悪魔の陽の下に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悪魔の陽の下に
Sous le Soleil de Satan
監督 モーリス・ピアラ
脚本 シルヴィー・ダントン
モーリス・ピアラ
原作 ジョルジュ・ベルナノス英語版
製作 ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ英語版
製作総指揮 クロード・アベイユ
出演者 ジェラール・ドパルデュー
サンドリーヌ・ボネール
モーリス・ピアラ
音楽 アンリ・デュティユー
撮影 ウィリー・クラン英語版
編集 ヤン・デデ
配給 日本の旗 大映
公開 フランスの旗 1987年9月2日
日本の旗 1988年12月10日
上映時間 93分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

悪魔の陽の下に』(Sous le soleil de Satan)は、モーリス・ピアラ監督による1987年のフランスの映画である。ジョルジュ・ベルナノス英語版による1926年の小説を原作としており、恋人を殺害してしまった女性を救おうとする神父を描く。第40回カンヌ国際映画祭では最高賞であるパルム・ドールを獲得した。フランスでは81万5748人を動員した[1]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Sous le soleil de Satan (Under the Sun of Satan) (1987)”. JPBox-Office. 2013年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]