愛、アムール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛、アムール
Amour
監督 ミヒャエル・ハネケ
脚本 ミヒャエル・ハネケ
製作 マルガレート・メネゴス
製作総指揮 ウーヴェ・ショット
出演者 ジャン=ルイ・トランティニャン
エマニュエル・リヴァ
イザベル・ユペール
撮影 ダリウス・コンジ
編集 モニカ・ヴィッリ
ナディン・ミュズ
製作会社 Canal+
フランス3シネマ
レ・フィルム・デュ・ロサンジュ
Xフィルム・クリエイティブ・プール
ウェガ・フィルム
配給 フランスの旗 Les Films du Losange
ドイツの旗 Concorde Filmverleih
日本の旗 ロングライド
公開 フランスの旗 2012年5月20日CIFF
ドイツの旗 2012年9月20日
フランスの旗 2012年10月24日
日本の旗 2013年3月9日
上映時間 127分
製作国 オーストリアの旗 オーストリア
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 フランス語
英語
製作費 $8,900,000[1]
興行収入 $19,785,660[2]
テンプレートを表示

愛、アムール』(あいアムール、Amour)は、ミヒャエル・ハネケ監督・脚本による2012年のドラマ映画である。ジャン=ルイ・トランティニャンエマニュエル・リヴァイザベル・ユペールらが出演している。病に倒れた妻とその夫が描かれる[3]。オーストリア、フランス、ドイツが共同で製作した。

第65回カンヌ国際映画祭で上映され[4][5]パルム・ドールを受賞した[6]第85回アカデミー賞外国語映画賞にはオーストリア代表として出品され[7]、受賞を果たした[8]

ミヒャエル・ハネケはこの作品により、2作連続でパルム・ドールを獲得した。

ストーリー[編集]

老音楽家夫婦のジョルジュとアンヌにとって、それはアンヌの発作という形で突然訪れた。食事の席でジョルジュの言葉に全く反応せず、しかし彼が席を外して戻ってみると、元通りになっており、自身に異変があったことも認識していなかったのだ。検査の結果、病の存在が明らかになったアンヌだったが、手術において5%といわれた筈の失敗が起こり、右半身に麻痺が残ってしまった。「病院には戻りたくない」という願いを受け、ジョルジュは自宅でアンヌと共に過ごすことを決める。しかし娘のエヴァもめったにしか戻らず、二人だけの状況での介護は容易ではない。徐々に状態の悪化していくアンヌ、そしてジョルジュにもまた、最期のときは近づいていた。

キャスト[編集]

製作[編集]

フランスのレ・フィルム・デュ・ロサンジュ、ドイツのXフィルム・クリエイティブ・プール、オーストリアのウェガ・フィルムより729万ユーロで製作された[3][9]フランス3と共同製作し、イル=ド=フランス地域圏より40万4000ユーロの支援を受けた[3]。さらに資金はドイツのMedienboard Berlin-BrandenburgとフランスのNational Center of Cinematography and the moving imageより付与された[10]。主要撮影は2011年2月7日から4月1日に行われた[10]

受賞とノミネート[編集]

賞歴一覧
賞・映画祭 部門 対象 結果
カンヌ国際映画祭[6] パルム・ドール ミヒャエル・ハネケ 受賞
ダーバン国際映画祭[11] 作品賞 ミヒャエル・ハネケ 受賞
国際映画批評家連盟賞[12] 作品賞 ミヒャエル・ハネケ 受賞
セザール賞[13] 作品賞 『愛、アムール』 受賞
監督賞 ミヒャエル・ハネケ 受賞
主演男優賞 ジャン=ルイ・トランティニャン 受賞
主演女優賞 エマニュエル・リヴァ 受賞
助演女優賞 イザベル・ユペール ノミネート
脚本賞 ミヒャエル・ハネケ 受賞
美術賞 ジャン=ヴァンサン・ピュゾ ノミネート
撮影賞 ダリウス・コンジ ノミネート
編集賞 モニカ・ヴィッリ ノミネート
音響賞 Guillaume Sciama
Nadine Muse
Jean-Pierre Laforce
ノミネート
アカデミー賞[8] 作品賞 マルガレート・メネゴス、シュテファン・アルント、ファイト・ハイドゥシュカ、ミヒャエル・カッツ ノミネート
監督賞 ミヒャエル・ハネケ ノミネート
主演女優賞 エマニュエル・リヴァ ノミネート
脚本賞 ミヒャエル・ハネケ ノミネート
外国語映画賞 『愛、アムール』 受賞
毎日映画コンクール 外国映画ベストワン賞 『愛、アムール』 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ Amour” (フランス語). AlloCiné. 2014年2月1日閲覧。
  2. ^ Amour”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年4月9日閲覧。
  3. ^ a b c Lemercier, Fabien (2010年11月22日). “Ile-de-France backs Haneke's Amour”. Cineuropa. 2011年6月3日閲覧。
  4. ^ 2012 Official Selection”. Cannes. 2012年4月19日閲覧。
  5. ^ Cannes Film Festival 2012 line-up announced”. timeout. 2012年4月19日閲覧。
  6. ^ a b Awards 2012”. Cannes. 2012年5月27日閲覧。
  7. ^ Hanke's Amour geht fuer Oesterreich ins Oscar Rennen”. Der Standart. 2012年9月4日閲覧。
  8. ^ a b Nominees for the 85th Academy Awards”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年2月25日閲覧。
  9. ^ Love (Amour)”. filmsdulosange.fr. Les Films du Losange. 2011年6月3日閲覧。
  10. ^ a b Amour”. Screenbase. Screen International. 2011年6月3日閲覧。
  11. ^ Award-winners Announced At Durban International Film Festival 2012”. University of KwaZulu-Natal. 2012年8月18日閲覧。
  12. ^ Mitchell, Robert (2012年9月5日). “Int'l crix love Haneke's 'Amour'”. Variety. 2012年9月5日閲覧。
  13. ^ Palmarès des César - Académie des Arts et Techniques du Cinéma” (フランス語). フランス映画芸術・技術アカデミー. 2013年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]