蜜がいっぱい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蜜がいっぱい
Signore e Signori
監督 ピエトロ・ジェルミ
脚本 ピエトロ・ジェルミ
アージェ=スカルペッリ
ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
製作 ロバート・ハジアグ
ピエトロ・ジェルミ
出演者 ヴィルナ・リージ
ガストーネ・モスキン
音楽 カルロ・ルスティケッリ
撮影 アイアーチェ・パロリン
配給 イタリアの旗 ディア・フィルム
日本の旗 20世紀フォックス
公開 イタリアの旗 1965年
アメリカ合衆国の旗 1967年8月7日
日本の旗 1970年7月8日
上映時間 115分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

蜜がいっぱい』(伊語Signore e Signori、「紳士たちと淑女たち」)は、ピエトロ・ジェルミ監督による1965年製作のイタリアフランス合作映画である。「イタリア式コメディ」を代表する作品のひとつである。

概要[編集]

本作は、3つのストーリー・ラインをもつ艶笑コメディで、イタリアの町トレヴィーゾヴェネト州トレヴィーゾ県)を舞台しにしている。最初の話は、夫が浮気を隠すために不能を偽る話である。ふたつめは、銀行員が愛人のために妻を捨てるが、町ののこりの夫たちが嫉妬し、銀行員と愛人に対して陰謀を企てるべく団結する話である。最後の話は、町のすべての男たちが、ある無軌道なティーンエイジャーを誘惑しようとするが、彼女の父親がついに彼女が未成年であることを明らかにするという話である。

1966年、同作は、第19回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを『男と女』(監督クロード・ルルーシュ)とわけあって受賞した。

キャスト[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]