ジェラール・ドパルデュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェラール・ドパルデュー
Gérard Depardieu
Gérard Depardieu
2010年
本名 Gérard Xavier Marcel Depardieu
生年月日 1948年12月27日(65歳)
出生地 フランスの旗 フランスシャトールー
国籍 フランスの旗 フランス ロシアの旗 ロシア
配偶者 Élisabeth Guignot (1971-1996)
キャロル・ブーケ (1997-2005)

ジェラール・ドパルデューGérard Depardieu, 本名: ジェラール・グザヴィエ・マルセル・ドパルデュー、Gérard Xavier Marcel Depardieu, 1948年12月27日 - )は、フランス俳優。2013年にロシア国籍を取得している。フランス映画界を代表する一人者。当初からジャン・ギャバンの後継者として名高い。

プロフィール[編集]

1948年、フランスのシャトールー出身。子供の頃は非行に走り、刑務所に入ったこともあった。勧められて演劇の道に入り、16歳で国立民衆劇場に参加して学んだ。1960年代末に舞台、TVなどに出演しはじめる。映画デビューは1965年の『Beatnik et le minet(原題)』。

1974年の『バルスーズ』で脚光を浴び、以後数多くの映画賞に輝いた。日本では、『カミーユ・クローデル』のロダン役、『シラノ・ド・ベルジュラック』のシラノ役や、『1492 コロンブス』におけるコロンブス役等が有名である。揚々とした中にも緻密で繊細、時に屈折した表情も併せ持った稀代の演技者といえる。最近はヨーロッパのみならずハリウッド大作映画にも出演し、悪役も演じることがある。

私生活[編集]

1971年に結婚した女優エリザベート・ギニョとの間に子供が2人おり、息子のギョーム・ドパルデューと娘のジュリー・ドパルデューは共に俳優になった。また、女優カリーヌ・シラ(現在ヴァンサン・ペレーズの夫人)との間に女児(ロクサンヌ)が誕生。1997年に女優のキャロル・ブーケと再婚し、2005年離婚[1]。2006年にはカンボジアの血を引くフランス人女性との間に男児(ジャン)が誕生[2]

フランスのフランソワ・オランド政権は2013年度予算で年収が100万ユーロ(当時のレートで約1億1200万円)を超す国民に対しその75%を課税する方針を決定。2012年12月9日、ドパルデューはフランス国境に近いベルギー領の村ネシャンフランス語版に家を購入して移住し、これがマスコミの知るところとなった。ジャン=マルク・エロー首相はドパルデューに対し「税金逃れ」「国民の連帯から逃れようとする者」と非難を浴びせ、これに反発したドパルデューは12月16日、フランスの日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュフランス語版上で「フランスのパスポートと社会保障を返還する」とするエロー首相宛の公開文書を発表した。この書簡でドパルデューは、「2012年には収入の85%を、過去45年間には合計1億4500万ユーロ(約162億4000万円)を納税している」と述べ、国民の義務を果たしているとエロー首相に反論。富裕層に対して重税を課そうと計画する政府に対し「首相は成功や創造力、才能で抜きんでた人を罰するべきだと考えており、だから私は移住する」と強く非難[3]。ベルギー国籍取得に動き出したと報じられた[4][5]。12月21日にはロシアのドミートリー・メドヴェージェフ首相がドパルデューを招待し、富裕層に対する特別課税は行わない旨を表明[6]。かねてからウラジーミル・プーチン大統領と親交があったこともあり所得税率が一律13%のロシアの国籍取得を申請、2013年1月3日に国籍取得申請が受諾された[7][8]

主な出演作品[編集]

日本語吹き替えは主に玄田哲章がつとめ、菅生隆之も複数回つとめている。

公開年 邦題
原題
役名 備考
1971 水の中の小さな太陽
Un peu de soleil dans l'eau froide
ピエール
1973 悪霊の家
Au rendez-vous de la mort joyeuse
フアン・ルイス・ブニュエル
西暦01年
L'an 01
1973 事件
L'affaire Dominici
ゼゼ・ペリン
暗黒街のふたり
Deux hommes dans la ville
1974 バルスーズ
Les Valseuses
ジャン=クロード
薔薇のスタビスキー
Stavisky...
友情
Vincent, François, Paul... et les autres
1976 仮面/死の処方箋
Kamen
ジュ・テーム…
Je t'aime... moi non plus
若者
1900年
Novecento
オルモ・ダルコ
バロッコ
Barocco
サムソン
1977 シルビア・クリステルの ピンク泥棒
René la canne
1978 ハンカチのご用意を
Préparez vos mouchoirs
ラウル
バイバイ・モンキー/コーネリアスの夢
Ciao maschio
左利きの女
Die linkshändige Frau
甘くない砂糖
Le sucre
ラウール
護衛犬都市
Les chiens
モレル
1979 料理は冷たくして
Buffet froid
1980 終電車
Le Dernier métro
ベルナール・グランジェ セザール賞主演男優賞受賞
1981 隣の女
La Femme d'à côté
ベルナール・クードレー
1983 ダントン
Danton
ダントン
溝の中の月
La Lune dans le caniveau
ジェラード・デルマス
1984 フォート・サガン
Fort Saganne
シャルル・サガン
ソフィー・マルソーの 刑事物語
Police
ルイ ヴェネツィア国際映画祭男優賞受賞
1985 シガニー・ウィーバーの大発掘
Une femme ou deux
ジュリアン
1986 タキシード
Tenue de soirée
ボブ
愛と宿命の泉 PART I/フロレット家のジャン
Jean de Florette
ジャン
愛と宿命の泉 PART II/泉のマノン
Jean de FloretteII
ジャン
3人の逃亡者/銀行ギャングは天使を連れて
Les fugitifs
ジャン・ルーカス
1987 悪魔の陽の下に
Sous le soleil de Satan
ドニサン神父
1988 カミーユ・クローデル
Camille Claudel
オーギュスト・ロダン
1989 夜のめぐり逢い
Drôle d'endroit pour une rencontre
シャルル
ふたり
Deux
マルク・ランベール
美しすぎて
Trop belle pour toi
ベルナール
お家に帰りたい
I Want to Go Home
クリスチャン
1990 シラノ・ド・ベルジュラック
Cyrano de Bergerac
シラノ・ド・ベルジュラック セザール賞主演男優賞受賞
カンヌ国際映画祭男優賞受賞
グリーン・カード
Green Card
ジョージ ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
1991 さよならモンペール
Mon père, ce héros.
アンドレ
1992 1492 コロンブス
1492: Conquest of Paradise
クリストファー・コロンブス
1993 ゴダールの決別
Hélas pour moi
シモン・ドナデュー
ジェルミナル
Germinal
マユ
恋人はパパ/ひと夏の恋
My Father the Hero
アンドレ
1994 ザ・マシーン/私のなかの殺人者
La Machine
マルコ
記憶の扉
Una pura formalità
オノフ
愛の報酬/シャベール大佐の帰還
Le Colonel Chabert
シャベール大佐
百一夜
Les Cent et une nuits de Simon Cinéma
1995 エリザ
Élisa
プロヴァンスの恋
Le hussard sur le toit
マノスクの警察署長 クレジットなし
俺たちは天使だ
Les Anges gardiens
パパと呼ばないで
Le garçu
ジェラルド
1996 ミルドレッド
Unhook the Stars
トミー
僕のボーガス
Bogus
ボーガス
シークレット・エージェント
The Secret Agent
オシポン
ハムレット
Hamlet
レイナルド
1998 仮面の男
The Man in the Iron Mask
ポルトス
巌窟王/モンテ・クリスト伯
Le Comte de Monte-Cristo
テレビシリーズ
1999 バルザック 情熱の生涯
Balzac
バルザック テレビ映画
2000 宮廷料理人ヴァテール
Vatel
フランソワ・ヴァテール
102
102 Dalmatians
ジャン=ピエール・ル・ペル
レ・ミゼラブル
Les Misérables
ジャン・バルジャン テレビ
2001 メルシィ!人生
Le Placard
フェリクス・サンティニ
CQ
CQ
アンドレイ
ヴィドック
Vidocq
ヴィドック
2002 ミッション・クレオパトラ
Astérix & Obélix: Mission Cléopâtre
オベリックス
微笑みに出逢う街角
Between Strangers
マックス
シティ・オブ・ゴースト
City of Ghosts
エミール
キング・オブ・キングス
Napoléon
フーシェ テレビシリーズ
2003 サイレンス/血の呪
Le Pacte du silence
ジョアキム
恍惚
Nathalie...
ベルナール
ボン・ヴォヤージュ
Bon voyage
ボーフォール
ルビー&カンタン
Tais-toi!
カンタン
2004 HAKUGEKI/迫撃
San Antonio
レディ・ダルタニアン/新・三銃士
La Femme Musketeer
テレビ映画
あるいは裏切りという名の犬
36, Quai des Orfèvres
ドニ・クラン
2005 ダニエラという女
Combien tu m'aimes?
シャルリー
2006 ラスト・ホリデイ
Last Holiday
テレビ映画
パリ、ジュテーム
Paris, je t'aime
2007 エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜
La Môme
ルイ・ルプレ
2008 DISCO ディスコ
Disco
バビロン A.D.
Babylon A.D.
ゴルスキー
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編
L'Instinct de mort
ギド
2009 いずれ絶望という名の闇
DIAMANT 13
マット
刑事ベラミー
Bellamy
ポール・ベラミー
2010 マムート
Mammuth
しあわせの雨傘
Potiche
モリス・ババン
2012 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Life of Pi
シェフ
アステリックスの冒険〜秘薬を守る戦い
Astérix et Obélix : Au service de Sa Majesté
オベリックス

主な受賞[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Bouquet - Depardieu en crise
  2. ^ Sloan, Michael (2011年4月22日). “Upheaval of life blamed on Apsara”. The Phnom Penh Post (Cambodia). http://www.phnompenhpost.com/index.php/2011042248640/Siem-Reap-Insider/upheaval-of-life-blamed-on-apsara.html 2011年4月25日閲覧。 
  3. ^ “富裕層増税に抗議、仏有名俳優が隣国に移住宣言”. 読売新聞. (2012年12月20日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121220-OYT1T00249.htm 2012年12月21日閲覧。 
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
  6. ^ “仏俳優ジェラール・ドパルデュー ロシア国籍取得”. ロシアの声. (2013年1月4日). http://japanese.ruvr.ru/2013_01_04/doparudyu--roshiakokuseki/ 2013年1月4日閲覧。 
  7. ^ “節税で露市民権の仏俳優、「ロシア万歳」と書簡”. 読売新聞. (2013年1月4日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130104-OYT1T00727.htm?from=main4 2013年1月4日閲覧。 
  8. ^ “富裕層増税に抗議、ロシア国籍取得 富豪のフランス俳優”. 朝日新聞. (2013年1月4日). http://www.asahi.com/international/update/0104/TKY201301040011.html 2013年1月4日閲覧。 

外部リンク[編集]