カンヌ国際映画祭 男優賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カンヌ国際映画祭 男優賞Prix d'interprétation masculine)は、カンヌ国際映画祭の部門の1つ。

受賞リスト[編集]

開催年 受賞者 出演作品
1946年 レイ・ミランド アメリカ合衆国の旗 失われた週末
The Lost Weekend
1947年 なし
1948年 映画祭非開催
1949年 エドワード・G・ロビンソン アメリカ合衆国の旗 他人の家
House of Strangers
1950年 映画祭非開催
1951年 マイケル・レッドグレイヴ イングランドの旗 The Browning Version
1952年 マーロン・ブランド アメリカ合衆国の旗 革命児サパタ
Viva Zapata!
1953年 シャルル・ヴァネル フランスの旗 恐怖の報酬
Le Salaire de la peur
1954年 なし
1955年 スペンサー・トレイシー アメリカ合衆国の旗 日本人の勲章
Bad Day at Black Rock
Bolshaya semyaの出演者全員に対して ソビエト連邦の旗 Bolshaya semya[1]
1956年 なし
1957年 ジョン・キッツミラー アメリカ合衆国の旗 平和の谷
Dolina miru
1958年 ポール・ニューマン アメリカ合衆国の旗 長く熱い夜
The Long, Hot Summer
1959年 オーソン・ウェルズディーン・ストックウェルブラッドフォード・ディルマン アメリカ合衆国の旗 強迫/ロープ殺人事件
Compulsion
1960年 なし
1961年 アンソニー・パーキンス アメリカ合衆国の旗 さよならをもう一度
Goodbye Again
1962年 ディーン・ストックウェルジェイソン・ロバーズ アメリカ合衆国の旗ラルフ・リチャードソン イングランドの旗 夜への長い旅路
Long Day's Journey into Night
マーレイ・メルヴィン イングランドの旗 蜜の味
A Taste of Honey
1963年 リチャード・ハリス アイルランドの旗 孤独の報酬
This Sporting Life
1964年 Antal Páger ハンガリーの旗 Pacsirta
サロ・ウルツイ イタリアの旗 誘惑されて棄てられて
Sedotta e abbandonata
1965年 テレンス・スタンプ イングランドの旗 コレクター
The Collector
1966年 ペール・オスカルソン スウェーデンの旗 Sult
1967年 Odded Kotler イスラエルの旗 Shlosha Yamim Veyeled
1968年 なし
1969年 ジャン=ルイ・トランティニャン フランスの旗 Z
Z
1970年 マルチェロ・マストロヤンニ イタリアの旗 ジェラシー
Dramma della gelosia - Tutti i particolari in cronaca
1971年 リカルド・クッチョーラ イタリアの旗 死刑台のメロディ
Sacco e Vanzetti
1972年 ジャン・ヤンヌ フランスの旗 Nous ne vieillirons pas ensemble
1973年 ジャンカルロ・ジャンニーニ イタリアの旗 Film d'amore e d'anarchia, ovvero: stamattina alle 10, in via dei Fiori, nella nota casa di tolleranza...
1974年 ジャック・ニコルソン アメリカ合衆国の旗 さらば冬のかもめ
The Last Detail
1975年 ヴィットリオ・ガスマン イタリアの旗 Profumo di donna
1976年 ホセ・ルイス・ゴメス スペインの旗 Pascual Duarte
1977年 フェルナンド・レイ スペインの旗 Elisa, vida mía
1978年 ジョン・ヴォイト アメリカ合衆国の旗 帰郷
Coming Home
1979年 ジャック・レモン アメリカ合衆国の旗 チャイナ・シンドローム
The China Syndrome
1980年 ミシェル・ピッコリ フランスの旗 Salto nel vuoto
1981年 ウーゴ・トニャッツィ イタリアの旗 ある愚か者の悲劇
La tragedia di un uomo ridicolo
1982年 ジャック・レモン アメリカ合衆国の旗 ミッシング
Missing
1983年 ジャン・マリア・ヴォロンテ イタリアの旗 La Mort de Mario Ricci
1984年 アルフレード・ランダ、フランシスコ・ラバル スペインの旗 無垢なる聖者
Los santos inocentes
1985年 ウィリアム・ハート アメリカ合衆国の旗 蜘蛛女のキス
O Beijo da Mulher Aranha
1986年 ミシェル・ブラン フランスの旗 タキシード
Tenue de soirée
ボブ・ホスキンス イングランドの旗 モナリザ
Mona Lisa
1987年 マルチェロ・マストロヤンニ イタリアの旗 黒い瞳
Очи чёрные
1988年 フォレスト・ウィテカー アメリカ合衆国の旗 バード
Bird
1989年 ジェームズ・スペイダー アメリカ合衆国の旗 セックスと嘘とビデオテープ
Sex, Lies, and Videotape
1990年 ジェラール・ドパルデュー フランスの旗 シラノ・ド・ベルジュラック
Cyrano de Bergerac
1991年 ジョン・タトゥーロ アメリカ合衆国の旗 バートン・フィンク
Barton Fink
1992年 ティム・ロビンス アメリカ合衆国の旗 ザ・プレイヤー
The Player
1993年 デヴィッド・シューリス イングランドの旗 ネイキッド 快感に満ちた苦痛
Naked
1994年 グォ・ヨウ 中華人民共和国の旗 活きる
活着
1995年 ジョナサン・プライス ウェールズの旗 キャリントン
Carrington
1996年 ダニエル・オートゥイユ フランスの旗、パスカル・デュケンヌ ベルギーの旗 八日目
Le huitième jour
1997年 ショーン・ペン アメリカ合衆国の旗 シーズ・ソー・ラヴリー
She's So Lovely
1998年 ピーター・ミュラン スコットランドの旗 マイ・ネーム・イズ・ジョー
My Name Is Joe
1999年 エマニュエル・ショッテ フランスの旗 ユマニテ
L'humanité
2000年 トニー・レオン 香港の旗 花様年華
花樣年華
2001年 ブノワ・マジメル フランスの旗 ピアニスト
La Pianiste
2002年 オリヴィエ・グルメ ベルギーの旗 息子のまなざし
Le Fils
2003年 ムザフェア・オズデミル、エミン・トプラク トルコの旗 冬の街
Uzak
2004年 柳楽優弥 日本の旗 誰も知らない
2005年 トミー・リー・ジョーンズ アメリカ合衆国の旗 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
The Three Burials of Melquiades Estrada
2006年 ジャメル・ドゥブーズサミー・ナセリ、ロシュディ・ゼム、サミ・ブアジラ、ベルナール・ブランカン フランスの旗 デイズ・オブ・グローリー
Indigènes
2007年 コンスタンチン・ラヴロネンコ ロシアの旗 Izgnanie
2008年 ベニチオ・デル・トロ プエルトリコの旗 チェ 28歳の革命 / 39歳 別れの手紙
Che
2009年 クリストフ・ヴァルツ オーストリアの旗 イングロリアス・バスターズ
Inglourious Basterds
2010年 ハビエル・バルデム スペインの旗 BIUTIFUL ビューティフル
Biutiful
エリオ・ジェルマーノ イタリアの旗 我らの生活
La nostra vita
2011年 ジャン・デュジャルダン フランスの旗 アーティスト
The Artist
2012年 マッツ・ミケルセン デンマークの旗 偽りなき者
Jagten
2013年 ブルース・ダーン アメリカ合衆国の旗 ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
Nebraska

関連事項[編集]

参照[編集]

  1. ^ この年はPrix d'Interprétation (Acting Award)として、男優・女優の区別なく授与された。