マルティン・ハイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルティン・ハイラー(Hairer Martin、1975年11月14日 - )はオーストリア国籍の数学者王立協会会員。英国のウォーリック大学、米国のニューヨーク大学を経て、2010年よりウォーリック大学教授。専門は確率解析、特に確率偏微分方程式。父はジュネーブ大学の数学者、アーネスト・ハイラー、配偶者は同じくウォーリック大学の数学者である、Xuemei Li

略歴[編集]

  • 1998年 - ジュネーブ大学より数学の学士号を授与される
  • 1998年 - ジュネーブ大学より物理学の修士号を授与される
  • 2001年 - ジュネーブ大学より物理学の博士号を授与される
  • 2007年 – 2009年 ウォーリック大学においてAssosiate Professorとなる
  • 2009年 – 2010年 ニューヨーク大学においてAssosiate Professorとなる
  • 2010年 – ウォーリック大学においてFull Professorとなる
  • 2014年 - ウォーリック大学において en:Regius Professor of Mathematicsとなる

受賞歴[編集]

講演等[編集]

  • 2010年 - KarlsruheにおけるGAMM 2010にて総会講演(Plenary Lecture)を務める
  • 2010年 - 大阪におけるSPA 2010にて総会講演を務める
  • 2011年 - BonnにおけるICSAA 2011にて総会講演を務める
  • 2011年 - サンディエゴにおけるSIAM PD11にて総会講演を務める
  • 2012年 - KrakowにおけるECM06にて招待講演(Invited Lecture)を務める
  • 2012年 - オックスフォードにおけるInternational Conference on Nonlinear Partial Differential Equationsにて総会講演を務める
  • 2012年 - KosにおけるICNAAM2012にて総会講演を務める
  • 2013年 - BonnにおいてLipschitz lectureを行う
  • 2014年 - ニューヨークにおいてMinerva lecturesを行う
  • 2014年 - ベルリンにおいてEuler lectureを行う
  • 2014年 - シドニーにおけるIMSにてMedallion lectureを行う予定
  • 2014年 - ブエノスアイレスにてLevy lectureを行う予定
  • 2014年 - ソウルにおける国際数学者会議においてInvited lectureを行う予定

外部委員等[編集]

外部リンク[編集]