イズライル・ゲルファント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Israil Moiseevich Gelfand
人物情報
生誕 1913年9月2日
Krasni Okny, オデッサ州, ウクライナ, ロシア帝国
死没 2009年10月5日(96歳)
ニューブランズウィック, ニュージャージー州, アメリカ合衆国
国籍 ロシア
出身校 モスクワ大学
学問
研究分野 数学
研究機関 モスクワ大学,
ラトガーズ大学
博士課程
指導教員
アンドレイ・コルモゴロフ
博士課程
指導学生
フェリックス・ベレジン英語版
ヨシフ・ベルンシュタイン
アレクサンドル・ゴンチャロフ英語版
アレクサンドル・キリロフ英語版
ゲオルギー・シロフ英語版
エンドレ・セメレディ英語版
アンドレイ・ゼレヴィンスキー英語版
主な業績 群論, 表現論, 関数解析学
主な受賞歴 レーニン勲章 (3回授賞)
ウルフ賞数学部門 (1978)
AMS スティール賞 (2005)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

イズライル・モイセーエヴィチ・ゲルファントイズライリ・モイセーエヴィチ・ゲリファントロシア語:Израиль Моисеевич Гельфандイズラーイリ・マイスィェーイェヴィチュ・ゲーリファントラテン文字転写の例:Izrail' Moiseevich Gel'fand1913年9月2日 - 2009年10月5日)はウクライナ出身(ユダヤ系)のロシア数学者。最高峰の業績を誇る20世紀最大の数学者の一人。 [1]

人物[編集]

1913年9月2日ロシア帝国オデッサ(現在はウクライナの都市)に生まれる。高校で放校処分を受けたが、その理由は当人によると、父親が工場の所有者だったためだという。その後、高校と大学を飛び越して19歳でモスクワ大学大学院に入り、アンドレイ・コルモゴロフに師事。

ゲルファントセミナーという独特の形式のセミナーを長年行いそこから多くの優秀な弟子を輩出し教育者としても優れ、コルモゴロフによって築かれたロシア学派を発展させた。

専門は関数解析学表現論だが、そのような分野をはるかに超えて強力な影響力を持つ業績を多々上げている(無限次元リー環、微分方程式、数値解析、調和解析、確率論、等質空間論、代数幾何学、積分幾何学などなど)ばかりか、物理学にも影響を与えている。

作用素環論におけるC*-環を発見したのもゲルファントである。

2009年10月5日、生涯を閉じた[2]。96歳没。

ゲルファントに関する豆知識[編集]

  • 2005年においても、新しい論文をDuke Math. J.Adv. Math.といった一流雑誌に掲載しており、生産的という言葉を遥かに超えていた。
  • ゲルファントは表現論の論文はフロベニウスUber die Darstellung der endlichen Gruppen durch lineare Substitutionenしか読んだことがないといった[要出典]
  • 現在ラングランズ予想として知られているものをラングランズとは独立に気付いていた。
  • ロシアの僻地に住む学生のために通信教育をしていた。ちなみに岩波書店からこの時使用されていた教科書の日本語訳が出版されている。

略歴[編集]

脚註[編集]

  1. ^ http://israelmgelfand.com/ site dedicated to Israel M. Gelfand (英語)
  2. ^ Avzel's journal 2009年10月6日閲覧

関連項目[編集]