森重文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森重文
1990年、京都にて
人物情報
生誕 1951年2月23日
日本の旗 日本愛知県名古屋市
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学
学問
研究分野 数学
研究機関 京都大学
名古屋大学
博士課程
指導教員
永田雅宜
主な業績 代数幾何学
主な受賞歴 フィールズ賞(1990年)
コール賞(1990年)
テンプレートを表示
フィールズ賞受賞者
受賞年: 1990年
受賞理由:「三次元代数多様体の極小モデルの存在証明」。

森 重文(もり しげふみ、1951年2月23日 - )は日本の数学者京都大学教授。専門は代数幾何学における双有理幾何学理学博士(京都大学、1978年)。愛知県名古屋市出身。

略歴[編集]

業績[編集]

代数幾何の多様体分類問題で、3次元のケースについて独創的な手法と独自の研究方針を提唱し、極小モデルプログラムと飯高プログラムの統合した森のプログラムの提唱、高次元代数多様体の双正則・双有理な分類問題、ハーツホーン予想の解決、3次元におけるフリップの存在証明、端射線の理論と因子収縮写像論の創造の業績がある。

逸話[編集]

  • 1969年東京大学の入試が中止されたため、京都大学に進んだ。このためフィールズ賞受賞時は「あのとき東大に進んでいたらフィールズ賞受賞はなかっただろう」と『科学朝日』で報じられた。
  • 学生時代、指導教授からある数学書を薦められると1~2ヶ月ほどで「読みました」と戻って来てしまい、次の数学書を薦められてはまた同じことを繰り返した。「数学書を読むのが異常に速い」学生として強烈な印象を与えていたという。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第31回-第40回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]