ウィリアム・ティモシー・ガワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ティモシー・ガワーズ

ウィリアム・ティモシー・ガワーズ (William Timothy Gowers, 1963年11月20日 - )はイギリス数学者ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ教授(Rouse Ball Professor of Mathematics)。専門は関数解析学(特にバナッハ空間論)と組み合わせ論

業績として、組み合わせ論を関数解析学に応用し、多くの問題を解決した。特にバナッハ空間に関する等質問題の解決。シュレーダー・バーンシュタイン問題の解決。超平面問題の解決など。 バナッハ空間における業績では類を見ないほどの業績を上げている。

略歴[編集]

著作[編集]

  • Mathematics:A Very Short Introduction(Very Short Introductions),Oxford University Press,2002.
    • 青木薫(訳)、上野健爾(解説)『1冊でわかる数学』(岩波書店、2004年) - 著者表記は「ティモシー・ガウアーズ」

外部リンク[編集]