関数解析学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

関数解析学(かんすうかいせきがく、英語:functional analysis)は数学(特に解析学)の一分野で、フーリエ変換微分方程式積分方程式などの研究に端を発している。特定のクラスの関数からなるベクトル空間にある種の位相構造を定めた関数空間や、その公理化によって得られる線形位相空間構造が研究される。主な興味の対象は、様々な関数空間上で積分や微分によって定義される線型作用素の振る舞いを通じた積分方程式微分方程式線型代数学的取り扱いであり、無限次元ベクトル空間上の線型代数学と捉えられることも多い。

関連項目[編集]