンス・ウェインガーテン
黄昏に帰れ マーヴィン・ルロイ マーヴィン・ルロイ
私は死にたくない ロバート・ワイズ Claude Miller
旅路 * デルバート・マン ハロルド・ヘクト
1959 ベン・ハー ウィリアム・ワイラー サム・ジンバリスト
或る殺人 * オットー・プレミンジャー オットー・プレミンジャー
アンネの日記 * ジョージ・スティーヴンス ジョージ・スティーヴンス
尼僧物語 * フレッド・ジンネマン ヘンリー・ブランク
渚にて スタンリー・クレイマー スタンリー・クレイマー

1960年代[編集]

映画 監督[4] プロデューサー[5]
1960 スパルタカス スタンリー・キューブリック カーク・ダグラス
エルマー・ガントリー/魅せられた男 * リチャード・ブルックス バーナード・スミス
風の遺産 スタンリー・クレイマー スタンリー・クレイマー
息子と恋人 * ジャック・カーディフ ジェリー・ウォルド
ルーズベルト物語 ヴィンセント・J・ドナヒュー ドア・シャリー
1961 ナヴァロンの要塞 * J・リー・トンプソン カール・フォアマン
エル・シド アンソニー・マン サミュエル・ブロンストン
ファニー * ジョシュア・ローガン ベン・カディッシュ
ニュールンベルグ裁判 * スタンリー・クレイマー スタンリー・クレイマー
草原の輝き エリア・カザン エリア・カザン
1962 アラビアのロレンス デヴィッド・リーン サム・スピーゲル
チャップマン報告 ジョージ・キューカー ダリル・F・ザナック
酒とバラの日々 ブレイク・エドワーズ マーティン・マヌリス
フロイド/隠された欲望 ジョン・ヒューストン ウォルフガング・ラインハルト
青年 マーティン・リット ジェリー・ウォルド
脱走 フィリップ・ダン マーク・ロブソン
史上最大の作戦 * ケン・アナキン ダリル・F・ザナック
奇跡の人 アーサー・ペン フレッド・コー
戦艦バウンティ * ルイス・マイルストン アーロン・ローゼンバーグ
アラバマ物語 * ロバート・マリガン アラン・J・パクラ
1963 枢機卿 オットー・プレミンジャー マーティン・C・シュット
アメリカ アメリカ * エリア・カザン エリア・カザン
ニューマンという男 デヴィッド・ミラー ロバート・アーサー
The Caretakers ホール・バートレット ホール・バートレット
クレオパトラ * ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ ウォルター・ウェンジャー
大脱走 ジョン・スタージェス ジョン・スタージェス
ハッド マーティン・リット アーヴィング・ラヴェッチ
野のユリ * ラルフ・ネルソン ラルフ・ネルソン
1964 ベケット * ピーター・グレンヴィル ハル・B・ウォリス
ドーヴァーの青い花 ロナルド・ニーム ロス・ハンター
ニューヨークの恋人 デルバート・マン マーティン・マヌリス
イグアナの夜 ジョン・ヒューストン ジョン・ヒューストン
その男ゾルバ * マイケル・カコヤニス マイケル・カコヤニス
1965 ドクトル・ジバゴ * デヴィッド・リーン Arvid Griffen
コレクター ウィリアム・ワイラー ジャド・キンバーグ
飛べ!フェニックス ロバート・アルドリッチ ロバート・アルドリッチ
いつか見た青い空 ガイ・グリーン ガイ・グリーン
愚か者の船 * スタンリー・クレイマー スタンリー・クレイマー
1966 わが命つきるとも フレッド・ジンネマン フレッド・ジンネマン
野生のエルザ ジェームズ・H・ヒル サム・ジャッフェ
プロフェッショナル リチャード・ブルックス リチャード・ブルックス
砲艦サンパブロ * ロバート・ワイズ ロバート・ワイズ
バージニア・ウルフなんかこわくない * マイク・ニコルズ アーネスト・レーマン
1967 夜の大捜査線 ノーマン・ジュイソン ウォルター・ミリッシュ
俺たちに明日はない * アーサー・ペン ウォーレン・ベイティ
遥か群衆を離れて ジョン・シュレシンジャー ジョゼフ・ジャンニ
招かれざる客 * スタンリー・クレイマー George Glass
冷血 リチャード・ブルックス リチャード・ブルックス
1968 冬のライオン * アンソニー・ハーヴェイ マーティン・ポール
まごころを君に ラルフ・ネルソン ラルフ・ネルソン
フィクサー ジョン・フランケンハイマー エドワード・ルイス
愛すれど心さびしく ロバート・エリス・ミラー ジョエル・フリーマン
栄光の座 マイケル・アンダーソン ジョージ・イングランド
1969 1000日のアン * チャールズ・ジャロット ハル・B・ウォリス
明日に向って撃て! * ジョージ・ロイ・ヒル ジョン・フォアマン
真夜中のカーボーイ ジョン・シュレシンジャー ジェローム・ヘルマン
ミス・ブロディの青春 ロナルド・ニーム ジェームズ・クレッソン
ひとりぼっちの青春 シドニー・ポラック ロバート・チャートフ

1970年代[編集]

映画 監督[4] プロデューサー[5]
1970 ある愛の詩 * アーサー・ヒラー ハワード・G・ミンスキー
大空港 * ジョージ・シートン ロス・ハンター
ファイブ・イージー・ピーセス * ボブ・ラフェルソン ロバート・デイリー
父の肖像 ギルバート・ケイツ ギルバート・ケイツ
パットン大戦車軍団 フランクリン・J・シャフナー フランク・カフィー
1971 フレンチ・コネクション ウィリアム・フリードキン フィリップ・ダントーニ
時計じかけのオレンジ * スタンリー・キューブリック サイ・リトヴィノフ
ラスト・ショー * ピーター・ボグダノヴィッチ スティーブン・J・フリードマン
クイン・メリー/愛と悲しみの生涯 チャールズ・ジャロット ハル・B・ウォリス
おもいでの夏 ロバート・マリガン リチャード・A・ロス
1972 ゴッドファーザー フランシス・フォード・コッポラ アルバート・S・ラディ
脱出 * ジョン・ブアマン ジョン・ブアマン
フレンジー アルフレッド・ヒッチコック ウィリアム・ヒル
ポセイドン・アドベンチャー ロナルド・ニーム アーウィン・アレン
探偵 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ モートン・ゴットリーブ
1973 エクソシスト * ウィリアム・フリードキン ウィリアム・ピーター・ブラッティ
シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛 マーク・ライデル マーク・ライデル
ジャッカルの日 フレッド・ジンネマン ジョン・ウルフ
ラストタンゴ・イン・パリ ベルナルド・ベルトルッチ アルベルト・グリマルディ
セイブ・ザ・タイガー ジョン・G・アヴィルドセン エドワード・S・フェルドマン
セルピコ シドニー・ルメット ディノ・デ・ラウレンティス
1974 チャイナタウン * ロマン・ポランスキー ロバート・エヴァンス
カンバセーション…盗聴… * フランシス・フォード・コッポラ フランシス・フォード・コッポラ
大地震 マーク・ロブソン マーク・ロブソン
ゴッドファーザー PART II フランシス・フォード・コッポラ フランシス・フォード・コッポラ
こわれゆく女 ジョン・カサヴェテス サム・ショウ
1975 カッコーの巣の上で ミロス・フォアマン マイケル・ダグラス
バリー・リンドン * スタンリー・キューブリック スタンリー・キューブリック
狼たちの午後 * シドニー・ルメット マーティン・ブレグマン
ジョーズ * スティーヴン・スピルバーグ デイヴィッド・ブラウン
ナッシュビル * ロバート・アルトマン ロバート・アルトマン
1976 ロッキー ジョン・G・アヴィルドセン ロバート・チャートフアーウィン・ウィンクラー
大統領の陰謀 * アラン・J・パクラ ウォルター・コブレンツ
ウディ・ガスリー/わが心のふるさと * ハル・アシュビー ロバート・F・ブラモフ
ネットワーク * シドニー・ルメット ハワード・ゴットフリード
さすらいの航海 スチュアート・ローゼンバーグ ロバート・フライヤー
1977 愛と喝采の日々 * ハーバート・ロス アーサー・ローレンツ
未知との遭遇 スティーヴン・スピルバーグ ジュリア・フィリップス
I Never Promised You a Rose Garden アンソニー・ペイジ ダニエル・H・ブラット
ジュリア * フレッド・ジンネマン リチャード・ロス
スター・ウォーズ * ジョージ・ルーカス ゲイリー・カーツ
1978 ミッドナイト・エクスプレス * アラン・パーカー アラン・マーシャル
帰郷 * ハル・アシュビー ロバート・C・ジョーンズ
天国の日々 テレンス・マリック バート・シュナイダー
ディア・ハンター マイケル・チミノ バリー・スパイキングス
結婚しない女 * ポール・マザースキー ポール・マザースキー
1979 クレイマー、クレイマー ロバート・ベントン スタンリー・R・ジャッフェ
地獄の黙示録 * フランシス・フォード・コッポラ フランシス・フォード・コッポラ
チャイナ・シンドローム ジェームズ・ブリッジス マイケル・ダグラス
マンハッタン ウディ・アレン チャールズ・H・ジョフィ
ノーマ・レイ * マーティン・リット アレックス・ローズ

1980年代[編集]

映画 監督[4] プロデューサー[5]
1980 普通の人々 ロバート・レッドフォード ロナルド・L・シュワリー
エレファント・マン * デヴィッド・リンチ ジョナサン・サンガー
トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン ウィリアム・ピーター・ブラッティ ウィリアム・ピーター・ブラッティ
レイジング・ブル * マーティン・スコセッシ ロバート・チャートフ
スタントマン リチャード・ラッシュ リチャード・ラッシュ
1981 黄昏 * マーク・ライデル ブルース・ギルバード
フランス軍中尉の女 カレル・ライス レオン・クロア
プリンス・オブ・シティ シドニー・ルメット シドニー・ルメット
ラグタイム ミロス・フォアマン ディノ・デ・ラウレンティス
レッズ * ウォーレン・ベイティ ウォーレン・ベイティ
1982 E.T. * スティーヴン・スピルバーグ スティーヴン・スピルバーグ
ミッシング * コスタ=ガヴラス エドワード・ルイス
愛と青春の旅だち テイラー・ハックフォード マーティン・エルファンド
ソフィーの選択 アラン・J・パクラ アラン・J・パクラ
評決 * シドニー・ルメット デイヴィッド・ブラウン
1983 愛と追憶の日々 ジェームズ・L・ブルックス ジェームズ・L・ブルックス
Reuben, Reuben ロバート・エリス・ミラー ジュリアス・J・エプスタイン
ライトスタッフ * フィリップ・カウフマン アーウィン・ウィンクラー
シルクウッド マイク・ニコルズ アリス・アーレン
テンダー・マーシー * ブルース・ベレスフォード フィリップ・S・ホベル
1984 アマデウス ミロス・フォアマン ソウル・ゼインツ
コットンクラブ フランシス・フォード・コッポラ ロバート・エヴァンス
キリング・フィールド * ローランド・ジョフィ デヴィッド・パットナム
プレイス・イン・ザ・ハート * ロバート・ベントン ロバート・ベントン
ソルジャー・ストーリー * ノーマン・ジュイソン ノーマン・ジュイソン
1985 愛と哀しみの果て シドニー・ルメット シドニー・ルメット
カラーパープル * スティーヴン・スピルバーグ スティーヴン・スピルバーグ
蜘蛛女のキス * エクトール・バベンコ デヴィッド・ワイズマン
暴走機関車 アンドレイ・コンチャロフスキー リチャード・ガルシア
刑事ジョン・ブック 目撃者 * ピーター・ウィアー エドワード・S・フェルドマン
1986 プラトーン オリバー・ストーン アーノルド・コペルソン
愛は静けさの中に * ランダ・ヘインズ クリス・ベンダー
ミッション * ローランド・ジョフィ フェルナンド・ギア
モナリザ ニール・ジョーダン スティーヴン・ウーリー
眺めのいい部屋 * ジェームズ・アイヴォリー イスマイル・マーチャント
スタンド・バイ・ミー ロブ・ライナー ブルース・A・エヴァンス
1987 ラストエンペラー ベルナルド・ベルトルッチ ジェレミー・トーマス
遠い夜明け リチャード・アッテンボロー リチャード・アッテンボロー
太陽の帝国 スティーヴン・スピルバーグ キャスリーン・ケネディ
危険な情事 * エイドリアン・ライン スタンリー・R・ジャッフェ
ラ★バンバ ルイス・ヴァルデス スチュアート・ベンジャミン
ナッツ マーティン・リット テリ・シュワルツ
1988 レインマン バリー・レヴィンソン マーク・ジョンソン
偶然の旅行者 * ローレンス・カスダン フィリス・カーライル
A Cry in the Dark フレッド・スケピシ ヨーラム・グローバス
愛は霧のかなたに マイケル・アプテッド ピーター・グーバー
ミシシッピー・バーニング * アラン・パーカー ロバート・F・コールズベリー
旅立ちの時 シドニー・ルメット グリフィン・ダン
存在の耐えられない軽さ フィリップ・カウフマン ベルティル・オルソン
1989 7月4日に生まれて * オリバー・ストーン A・キットマン・ホー
ウディ・アレンの重罪と軽罪 ウディ・アレン チャールズ・H・ジョフィ
いまを生きる * ピーター・ウィアー ポール・ユンガー・ウィット
ドゥ・ザ・ライト・シング スパイク・リー スパイク・リー
グローリー エドワード・ズウィック フレディ・フィールズ

1990年代[編集]

映画 監督[4] プロデューサー[5]
1990 ダンス・ウィズ・ウルブズ ケビン・コスナー ジム・ウィルソン
わが心のボルチモア バリー・レヴィンソン マーク・ジョンソン
ゴッドファーザー PART III * フランシス・フォード・コッポラ フランシス・フォード・コッポラ
グッドフェローズ * マーティン・スコセッシ アーウィン・ウィンクラー
運命の逆転 バーベット・シュローダー エドワード・R・プレスマン
1991 バグジー * バリー・レヴィンソン ウォーレン・ベイティ
JFK * オリバー・ストーン アーノン・ミルチャン
サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方 * バーブラ・ストライサンド アンドリュー・S・カーシュ
羊たちの沈黙 ジョナサン・デミ ケネス・ウット
テルマ&ルイーズ リドリー・スコット ミミ・ポーク
1992 セント・オブ・ウーマン/夢の香り * マーティン・ブレスト マーティン・ブレスト
クライング・ゲーム * ニール・ジョーダン スティーヴン・ウーリー
ア・フュー・グッドメン * ロブ・ライナー デヴィッド・ブラウン
ハワーズ・エンド * ジェームズ・アイヴォリー イスマイル・マーチャント
許されざる者 クリント・イーストウッド クリント・イーストウッド
1993 シンドラーのリスト スティーヴン・スピルバーグ スティーヴン・スピルバーグ
エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事 マーティン・スコセッシ バーバラ・デ・フィーナ
父の祈りを * ジム・シェリダン ジム・シェリダン
ピアノ・レッスン * ジェーン・カンピオン ジェーン・チャップマン
日の名残り * ジェームズ・アイヴォリー イスマイル・マーチャント
1994 フォレスト・ガンプ/一期一会 ロバート・ゼメキス ウェンディ・フィネルマン
レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い エドワード・ズウィック マーシャル・ハースコビッツ
ネル マイケル・アプテッド ジョディ・フォスター
パルプ・フィクション * クエンティン・タランティーノ ローレンス・ベンダー
クイズ・ショウ * ロバート・レッドフォード ロバート・レッドフォード
1995 いつか晴れた日に * アン・リー ローリー・ボルグ
アポロ13 * ロン・ハワード ブライアン・グレイザー
ブレイブハート メル・ギブソン メル・ギブソン
マディソン郡の橋 クリント・イーストウッド クリント・イーストウッド
リービング・ラスベガス マイク・フィギス リラ・カゼス
1996 イングリッシュ・ペイシェント アンソニー・ミンゲラ ソウル・ゼインツ
奇跡の海 ラース・フォン・トリアー ピーター・オルベク・イェンセン
ラリー・フリント ミロス・フォアマン オリバー・ストーン
秘密と嘘 * マイク・リー サイモン・チャニング・ウィリアムズ
シャイン * スコット・ヒックス ジェーン・スコット
1997 タイタニック ジェームズ・キャメロン ジョン・ランドー
アミスタッド スティーヴン・スピルバーグ デビー・アレン
ボクサー ジム・シェリダン アーサー・ラッピン
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち * ガス・ヴァン・サント ローレンス・ベンダー
L.A.コンフィデンシャル * カーティス・ハンソン カーティス・ハンソン
1998 プライベート・ライアン * スティーヴン・スピルバーグ スティーヴン・スピルバーグ
エリザベス * シェーカル・カプール ティム・ビーヴァン
ゴッド・アンド・モンスター ビル・コンドン ポール・コリクマン
モンタナの風に抱かれて ロバート・レッドフォード パトリック・マーキー
トゥルーマン・ショー ピーター・ウィアー エドワード・S・フェルドマン
1999 アメリカン・ビューティー サム・メンデス ブルース・コーエン
ことの終わり ニール・ジョーダン ニール・ジョーダン
ザ・ハリケーン ノーマン・ジュイソン アーミアン・バーンスタイン
インサイダー * マイケル・マン ピーター・ジャン・ブルージ
リプリー アンソニー・ミンゲラ ウィリアム・ホーバーグ

2000年代[編集]

映画 監督[4] プロデューサー[5]
2000[10] グラディエーター リドリー・スコット ダグラス・ウィック
リトル・ダンサー スティーブン・ダルドリー チャールズ・ブランド
エリン・ブロコビッチ * スティーブン・ソダーバーグ ダニー・デヴィート
太陽の雫 サボー・イシュトヴァーン アンドラス・ハモリ
トラフィック * スティーブン・ソダーバーグ エドワード・ズウィック
ワンダー・ボーイズ カーティス・ハンソン カーティス・ハンソン
2001 ビューティフル・マインド ロン・ハワード ブライアン・グレイザー
イン・ザ・ベッドルーム * トッド・フィールド トッド・フィールド
ロード・オブ・ザ・リング * ピーター・ジャクソン ピーター・ジャクソン
バーバー ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
マルホランド・ドライブ デヴィッド・リンチ ピエール・エデルマン
2002 めぐりあう時間たち * スティーブン・ダルドリー マーク・ハッファム
アバウト・シュミット アレクサンダー・ペイン マイケル・ベスマン
ギャング・オブ・ニューヨーク * マーティン・スコセッシ アルベルト・グリマルディ
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 * ピーター・ジャクソン ピーター・ジャクソン
戦場のピアニスト * ロマン・ポランスキー ロマン・ポランスキー
2003 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 ピーター・ジャクソン ピーター・ジャクソン
コールド マウンテン アンソニー・ミンゲラ アルバート・バーガー
マスター・アンド・コマンダー * ピーター・ウィアー ピーター・ウィアー
ミスティック・リバー * クリント・イーストウッド ロバート・ロレンツ
シービスケット * ゲイリー・ロス キャスリーン・ケネディ
2004 アビエイター * マーティン・スコセッシ マイケル・マン
クローサー マイク・ニコルズ パトリック・マーバー
ネバーランド * マーク・フォースター リチャード・N・グラッドスタイン
ホテル・ルワンダ テリー・ジョージ テリー・ジョージ
愛についてのキンゼイ・レポート ビル・コンドン ゲイル・マトラックス
ミリオンダラー・ベイビー クリント・イーストウッド クリント・イーストウッド
2005 ブロークバック・マウンテン * アン・リー ダイアナ・オサナ
ナイロビの蜂 フェルナンド・メイレレス サイモン・チャニング・ウィリアムス
グッドナイト&グッドラック * ジョージ・クルーニー グラント・ヘスロヴ
ヒストリー・オブ・バイオレンス デヴィッド・クローネンバーグ クリス・ベンダー
マッチポイント ウディ・アレン レッティ・アロンソン
2006 バベル * アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ スティーヴ・ゴリン
ボビー エミリオ・エステベス アンソニー・ホプキンス
ディパーテッド マーティン・スコセッシ ブラッド・グレイ
リトル・チルドレン トッド・フィールド アルバード・バーガー
クィーン * スティーヴン・フリアーズ フランソワ・イヴェルネル
2007 つぐない * ジョー・ライト ティム・ビーヴァン
アメリカン・ギャングスター リドリー・スコット ブライアン・グレイザー
イースタン・プロミス デヴィッド・クローネンバーグ ポール・ウェブスター
The Great Debaters デンゼル・ワシントン オプラ・ウィンフリー
フィクサー * トニー・ギルロイ シドニー・ポラック
ノーカントリー ジョエル&イーサン・コーエン ジョエル&イーサン・コーエンスコット・ルーディン
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド * ポール・トーマス・アンダーソン ポール・トーマス・アンダーソン
2008 スラムドッグ$ミリオネア ダニー・ボイル クリスチャン・コルソン
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 * デヴィッド・フィンチャー キャスリーン・ケネディフランク・マーシャル
フロスト×ニクソン * ロン・ハワード ティム・ビーヴァンエリック・フェルナーブライアン・グレイザーロン・ハワード
愛を読むひと * スティーブン・ダルドリー アンソニー・ミンゲラシドニー・ポラックスコット・ルーディン
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで サム・メンデス ボビー・コーエンサム・メンデススコット・ルーディン
2009 アバター * ジェームズ・キャメロン ジェームズ・キャメロンジョン・ランドー
ハート・ロッカー キャスリン・ビグロー キャスリン・ビグローマーク・ボールニコラ・シャルティエトニー・マーク、ドナル・マカスカー、グレッグ・シャピロ
イングロリアス・バスターズ * クエンティン・タランティーノ ローレンス・ベンダー
プレシャス * リー・ダニエルズ リサ・コルテス、サラ・シーゲル=マグネス、ヴァレリー・ホフマン、アスガー・フセイン、ゲイリー・マグネス、Mark G. Magges、Berrgen Swason、シモーヌ・シェフィールド
マイレージ、マイライフ * ジェイソン・ライトマン ダニエル・タビッキ、ジェフリー・クリフォード、アイヴァン・ライトマンジェイソン・ライトマン

2010年代[編集]

映画 監督[4] プロデューサー[5]
2010 ソーシャル・ネットワーク * デヴィッド・フィンチャー デヴィッド・フィンチャースコット・ルーディンデイナ・ブルネッティマイケル・デ・ルカシーアン・チャフィン
ブラック・スワン * ダーレン・アロノフスキー マイク・メダヴォイ、スコット・フランクリン、アーノルド・メッサー、ブライアン・オリヴァー
ザ・ファイター * デヴィッド・O・ラッセル デヴィッド・ホバーマン、トッド・リーバーマン、ライアン・カヴァノーマーク・ウォールバーグ、ドロシー・オーフィエロ、ポール・タマシー
インセプション * クリストファー・ノーラン クリストファー・ノーランエマ・トーマス
英国王のスピーチ トム・フーパー イアン・キャニング、エミール・シャーマン、ガレス・アンウィン
2011 ファミリー・ツリー * アレクサンダー・ペイン アレクサンダー・ペインジム・テイラージム・バーク
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 * テイト・テイラー クリス・コロンバスマイケル・バーナサンブランソン・グリーン
ヒューゴの不思議な発明 * マーティン・スコセッシ グレアム・キングティム・ヘディントンマーティン・スコセッシジョニー・デップ
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 ジョージ・クルーニー グラント・ヘスロヴジョージ・クルーニーブライアン・オリヴァー
マネーボール * ベネット・ミラー マイケル・デ・ルカレイチェル・ホロヴィッツブラッド・ピット
戦火の馬 * スティーヴン・スピルバーグ スティーヴン・スピルバーグキャスリーン・ケネディ
2012 アルゴ ベン・アフレック ベン・アフレックジョージ・クルーニーグラント・ヘスロヴ
ジャンゴ 繋がれざる者 * クエンティン・タランティーノ ステイシー・シェアレジナルド・ハドリンピラー・サヴォン
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 * アン・リー アン・リーギル・ネッターデヴィッド・ウォマーク
リンカーン * スティーヴン・スピルバーグ スティーヴン・スピルバーグキャスリーン・ケネディ
ゼロ・ダーク・サーティ * キャスリン・ビグロー キャスリン・ビグローコリン・ウィルソングレッグ・シャピロテッド・シッパーミーガン・エリソン
2013 それでも夜は明ける スティーヴ・マックイーン スティーヴ・マックイーンブラッド・ピットデデ・ガードナージェレミー・クレイナービル・ポーラドアーノン・ミルチャンアンソニー・カタガス
キャプテン・フィリップス * ポール・グリーングラス マイケル・デ・ルカ、デイナ・ブルネッティ、スコット・ルーディン
ゼロ・グラビティ * アルフォンソ・キュアロン アルフォンソ・キュアロンデヴィッド・ハイマン
あなたを抱きしめる日まで * スティーヴン・フリアーズ ガブリエル・ターナ、スティーヴ・クーガン、トレイシー・シーウォード
ラッシュ/プライドと友情 ロン・ハワード ロン・ハワード、アンドリュー・イートン、エリック・フェルナー、ブライアン・オリヴァー、ピーター・モーガン、ブライアン・グレイザー

参考文献[編集]

  1. ^ HFPS Golden Globes Page”. Hollywood Foreign Press Association. 2007年6月26日閲覧。
  2. ^ Wendell Wittler (2001年1月24日). “As the Golden Globe spins”. MSNBC. 2007年6月26日閲覧。
  3. ^ a b HFPS Golden Globes Page”. Hollywood Foreign Press Association. 2007年6月26日閲覧。 この年の「作品賞」は『聖衣』に贈られた。IMdbでは「作品賞」と「作品賞(ドラマ部門)」が同じものであると考えられている。
  4. ^ a b c d e f g 複数の監督がいる場合、クレジットの1番目上の者のみを記述する。
  5. ^ a b c d e f g 複数のプロデューサーがいる場合、クレジットの1番目上の者のみを記述する。
  6. ^ The 12th Annual Golden Globe Awards (1955)”. Hollywood Foreign Press Association. 2007年6月26日閲覧。 この年は受賞作品のみ記載。
  7. ^ “1954 12th Golden Globe Awards”. Los Angeles Times The Envelope Awards Site. オリジナル2007年5月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070517233028/http://theenvelope.latimes.com/extras/lostmind/year/1954/1954gg.htm 2007年6月29日閲覧. "nominee list no longer exists" 
  8. ^ The 13th Annual Golden Globe Awards (1956)”. Hollywood Foreign Press Association. 2007年6月26日閲覧。 この年は受賞作品のみ記載。
  9. ^ “1955 13th Golden Globe Awards”. Los Angeles Times The Envelope Awards Site. オリジナル2007年5月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070517233230/http://theenvelope.latimes.com/extras/lostmind/year/1955/1955gg.htm 2007年6月29日閲覧. "nominee list no longer exists" 
  10. ^ “Golden Globes announce TV, film award nominees”. Milwaukee Journal Sentinel. Associated Press: p. 8B. (2000年12月22日). http://news.google.com/newspapers?id=lL4aAAAAIBAJ&sjid=_y8EAAAAIBAJ&pg=4298,1291809&dq=golden-globes&hl=en 2010年8月22日閲覧。 

関連項目[編集]