ジャン=マルク・バール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=マルク・バール
Jean-Marc Barr
ジャン=マルク・バールJean-Marc Barr
生年月日 1960年9月27日(54歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツラインラント=プファルツ州ビットブルク
国籍 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優、脚本家、プロデューサー、監督
活動期間 1986年 -
主な作品
グラン・ブルー
ヨーロッパ
奇跡の海
ダンサー・イン・ザ・ダーク
ドッグヴィル
マンダレイ

ジャン=マルク・バールJean-Marc Barr 1960年9月27日 - )は、西ドイツ(当時)・ラインラント=プファルツ州ビットブルク出身の俳優脚本家プロデューサー映画監督

来歴[編集]

アメリカ空軍軍人の父とフランス人の母の間に生まれる。ドイツフランスアメリカを転々とした後、サンディエゴに落ち着く。UCLAパリ国立高等音楽・舞踊学校ソルボンヌ大学を経て、ロンドンギルドホール音楽演劇学校で学ぶ。ここで後に夫人となるユーゴスラビア人ピアニストと知り合う。

1986年からパリで舞台から俳優活動を始める。1988年リュック・ベッソン監督の映画『グラン・ブルー』の主人公ジャック・マイヨール役にオーディションで選ばれ、映画のヒットと共に大きな注目を集める。他には、ラース・フォン・トリアー監督作品への出演が多い。

監督としては、『ラヴァーズ』、『SEX:EL』、『アメリカン・トランスレーション 二十歳の共犯』、『告白 ファミリーレポート』などがある。その多くがパスカル・アルノルドとの共同監督であり、『ラヴァーズ』、『SEX:EL』にBeing Lightを加えたものが自由についての三部作といわれている。

英語フランス語に堪能。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]