ローラン・ラフォルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィールズ賞受賞者
受賞年: 2002年
受賞理由:数論におけるガロア表現と保型形式の理論とを橋渡しするラングランズ対応に関して大きな進展をもたらした.

ローラン・ラフォルグ(Laurent Lafforgue, 1966年11月6日 - ) はフランス数学者。1986年ENSを卒業後、パリ南大学博士号を取得。

関数体上のラングランズ・プログラムを解決した。 (ドリンフェルトの手法を応用してドリンフェルトの結果を一般化した。) その業績により2002年にフィールズ賞を受賞。はじめの証明にギャップがみつかりIHÉS研究員の職を辞職、その後ギャップを埋めIHÉS教授に就任、現在に至る。 ラマヌジャン・ペーターソン予想に関する業績もある。 意外なことに、彼は高校生のときはドストエフスキーのような文学者になることを夢見ていたという。 2005年、石原都知事のフランス語発言に抗議する会に賛同するEメールを送った。[1]

  1. ^ 皆さんからのメッセージ

業績[編集]

  • Sur la conjecture de Ramanujan-Petersson pour les corps de fonctions. I. Étude géométrique., C. R. Acad. Sci. Paris, 323 (1996)
  • Sur la conjecture de Ramanujan-Petersson pour les corps de fonctions. II. Étude spectrale., C. R. Acad. Sci. Paris, 323 (1996)
  • Sur la dégénérescence des chtoucas de Drinfeld, C. R. Acad. Sci. Paris, 322 (1996)
  • Compactification de l'isogénie de Lang et dégénérescence des structures de niveau simple des chtoucas de Drinfeld, C. R. Acad. Sci. Paris, 325 (1997)
  • Chtoucas de Drinfeld et conjecture de Ramanujan-Petersson, Asterisque 243 (1997)
  • Une compactification des champs classifiant les chtoucas de Drinfeld, J of Amer. Math Socie. 11 (1998)
  • Chtoucas de Drinfeld et applications, Proceedings of the International Congress of Mathematicians,Documenta Math. Extra Vol. II (Berlin, 1998).
  • Pavages des simplexes, schemas de graphes recollés et compactification des {PGL_r}^{n+1} / PGL_r , Inventiones Math. 136 (1999) *1
  • Pavages des simplexes, schemas de graphes recollés et compactification des {PGL_r}^{n+1} / PGL_r , Inventiones Math. 145 (2001) *2
  • Chtoucas de Drinfeld et correspondance de Langlands, Inventiones Math. 147 (2002)
  • Chtoucas de Drinfeld, formule des traces d'Arthur-Selberg et correspondance de Langlands, Proceedings of the International Congress of Mathematicians Vol 1 (Beijing, 2002) Higher Ed. Press, Beijing (2002)

*1は間違い有り。*2*1の訂正版。

外部リンク[編集]