パリ20区、僕たちのクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリ20区、僕たちのクラス
Entre les murs
監督 ローラン・カンテ
脚本 ローラン・カンテ
フランソワ・ベゴドー
ロバン・カンピヨ
原作 フランソワ・ベゴドー
『教室へ』
製作 キャロル・スコッタ
カロリーヌ・ベンジョー
バルバラ・レテリエ
シモン・アルナル
音楽 ピエール・ミロン
撮影 バリー・マーコウィッツ
編集 ロバン・カンピヨ
ステファニー・レジェ
製作会社 Haut et Court
配給 日本の旗 東京テアトル
公開 フランスの旗 2008年5月24日CIFF
フランスの旗 2008年9月24日
日本の旗 2010年6月12日
上映時間 128分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
興行収入 $28,866,596[1]
テンプレートを表示

パリ20区、僕たちのクラス』(Entre les murs「壁の内側」)は、2008年フランス映画フランソワ・ベゴドーが実体験に基づいて2006年に発表した小説『教室へ』(早川書房)を、ローラン・カンテ監督が映画化。ベゴドーも脚本及び主演を勤めている。第61回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。自己表現で学校を立て直すアメリカ映画に『フリーダム・ライターズ』がある。

ストーリー[編集]

始業ベルが鳴ってから、着席するまで15分間。注意されるまで、帽子は脱がない。教師のちょっとした言い間違いは嬉々として指摘する──そんな“問題あり”の「学級崩壊」状態の生徒たちに囲まれて、この中学校に来て4年目になる国語教師フランソワの新学年が始まる。

パリ19区(映画では20区)は移民が多く、この学校の24人の生徒たちは出身国も生い立ちも将来の夢も異なる。フランソワは語尾変化もを書くこともできない生徒たちに正しく美しいフランス語を教えようとしていた。しかし、スラングに慣れた生徒たちは接続法半過去など文語で金持ちの言葉だと反発する。彼らにはフランスの文学も歴史も自分たちとは無関係のものとしか見えない。しかし、国語とは生きるための言葉を学ぶこと。それは他人とのコミュニケーションを学び、社会で生き抜く手段を身につけることでもある。

最初は高圧的だったフランソワにとって、生徒たちの環境を知ると、彼らとの何気ない対話の一つ一つが授業であり、真剣勝負ということが分かり、悩み、葛藤する。そこで『アンネの日記』を読ませた後に、自己紹介文を書かせる。反発する生徒たちも徐々に詳しく自分を分析して表現できるようになってくる…。

キャスト[編集]

受賞[編集]

受賞・ノミネート
部門 対象 結果
第81回アカデミー賞 外国語映画賞 ノミネート
第61回カンヌ国際映画祭 パルム・ドール ローラン・カンテ 受賞
第13回サテライト賞 外国語映画賞 ノミネート
第21回ヨーロッパ映画賞 作品賞 ノミネート
監督賞 ローラン・カンテ ノミネート
第24回インディペンデント・スピリット賞 外国映画賞 ローラン・カンテ 受賞
第34回セザール賞 作品賞 ノミネート
監督賞 ローラン・カンテ ノミネート
脚色賞 ローラン・カンテ
フランソワ・ベゴドー
ロバン・カンピヨ
受賞
音響賞 Agns Ravez
Olivier Mauvezin
Jean-Pierre Laforce
ノミネート
編集賞 ロバン・カンピヨ
ステファニー・レジェ
ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ The Class (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2010年5月30日閲覧。
  2. ^ 1971年、フランス西部のヴァンデ県生まれ。ナント大学にて現代文学を学び、中等・高等教育の教員資格を取得した。時間の融通がきく教員の立場を生かして執筆活動を始め、2003年に第一作目の小説Jouer justeを、2005年には第二作目のDans la diagonaleを発表し、好評を博した。2006年発表の第三作『教室へ』Entre les mursは、ラジオ局フランス・キュルチュールと雑誌「テレラマ」共催の文学賞を受賞。17万部の売り上げを記録するベストセラーとなった。

外部リンク[編集]