グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
Good Will Hunting
監督 ガス・ヴァン・サント
脚本 マット・デイモン
ベン・アフレック
製作 ローレンス・ベンダー
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ジョナサン・ゴードン
スー・アームストロング
出演者 マット・デイモン
ロビン・ウィリアムス
ベン・アフレック
ミニー・ドライヴァー
ステラン・スカルスガルド
ケイシー・アフレック
音楽 ダニー・エルフマン
ジェフリー・キンボール
撮影 ジャン=イヴ・エスコフィエ
編集 ピエトロ・スカリア
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年12月5日
日本の旗 1998年3月7日
上映時間 127分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1000万$
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 1億3800万$[1]
北米外: 8750万$[1]
世界の旗 2億2600万$[1]
テンプレートを表示

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』( - たびだち、Good Will Hunting)は、1997年公開のアメリカ映画。監督はガス・ヴァン・サント、製作会社はミラマックス

天才的な頭脳を持ちながら幼い頃に負ったトラウマから逃れられずにいる一人の青年と、最愛の妻に先立たれ失意に喘ぐ心理学者との心の交流を描いたヒューマンドラマ

1997年12月初旬のワールドプレミア後から当時は無名の俳優であったマット・デイモンが執筆した脚本と完成度の高さに注目が集まり、最終的にアカデミー賞ゴールデングローブ賞において脚本賞を受賞するなど高い評価を受けた。

ストーリー[編集]

マサチューセッツ工科大学の数学教授ランボーは学生たちに数学の難問を出す。世界屈指の名門校の学生ですら悪戦苦闘する中、それを簡単に解いたものが現れた。その人物は学生ではなく同大学に勤務するただのアルバイト清掃員ウィルであった。

ランボーはウィルの非凡な才能に眼をつけ彼の才能を開花させようとするが、ウィルはケンカをしては鑑別所入りを繰り返す素行の悪い青年だった。ランボーはウィルを更生させるため様々な心理学者(セラピスト)にウィルを診てもらうが、皆ウィルにいいようにあしらわれサジを投げ出す始末。

最後の手段として、ランボーは学生時代の友人でコミュニティカレッジバンカーヒル・コミュニティ・カレッジ)で心理学を教えているショーンを紹介する。ウィルは最初はショーンをからかっていたものの、ショーンも自分と同じように心に深い傷を負っていることを知り次第に打ち解けていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ウィル・ハンティング マット・デイモン 宮本充
ショーン・マグワイア ロビン・ウィリアムズ 樋浦勉
チャッキー・サリヴァン ベン・アフレック 堀内賢雄
スカイラー ミニー・ドライヴァー 小林優子
ジェラルド・ランボー ステラン・スカルスガルド 津嘉山正種
モーガン・オマリー ケイシー・アフレック 高木渉
ビリー・マクブライド コール・ハウザー 中田和宏

スタッフ[編集]

製作[編集]

俳優として当時まだ無名であったマット・デイモンがハーバード大学在学中の1992年、シナリオ製作の授業のために執筆した40ページの戯曲を親友であるベン・アフレックに見せたことから映画化に向けた脚本を共同で執筆した。

2年を経て完成した第一稿を映画プロデューサークリス・ムーアが絶賛したことからキャッスル・ロック・エンターテインメントが映画化権を取得した。しかし、一向に映画化は実現せず歳月は流れた。

ところが、アフレックが自身の出演した映画チェイシング・エイミー』の監督であるケヴィン・スミスとプロデューサーのスコット・モスィエに脚本を見せたところ、スミスとモスィエも好感を抱いた。知人を介して脚本に目を通したハーヴェイ・ワインスタインジョナサン・ゴードンは映画化を即決した。

受賞/ノミネート[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Good Will Hunting (1997)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]