ラウル・ボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラウル・ボット

ラエル・ボットRaoul Bott, 1923年9月24日 - 2005年12月20日)はハンガリー数学者微分幾何学トポロジーリー群論で活躍した20世紀を代表する幾何学者。 カーネギー・メロン大学時代は電気回路理論を学んでいたという異色の経歴を持つ。

初期の重要な業績はモース理論のリー群のトポロジーへの応用と等質空間への応用であり、古典群の安定ホモトピー理論に関するボットの周期性定理を導いた。 これらの結果はアティヤとの共同研究における微分作用素の指数定理の同変トポロジーへの応用によってK理論に大きく貢献した。 他にもリー群の表現論におけるボレル=ボット=ヴェイユの定理、葉層構造におけるポントリャーギン類の消滅定理(ボットの消滅定理)の証明。 その後ヤン=ミルズ理論、ベクトル束のモジュライ空間、楕円種数などを研究し、数理物理学における新しい見地に到達した。

略歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bott; Raoul (1923 - 2005)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。