フィールズ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィールズ賞
フィールズ・メダルにはアルキメデスの肖像が描かれている。
受賞対象 数学研究者
主催 国際数学者会議
初回 1936年
公式サイト www.mathunion.org/general/prizes/fields/details/
テンプレートを表示

フィールズ賞(フィールズしょう)は、ノーベル賞に数学賞がないことから、カナダ数学者ジョン・チャールズ・フィールズ (John Charles Fields) の提唱によって1936年に作られたのことである[1][2]

概要[編集]

4年に一度開催される国際数学者会議 (ICM) において、顕著な業績を上げた40歳以下の若手の数学研究者(2名以上4名以下)に授与される[1][2]

数学のノーベル賞といわれることもあり、数学に関する賞では最高の権威を有する。しかし、「4年に一度」「40歳以下[3]」「2名以上4名以下[4]」といった制限がついていることから、賞としての性格は異なる。すなわち、ノーベル賞は功成り名遂げたその分野の権威が受賞することが多いが、フィールズ賞はその時点でまさに活躍中の「若手」数学研究者が受賞している。実際、ほとんどのフィールズ賞受賞者は受賞後にも著しい成果を上げている。なお、ノーベル賞は業績に対して贈られるので、一人で複数回受賞することも可能だが、フィールズ賞の複数回受賞者はこれまでのところいない。

受賞者の一覧を参照すると明らかだが、これは本来西ヨーロッパとアメリカの数学者につくグループを讃える賞であったことが分かる。1959年に東欧ソ連国際数学オリンピックが開始されたことにも明らかなように、共産圏への数学者への西側からの評価は現在よりもはるかに困難であった。そのしがらみが破れたのは1970年であり、初めてアメリカとソ連の数学者が同時に受賞した。現在はロシアの受賞が勢いを増している。

日本人の受賞者[編集]

受賞の条件からノーベル賞以上に獲得が困難な賞として見る向きもあるが、日本ではノーベル賞に比してマスコミの扱いも小さく、一般の知名度はあまり高くない。日本人の受賞者は、2010年現在、小平邦彦1954年)、広中平祐1970年)、森重文1990年)の3人である。日本は国籍別順位では5位である。22年以上フィールズ賞から遠ざかっている。

東洋系の受賞者は上記の3名以外に、丘成桐(中国系米国人)(1982年)、陶哲軒(中国系オーストラリア人)(2006年)、ゴ・バオ・チャウ(ベトナム人)(2010年)の3人がいる。

受賞者の一覧[編集]

名前の読み(名前の綴り、生年 - 没年)、国籍の順。国籍は受賞時の国名で記す。

1936年オスロ
1950年ケンブリッジ
1954年アムステルダム
1958年エディンバラ
1962年ストックホルム
1966年モスクワ
1970年ニース
1974年バンクーバー
1978年ヘルシンキ
1982年ワルシャワ
1986年バークレー
1990年京都
1994年チューリッヒ
1998年ベルリン
2002年北京
2006年マドリード
2010年ハイデラバード

国籍別の受賞者数[編集]

受賞時の国籍が基準。二重国籍はそれぞれの国に1個。国旗は現在のもの。ただし、消滅した国の国旗は最後の受賞者の受賞時のもの。

受賞数
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 12
フランスの旗 フランス 11
ロシアの旗 ロシア
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦を含む)
9
イギリスの旗 イギリス 7
日本の旗 日本 3
ベルギーの旗 ベルギー 2
フィンランドの旗 フィンランド
ノルウェーの旗 ノルウェー
スウェーデンの旗 スウェーデン
イタリアの旗 イタリア
ウクライナの旗 ウクライナ
イスラエルの旗 イスラエル
ドイツの旗 ドイツ
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
オーストラリアの旗 オーストラリア
ベトナムの旗 ベトナム
1

脚注[編集]

  1. ^ a b 栗原
  2. ^ a b 世界大百科事典
  3. ^ ただし例外として、1998年にアンドリュー・ワイルズが45歳で特別賞を受賞した。
  4. ^ ただし例外として、1998年はアンドリュー・ワイルズの特別賞を含めて合計5名が受賞した。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]