ミッシング (1982年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッシング
Missing
監督 コスタ=ガヴラス
脚本 コスタ=ガヴラス
ドナルド・スチュワート
原作 トマス・ハウザー
製作 エドワード・ルイス
ミルドレッド・ルイス
製作総指揮 ピーター・グーバー
ジョン・ピーターズ
出演者 ジャック・レモン
シシー・スペイセク
音楽 ヴァンゲリス
撮影 リカルド・アロノヴィッチ
編集 フランソワーズ・ボノー
製作会社 ポリグラム・フィルムド・エンタテイメント
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
CIC
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 1982年2月12日
日本の旗 1982年10月30日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $14,000,000[1]
テンプレートを表示

ミッシング』(原題: Missing)は、1982年アメリカ映画

1973年9月に南米チリで発生した軍事クーデター最中に起きたアメリカ人男性チャールズ・ホーマン (Charles Horman失踪事件を描いたトマス・ハウザーの書籍『The Execution of Charles Horman: An American Sacrifice[2]』(1978年)をコスタ=ガヴラス監督が映画化した作品。

第35回カンヌ国際映画祭最高賞パルム・ドールおよび男優賞ジャック・レモン)受賞。

第55回アカデミー賞脚色賞受賞。

ストーリー[編集]

1973年軍事クーデターの起きた南米チリで、妻ベスと暮らしていたアメリカ人の青年チャールズ・ホーマンが行方不明になる。

ベスから知らせを受けたチャールズの父エドは、現地でベスとともにチャールズの行方を追うが、その行方はようとして知れない。チャールズの失踪にはクーデターが深く関わっており、そこには米国による陰謀が見え隠れしていた。

登場人物[編集]

エド・ホーマン
チャールズ・ホーマンの父。ニューヨークの成功したビジネスマン
クリスチャン・サイエンスを信奉する敬虔なキリスト教徒で保守的な人物であり、息子とその妻ベスをあまり心良く思っていない。
ベス・ホーマン
チャールズ・ホーマンの妻。
テリー・サイモン
チャールズ・ホーマンの友人。
チャールズ・ホーマン
南米で失踪したアメリカ人。
作家志望であり、チリでは児童向けの絵本や文学の創作などをしていた。父とは違い理想主義者。
レイ・タワーアメリカ海軍大佐
フィル・パットナム領事

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 テレビ版
エド・ホーマン ジャック・レモン 牛山茂 中村正
ベス・ホーマン シシー・スペイセク 日野由利加 野沢雅子
テリー・サイモン メラニー・メイロン 本田貴子 吉田理保子
チャールズ・ホーマン ジョン・シェア 落合弘治 安原義人
レイ・タワー海軍大佐 チャールズ・シオッフィ 乃村健次
フィル・パットナム領事 デヴィッド・クレノン 加瀬康之

脚注[編集]

  1. ^ Missing (1982)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年5月9日閲覧。
  2. ^ 1982年に『Missing』のタイトルで再発売された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]