白いリボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白いリボン
Das weiße Band
監督 ミヒャエル・ハネケ
脚本 ミヒャエル・ハネケ
製作 シュテファン・アルント
ファイト・ハイドゥシュカ
マルガレート・メネゴス
アンドレア・オキピンティ
製作総指揮 ミヒャエル・カッツ
出演者 ウルリッヒ・トゥクル
ブルクハルト・クラウスナー
ヨーゼフ・ビアビヒラー
ライナー・ボック
ズザンネ・ロータ
ブランコ・サマロフスキー
撮影 クリスティアン・ベルガー
編集 モニカ・ヴィッリ
配給 オーストリアの旗 フィルムラデン
ドイツの旗 Xヴェルライ
フランスの旗 レ・フィルム・デュ・ローザンジュ
イタリアの旗 ラッキー・レッド
日本の旗 ツイン
公開 ドイツの旗 2009年9月17日
オーストリアの旗 2009年9月24日
フランスの旗 2009年10月21日
イタリアの旗 2009年10月30日
日本の旗 2010年12月4日
上映時間 144分
製作国 オーストリアの旗 オーストリア
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 ドイツ語
製作費 $18,000,000[1]
興行収入 $19,319,444[1]
テンプレートを表示

白いリボン』(: Das weiße Band: The White Ribbon)は、2009年の映画。監督はミヒャエル・ハネケ

第62回カンヌ国際映画祭パルム・ドール第67回ゴールデングローブ賞外国語映画賞ほか、多数の映画賞を受賞。

あらすじ[編集]

……1913年、ドイツの名も無き村。物語は村の学校に勤務していた教師の回想によって語られる。

男爵と牧師が権力者として支配するこの村で起きた、最初の事件はドクターの落馬事故であった。屋敷への道に細い針金が渡されて、馬が転倒させられたのだ。重傷を負ったドクターは村の外の病院で療養することとなる。

二度目の事件はその次の日。怪我によって製材所へ移されていた小作人の妻が、そこで転落死した。家族全員が男爵に雇われて暮らしていたので、小作人は彼と争うことは出来なかったが、我慢できなかった長子のマックスは数ヶ月後の収穫祭の折に、男爵のキャベツ畑を蹂躙したのだった。

だが、それと呼応するかのように第三の事件が起こった。男爵の子・ジギが行方不明になった挙げ句、製材所で暴行を受け逆さ吊りの状態で発見された。 これに対し、礼拝の席で男爵はこう告げた。「犯人を見つけ出せ。果たされなければ、村の平和はない」これによって、村には言いようのない不安が立ちこめるようになった。

……そして、翌年。ヨーロッパにとっての激動の一年が訪れる------

キャスト[編集]

受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
カンヌ国際映画祭 パルム・ドール ミヒャエル・ハネケ 受賞
エキュメニカル特別賞 受賞
国際批評家協会賞 受賞
アカデミー賞 外国語映画賞 ノミネート
撮影賞 クリスティアン・ベルガー ノミネート
ゴールデングローブ賞 外国語映画賞 受賞
ドイツ映画賞 作品賞 受賞
脚本賞 ミヒャエル・ハネケ 受賞
監督賞 ミヒャエル・ハネケ 受賞
主演男優賞 ブルクハルト・クラウスナー 受賞
助演女優賞 マリア=ヴィクトリア・ドラグス 受賞
撮影賞 クリスティアン・ベルガー 受賞
美術賞 受賞
衣装賞 受賞
メイキャップ賞 受賞
サウンド賞 受賞
ミュンヘン映画祭 Cine Merit賞 受賞
サン・セバスチャン国際映画祭 国際批評家協会作品賞 受賞
ハリウッド映画祭 外国語映画賞 受賞
ビハインド・ザ・カメラ・アワード 撮影賞 クリスティアン・ベルガー 受賞
ヨーロッパ映画賞 作品賞 受賞
脚本賞 ミヒャエル・ハネケ 受賞
監督賞 ミヒャエル・ハネケ 受賞
撮影賞 クリスティアン・ベルガー ノミネート
トロント映画批評家協会賞 外国語映画賞 受賞
ニューヨーク映画批評家オンライン賞 外国語映画賞 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 撮影賞 クリスティアン・ベルガー 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 撮影賞 クリスティアン・ベルガー 受賞
外国映画賞 ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 外国映画賞・トップ5 受賞
全米撮影監督協会 撮影賞 クリスティアン・ベルガー 受賞
シカゴ映画批評家協会賞 外国語映画賞 受賞
全米映画批評家協会賞 撮影賞 クリスティアン・ベルガー 受賞
オンライン映画批評家協会賞 外国語映画賞 受賞
スウェーデン・アカデミー賞 外国語映画賞 受賞
放送映画批評家協会賞 外国語映画賞 ノミネート
クロトゥルーディス賞 撮影賞 クリスティアン・ベルガー 受賞
ドイツ映画批評家協会賞 作品賞 受賞
サテライト賞 外国語映画賞 ノミネート
英国アカデミー賞 外国語映画賞 ノミネート
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 外国語映画賞 ノミネート
セザール賞 外国語映画賞 ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ a b The White Ribbon (2009)” (英語). Box Office Mojo. 2010年11月17日閲覧。

外部リンク[編集]