スティーヴン・スメイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Stephen Smale

スティーヴン・スメイルStephen Smale, 1930年7月15日 - )はアメリカ数学者。専門は微分トポロジー力学系数値解析

ミシガン州フリント生まれ。ラウル・ボットの指導の下、1957年にミシガン大学でPh.D.を取得。その後、シカゴ大学プリンストン高等研究所カリフォルニア大学バークレー校コロンビア大学を経てカリフォルニア大学バークレー校に戻る、1995年から香港大学教授。1962年にはコレージュ・ド・フランスの客員教授を務めた。1966年にフィールズ賞ヴェブレン賞を受賞。

業績として、特に実力学系において、スメールの馬蹄型写像英語版を生み出し、双曲型構造安定な力学系(モース・スメール系)の理論を構築した。

可微分多様体上でモース関数を使用して、高次元ポアンカレ予想を解決した。(この手法は4次元ポアンカレ予想にも応用された。)

馬蹄型写像を応用しカオス理論にも貢献した。一時期には、経済学に関する論文を書いていた。

スメイルの18問題[編集]

エピソード[編集]

マイケル・クライトンジュラシック・パークに登場するイアン・マルコム博士のモデルといわれている。

邦訳著作[編集]

関連項目[編集]