ダニエル・キレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・キレン
Daniel Quillen
人物情報
生誕 1940年6月22日
死没 2011年4月30日(70歳)
国籍 アメリカ合衆国
学問
研究分野 数学
博士課程
指導教員
ラウル・ボット
主な受賞歴 フィールズ賞(1978年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ダニエル・グレイ・キレン(Daniel Gray Quillen、1940年6月22日 - 2011年4月30日)はアメリカ合衆国数学者1978年フィールズ賞を授与された。

経歴[編集]

1940年アメリカ合衆国ニュージャージー州オレンジ市にて誕生した。ハーバード大学に入学し、1961年に学士号を得、ラウル・ボットの指導の下で完成させた偏微分方程式に関する論文Formal Properties of Over-Determined Systems of Linear Partial Differential Equations(線形偏微分方程式の過剰決定系の形式的性質)により1964年博士号を取得し、その後マサチューセッツ工科大学にてポストを得た。

1968-69年にかけてパリを訪れ、そこでアレクサンドル・グロタンディークに影響を受け、また、1969-70年にはプリンストン高等研究所を訪れ、マイケル・アティヤの影響を受けた。1973-74年に再び渡仏している。

1972年における高次代数的K理論に関する功績により、1975年コール賞を受賞し、1978年ヘルシンキで開かれた国際数学者会議フィールズ賞を授与された。

1984年から2006年までは英国オックスフォード大学モードリン・カレッジに勤務していた。

ヴァイオリニストの妻との間に5人の子供がいる。

外部リンク[編集]