ステラン・スカルスガルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステラン・スカルスガルド
Stellan Skarsgård
Stellan Skarsgård
本名 John Stellan Skarsgård
生年月日 1951年6月13日(62歳)
出生地 スウェーデンの旗 スウェーデンヨーテボリ
身長 191 cm
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1968年 -
配偶者 My Skarsgård(1975年 - 2007年)
Megan Everett(2009年 - )
家族 アレクサンダー・スカルスガルド(息子)
グスタフ・スカルスガルド(息子)
ビル・スカルスガルド(息子)

ステラン・スカルスガルドもしくはステッラン・スカーシュゴードStellan Skarsgård, 1951年6月13日 - )は、スウェーデンヨーテボリ出身の俳優。身長193cm。

来歴[編集]

1968年、テレビミニ・シリーズ『Bombi Bitt och jag』の表題役を得て、俳優デビュー。

修学後、舞台俳優となり、1972年にはイングマール・ベルイマンが総監督を務めるストックホルム王立劇場の団員となり、数々の舞台に出演。

1982年、『Den Enfaldige mördaren(安易な殺人者)』での演技でベルリン映画祭男優賞を受賞。一躍国際的に注目され、製作者イスマイル・マーチャントはTV映画『Noon Wine』(1985年)と『ボンベイ大捜査線』(1988年)の主役に起用。1988年に劇団を離れると共に、撮影監督スヴェン・ニクヴィストの息子カール・クスタヴ・ニクヴィストが監督した『屋根の上の女』に主演し、二人の女性を翻弄する男を演じて、スウェーデンのアカデミー賞と言われるゴールデン・ビートル賞の主演男優賞を受賞する。

その後、アメリカ映画などでも活動を始め、1998年には『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』と『アミスタッド』での活躍によりヨーロッパ映画賞において世界映画におけるヨーロッパへの貢献賞を与えられた。その後、同賞において『Aberdeen』(2000年)、指揮者フルトヴェングラーを演じた『Taking Sides』(2001年)で同賞の最優秀男優賞にノミネート。

2006年は『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』に続き、シリーズの第3弾にも出演。更にミロス・フォアマンの『宮廷画家ゴヤは見た』では画家ゴヤを演じている。

私生活[編集]

医者である妻との間に6人の子供をもうけるも離婚。息子のアレクサンダー・スカルスガルドグスタフ・スカルスガルドビル・スカルスガルドは俳優。2009年1月12日、ミーガン・エヴェレットと結婚。2人の間には2009年と2012年に息子が生まれている[1][2]

名前の読みについて[編集]

以前公開していたオフィシャル・サイト(現在閉鎖)で説明されていたが、名前の本来の発音はスウェーデン語ステッラン・スカーシュゴードであり、通常はそう呼ばれている。日本では1980年代の公開作ではそう表記していたが、ハリウッド進出後の作品で不統一となり、スカルスゲールドなどとも書かれた作品もある。

サイトでのその説明とは、「Stellan」はイタリア語の「ステッラ」に「n」を足した感じで、というものだった。「Skars」は「Scarface」の「Scar」に「sh」。「gård」は「gord(スウェーデン語で「å」は「オ」で、「ård」は「オード」。これに近い名前でイングマール・ベルイマン監督の『魔笛』にも出演したホーカン・ハーゲゴード(Håkan Hagegård)というスウェーデンのオペラ歌手がいる)」。

出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1973 異常性欲アニタ
Anita - ur en tonårsflickas dagbok
エリック
1975 色狂いの群れ/The スペシャル
The Intruders
ピーター
1982 Den enfaldige mördaren スヴェン ベルリン国際映画祭男優賞 受賞
1988 存在の耐えられない軽さ
The Unbearable Lightness of Being
エンジニア
友達
Friends
マット
ボンベイ大捜査線
The Perfect Murder
アレックス TV放映題
原作「パーフェクト殺人」
1989 屋根の上の女
Kvinnorna på taket
ウィリー
1990 レッド・オクトーバーを追え!
The Hunt for Red October
ツポレフ艦長
私立探偵パーカー・ケイン
Parker Kane
ネイサン テレビ映画
1992 D(デッド)・スナイパー/EC爆破司令を阻止せよ!
Den demokratiske terroristen
カール・ハミルトン
ウインズ
Wind
ジョー
1993 イノセント・ライフ
Kådisbellan
1996 奇跡の海
Breaking the Waves
ヤン
1997 不眠症
Insomnia
ジョナス
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
Good Will Hunting
ジェラルド・ランボー教授
アミスタッド
Amistad
ルイス・タパン
1998 セイヴィア
Savior
ピーター
RONIN
Ronin
グレゴール
1999 ディープ・ブルー
Deep Blue Sea
ジム・ウィットロック
2000 薔薇の眠り
Passion of Mind
ウィリアム
タイムコード
Timecode
アレックス・グリーン
ダンサー・イン・ザ・ダーク
Dancer In The Dark
医師
アメリカン・ジャスティス
Harlan County War
ウォレン テレビ映画
2001 キス★キス★バン★バン
Kiss Kiss (Bang Bang)
フィリックス
テイキング・サイド
Taking Sides
ウィルヘルム
グラスハウス
The Glass House
テリー・グラス
2002 ノー・グッド・シングス
No Good Deed
タイロン
シティ・オブ・ゴースト
City of Ghosts
ジョセフ・カスパー
2003 ドッグヴィル
Dogville
チャック
2004 キング・アーサー
King Arthur
セルディック
エクソシスト ビギニング
Exorcist: The Beginning
ランカスター・メリン神父
2005 ベオウルフ
Beowulf & Grendel
フロースガール
2006 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest
ビル・ターナー
宮廷画家ゴヤは見た
Goya's Ghosts
フランシスコ・デ・ゴヤ
2007 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
Pirates of the Caribbean: At World's End
ビル・ターナー
パーフェクトゲーム 究極の選択
W△Z
エディ
アーン 鋼の騎士団
Arn: Tempelriddaren
2008 マンマ・ミーア!
Mamma Mia!
ビル
アントラージュ★オレたちのハリウッド
Entourage
テレビシリーズ、シーズン5の3エピソードに出演
2009 天使と悪魔
Angels & Demons
リヒター隊長
ギャラリー 欲望の画廊
Boogie Woogie
ボブ
2010 孤島の王
Kongen av Bastøy
院長
2011 マイティ・ソー
Thor
エリック・セルヴィグ教授
メランコリア
Melancholia
ジャック
ドラゴン・タトゥーの女
The Girl with the Dragon Tattoo
マルティン・ヴァンゲル
2012 アベンジャーズ
The Avengers
エリック・セルヴィグ教授
2013 Romeo and Juliet  ヴェローナ王
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
Thor: The Dark World
エリック・セルヴィグ教授
レイルウェイ 運命の旅路
The Railway Man
フィンレイ

参照[編集]

  1. ^ Gilbey, Ryan (2012年4月5日). “Stellan Skarsgård: 'I'm a castrated bull'”. TheGuardian.co.uk. http://www.guardian.co.uk/culture/2012/apr/05/stellan-skarsgard-im-a-castrated-bull 2012年5月5日閲覧。 
  2. ^ Abramovitch, Seth (2012年8月24日). “Stellan Skarsgard, 61, Welcomes Baby Number 8”. Hollywood Reporter. 2012年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]