父 パードレ・パドローネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
父 パードレ・パドローネ
Padre Padrone
監督 パオロ・タヴィアーニ
ヴィットリオ・タヴィアーニ
脚本 パオロ・タヴィアーニ
ヴィットリオ・タヴィアーニ
製作 ジュリアーニ・G・デ・ネグリ
出演者 オメロ・アントヌッティ
サヴェリオ・マルコーニ
音楽 エジスト・マッキ
撮影 マリオ・マシーニ
編集 ロベルト・ペルピニャーニ
配給 アメリカ合衆国の旗 Cinema 5 Distributing
イギリスの旗 Artificial Eye
日本の旗 フランス映画社
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年12月23日
日本の旗 1982年7月31日
上映時間 114分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

父 パードレ・パドローネ』(ちち パードレ・パドローネ、伊語Padre Padrone)は、1977年製作のイタリア映画で、監督はパオロ・タヴィアーニヴィットリオ・タヴィアーニである。 イタリア語でパードレは父、パドローネは主人を意味する。英語圏ではFather and Masterと呼ばれることもある(劇場公開題)が、最近発売のDVDにはイタリア語の原題がつけられている。保守的な厳父によって、小学校を数週間だけで退学させられ、20歳になるまで、一切の教育を受ける機会を奪われて文盲であったサルデーニャ島の羊飼いが、親元を離れ、教育を身につけて自立する物語である。後に主人公は著名な言語学者になった。原作は同じ題名のガヴィーノ・レッダの自伝である。

この映画は1977年第30回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した[1]

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

[編集]

  1. ^ Cannes Film Festival 1977(IMDb 英語)参照。

外部リンク[編集]