加藤敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加藤 敏夫
(かとう としお)
人物情報
生誕 1917年8月25日
日本の旗 日本栃木県
死没 1999年10月2日(満82歳没)
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 数学
研究機関 東京大学
カリフォルニア大学バークレー校
博士課程
指導教員
寺沢寛一
主な業績 数理物理学
主な受賞歴 朝日賞
ノーバート・ウィーナー応用数学賞
テンプレートを表示

加藤 敏夫(かとう としお、1917年8月25日 - 1999年10月2日)は日本数学者。専門は偏微分方程式数理物理学関数解析学

栃木県鹿沼市に生まれる。1941年東京帝国大学理学部物理学科卒業。第二次世界大戦による中断を経て、1958年東京大学教授となる。1962年よりカリフォルニア大学バークレー校教授。1988年に退職し、カリフォルニア大学バークレー校名誉教授。

数理物理学に関する業績が多く、1951年には量子力学において現実的な(特異性のある)ポテンシャルでのシュレーディンガー作用素の自己共役性を示した。また、非線型発展方程式、KdV方程式(Kato smoothing effect)、ナビエ-ストークス方程式の解について研究を行った。これらの分野に影響を与えた "Perturbation theory of linear operators" の著者としても知られる。

1960年朝日賞受賞。1980年アメリカ数学会・アメリカ応用数学会よりノーバート・ウィーナー応用数学賞を受賞。 1999年カリフォルニア州オークランドの自宅にて病没。

著書[編集]

  • "Perturbation theory of linear operators", Springer-Verlag, 1966, 1976.
  • "A short introduction to the perturbation theory of linear operators", Springer-Verlag, 1982.

参考文献[編集]