ブンミおじさんの森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブンミおじさんの森
ลุงบุญมีระลึกชาติ
監督 アピチャートポン・ウィーラセータクン
脚本 アピチャートポン・ウィーラセータクン
製作 アピチャッポン・ウィーラセタクン
サイモン・フィールド
キース・グリフィス
シャルル・ド・モー
撮影 サヨムプー・ムックディープロム
編集 リー・チャータメーティクン
配給 日本の旗 ムヴィオラ
公開 フランスの旗 2010年5月21日
第63回カンヌ国際映画祭
タイ王国の旗 2010年6月25日
カナダの旗 2010年9月16日
(第35回トロント国際映画祭
日本の旗 2011年3月5日
上映時間 114分
製作国 タイ王国の旗 タイ
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
スペインの旗 スペイン
言語 タイ語
テンプレートを表示

ブンミおじさんの森』(原題・タイ語: ลุงบุญมีระลึกชาติ, 英語: Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)は、アピチャートポン・ウィーラセータクン監督・脚本によるタイの映画である。

あらすじ[編集]

タイ東北部。腎臓の病により死を前にしたブンミおじさん。後先長くないことを悟り、ある時死んだブンミの妻の妹・ジェンとトンを自らの農園に呼ぶ。三人で食卓を囲んでいると、突然女性の幽霊が出現する。それこそが19年前に亡くなったブンミの妻・フエイだった。しばらくすると、今度は長年行方が分からなくなっていたブンミの息子・ブンソンが姿を変えて現れる。愛する者たちを取り戻したブンミは、4人で森の中に入っていく。

キャスト[編集]

評価[編集]

第63回カンヌ国際映画祭において、タイ映画史上初めてパルム・ドールを受賞した。受賞の理由について審査委員長のティム・バートンは「この映画は私が見たこともない、ファンタジーの要素があり、それは美しく、奇妙な夢を見ているようだった」と述べた[1]

受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
カンヌ国際映画祭 パルム・ドール アピチャートポン・ウィーラセータクン 受賞
インディペンデント・スピリット賞 外国映画賞 アピチャートポン・ウィーラセータクン ノミネート
セントルイス映画批評家協会賞 Moving the Medium Forward ノミネート
トロント映画批評家協会賞 作品賞 次点
外国映画賞 受賞
ロンドン映画批評家協会賞 監督賞 アピチャートポン・ウィーラセータクン ノミネート
外国映画賞 ノミネート

脚注[編集]

外部リンク[編集]