ダンサー・イン・ザ・ダーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダンサー・イン・ザ・ダーク
Dancer in the Dark
監督 ラース・フォン・トリアー
脚本 ラース・フォン・トリアー
製作 ヴィベク・ウィンドレフ
製作総指揮 ペーター・オールベック・ヤンセン
出演者 ビョーク
デヴィッド・モース
ピーター・ストーメア
カトリーヌ・ドヌーヴ
音楽 ビョーク
撮影 ロビー・ミューラー
編集 フランソワ・ジェディジエ
モリー・マレーネ・ステンスガート
配給 日本の旗 松竹
公開 フランスの旗 2000年5月17日CIFF
デンマークの旗 2000年9月8日
日本の旗 2000年12月23日
上映時間 140分
製作国 デンマークの旗 デンマーク
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $12,800,000
興行収入 $40,031,879[1]
テンプレートを表示

ダンサー・イン・ザ・ダーク』(原題:Dancer in the Dark)は、ラース・フォン・トリアー監督、ビョーク主演の、2000年製作のデンマーク映画。『奇跡の海』と『イディオッツ』に次ぐ「黄金の心」3部作の3作目とされる。

概要[編集]

アイスランドの人気女性歌手ビョークを主役に据え、手持ち主体のカメラワークやジャンプカットの多用によるスピーディーな画面展開、主人公の空想のシーンを明るい色調のミュージカル仕立てにした新奇な構成の作品である。

高い評価を得て、2000年の第53回カンヌ国際映画祭では最高賞であるパルム・ドールを受賞し、ビョークは映画主演2作目で主演女優賞を獲得した。音楽もビョークが担当し、特にトム・ヨークレディオヘッド)とデュエットした主題歌『I've seen it all』はゴールデングローブ賞およびアカデミー賞の歌曲部門にノミネートされるなど高く評価された。

ストーリー[編集]

舞台はアメリカのある町。チェコからの移民セルマは息子と2人暮しをしていた。貧乏だが工場での労働は、友人に囲まれて日々楽しいものだった。だが彼女は先天性の病気で徐々に視力が失われつつあり、今年中には失明する運命にあった。息子もまた、彼女からの遺伝により13歳で手術をしなければいずれ失明してしまうため、必死で手術費用を貯めていた。

出演者[編集]

役名 俳優 日本語吹替
セルマ ビョーク 玉川紗己子
キャシー カトリーヌ・ドヌーヴ 鈴木弘子
ビル デヴィッド・モース 内田直哉
ジェフ ピーター・ストーメア 宗矢樹頼
ノーマン ジャン=マルク・バール 大川透
ジーン ヴラディカ・コスティック 出口佳代
リンダ カーラ・シーモア 西田絵里
オールドリッチ ジョエル・グレイ 伊井篤史
サミュエル ヴィンセント・パターソン 森田順平
地方検事 ジェリコ・イヴァネク 納谷六朗
ブレンダ シオバン・ファロン 藤生聖子
ポーコルニー医師 ウド・キア
医師 ステラン・スカルスガルド

スタッフ[編集]

サウンドトラック[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dancer in the Dark (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2010年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]