パパは、出張中!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パパは、出張中!
Otac na sluzbenom putu
監督 エミール・クストリッツァ
脚本 アブドゥラフ・シドラン
出演者 モレノ・デバルトリ
ミキ・マノイロヴィッチ
音楽 ゾラン・シミャノヴィッチ
撮影 ヴィルコ・フィラチ
配給 日本の旗 東宝東和
公開 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 1985年
フランスの旗 1985年5月CIFF
日本の旗 1986年3月1日
上映時間 136分
製作国 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
言語 セルビア・クロアチア語
テンプレートを表示

パパは、出張中!』(パパは、しゅっちょうちゅう!、セルビア・クロアチア語: Otac na sluzbenom putu英語: When Father Was Away on Business)は1985年制作のユーゴスラビア映画カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞。

スタッフ[編集]

  • 監督:エミール・クストリッツァ
  • 製作:Forum Sarajevo
  • 脚本:アブドゥラフ・シドラン
  • 音楽:ゾラン・シミャノヴィッチ
  • 撮影:ヴィルコ・フィラチ
  • 美術デザイン:Predrag Lukovac
  • 編集:Andrija Zafranovic
  • 衣装:Divna Jovanovic 
  • 日本語字幕:清水馨

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

第二次世界大戦後のサラエヴォ。6歳のマリクは父と母、祖父と共にそれなりに幸せな生活を送っていた。しかしある日、父親のメーシャが突然逮捕されてしまう。逮捕の理由は、メーシャが愛人のアンキッツァに漏らしたちょっとした国家批判が政府側の人物に漏れてしまったせいであった。父親はどこに行ったのかと尋ねるマリクに母親のセーナは「パパは、出張中よ」というしかなかった。

外部リンク[編集]