アデル、ブルーは熱い色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アデル、ブルーは熱い色
La vie d'Adèle – Chapitres 1 et 2
監督 アブデラティフ・ケシシュ
脚本 アブデラティフ・ケシシュ
ガリア・ラクロワ
原作 ジュリー・マロ
ブルーは熱い色フランス語版
『ブルーは熱い色 Le bleu est une couleur chaude』日本語版(発行 DU BOOKS)
製作 アブデラティフ・ケシシュ
ヴァンサン・マラヴァルフランス語版
ブラヒム・シウア
出演者 アデル・エグザルホプロス
レア・セドゥ
撮影 ソファニ・エル・ファニ
編集 カミーユ・トゥブキス
アルベルティーヌ・ラステラ
製作会社 ワイルド・バンチ
カス・フィルム
配給 フランスの旗 ワイルド・バンチ英語版
日本の旗 コムストック・グループ
公開 フランスの旗 2013年5月23日CIFF
フランスの旗 2013年10月9日[1]
日本の旗 2013年10月25日TIFF
日本の旗 2014年4月5日
上映時間 179分[2]
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 4,000,000[3]
テンプレートを表示

アデル、ブルーは熱い色』(: La vie d'Adèle – Chapitres 1 et 2: Blue Is the Warmest Colour)は、アブデラティフ・ケシシュ監督・脚本・製作による2013年のフランス恋愛・ドラマ映画である。ジュリー・マロ[4]による2010年のフランスのグラフィックノベルブルーは熱い色フランス語版[5]を原作としている。日本語翻訳版は2014年3月、DU BOOKSより発行。

2013年5月23日に第66回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され、最高賞であるパルム・ドールを獲得した。パルム・ドールは史上初めて監督のほかに出演女優の2人にも贈られた[6][7]

キャスト[編集]

評価[編集]

第66回カンヌ国際映画祭ではその長く[8]、写実的なセックスシーン(偽の性器を使用)が批評家たちに衝撃を与え[9]、映画館で公開するには編集が必要かもしれないと言われた[10]。批評家からはパルム・ドールのフロントランナーと言われた[10][11][12][13]

バラエティ』のジャスティン・チャンは「近年記憶される中でも、最も爆発的な写実的セックスシーン」が含まれると述べた[14]

受賞[編集]

第66回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを獲得した[7]。監督の他に、レア・セドゥとアデル・エグザルホプロスにも特別にパルム・ドールが贈られた[15][16][17]グラフィックノベル漫画を基とした作品がパルム・ドールを受賞するのは史上初である[18]。他にFIPRESCI賞も獲得した[19]

公開[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Release Date: Blue Is the Warmest Colour”. Alt Film. 2013年6月16日閲覧。
  2. ^ Blue Is the Warmest Colour (18)”. Artificial Eye. British Board of Film Classification (2013年9月11日). 2013年9月11日閲覧。
  3. ^ Fabre, Clarisse (2013年5月24日). “Des techniciens racontent le tournage difficile de "La Vie d'Adèle"” (French). Le Monde. 2013年5月26日閲覧。
  4. ^ Cannes 2013: La Vie D'Adèle Chapitres 1 et 2 (Blue is the Warmest Colour) – first look review”. The Guardian (2013年5月24日). 2013年5月24日閲覧。
  5. ^ (フランス語) Julie Maroh, Le bleu est une couleur chaude, Glénat – Hors collection, 2010, ISBN 978-2-7234-6783-4
  6. ^ Cannes Film Festival: Awards 2013”. Cannes (2013年5月26日). 2013年5月26日閲覧。
  7. ^ a b Blue is the warmest colour team win Palme d'Or at Cannes 2013”. RFI (2013年5月26日). 2013年5月26日閲覧。
  8. ^ Cannes 2013 : les scènes les plus sexe du Festival - Le Figaro
  9. ^ The Stars of ‘Blue is the Warmest Color’ On the Riveting Lesbian Love Story”. The Daily Beast (2013年9月1日). 2013年9月1日閲覧。
  10. ^ a b Lesbian drama tipped for Cannes' Palmes d'Or prize”. BBC News (2013年5月24日). 2013年5月24日閲覧。
  11. ^ The Ten-Minute Lesbian Sex Scene Everyone Is Talking About at Cannes”. Vulture (2013年5月24日). 2013年5月24日閲覧。
  12. ^ Blue is the Warmest Colour installed as frontrunner for Palme d'Or”. The Guardian (2013年5月24日). 2013年5月24日閲覧。
  13. ^ The Best Film at Cannes Is the French, Lesbian Answer to Brokeback Mountain”. The Atlantic (2013年5月25日). 2013年5月25日閲覧。
  14. ^ Cannes Film Review: ‘Blue Is the Warmest Color’”. Variety (2013年5月24日). 2013年5月24日閲覧。
  15. ^ Chang, Justin (2013年5月26日). “Cannes: 'Blue Is the Warmest Color' Wins Palme d' Or”. Variety. http://variety.com/2013/film/news/cannes-blue-is-the-warmest-color-wins-palme-d-or-1200488202/ 2013年5月26日閲覧。 
  16. ^ Story of Young Woman’s Awakening Is Top Winner”. NY Times (2013年5月26日). 2013年5月26日閲覧。
  17. ^ Cannes Film Festival: Lesbian drama wins Palme d'Or”. BBC News (2013年5月26日). 2013年5月26日閲覧。
  18. ^ Adèle's blue (PDF, 18.5 MB) - Text by Julie Maroh about the film and its aftermath
  19. ^ Cannes: 'The Missing Picture' Wins Un Certain Regard Prize”. Hollywood Reporter (2013年5月26日). 2013年5月26日閲覧。
  20. ^ 'Blue Is the Warmest Color,' Palme d'Or-Winning Lesbian Love Story, Gets NC-17 Rating”. Hollywood Reporter. 2013年8月21日閲覧。
  21. ^ Palme d'Or winner 'Blue Is the Warmest Color' gets NC-17 rating”. Hitfix. 2013年8月21日閲覧。
  22. ^ Blue Is the Warmest Color’ To Be Released With NC-17 Rating In U.S.”. Variety. 2013年8月21日閲覧。
  23. ^ Blue is the Warmest Colour release 'should be cancelled', says director”. The Guardian. 2013年10月8日閲覧。
  24. ^ 'Blue Is the Warmest Color' Shouldn't Be Released, Director Says”. Hollywood Reporter. 2013年10月8日閲覧。
  25. ^ Polémique autour de "La vie d'Adèle" : Abdellatif Kechiche s'explique dans "Télérama"”. Telerama. 2013年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]