友情ある説得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
友情ある説得
Friendly Persuasion
監督 ウィリアム・ワイラー
脚本 マイケル・ウィルソン
原作 ジェサミン・ウェスト
製作 ウィリアム・ワイラー
出演者 ゲイリー・クーパー
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 エルスワース・フレデリックス
編集 ロバート・スウィンク
エドワード・A・ビエリー
ロバート・A・ベルチャー
配給 MGM/AA
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年11月25日
日本の旗 1957年1月4日
上映時間 137分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $8,000,000[1]
テンプレートを表示

友情ある説得』(ゆうじょうあるせっとく、Friendly Persuasion)は、1956年制作のアメリカ映画ジェサミン・ウェストが1945年に発表した小説『Friendly Persuasion』の映画化。1957年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

備考[編集]

  • 公開当時、脚本家のマイケル・ウィルソンがハリウッド・ブラックリストに載っていたため、彼の名前はクレジットに入っていなかった。ウィルソンの名前が載るのは1996年になってからである。
  • 1975年にジョセフ・サージェント監督でリメイクされているが、日本では公開されていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b Friendly Persuasion (1956) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]