ウラジーミル・ヴォエヴォドスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラジーミル・ヴォエヴォドスキー
フィールズ賞受賞者
受賞年: 2002年
受賞理由:代数幾何における新しいコホモロジー理論を展開し,特に 代数的K-理論におけるミルナーの予想を解決した.

ウラジミール・ヴォエヴォドスキー: Владимир Александрович Воеводский, : Vladimir Aleksandrovich Vojevodskij, 1966年6月4日 -)はロシア出身の数学者

モスクワ生まれ。1989年にモスクワ大学を卒業後、1992年にハーバード大学博士号を取得。2002年フィールズ賞受賞。

その後、プリンストン高等研究所、ハーバード大学、マックス・プランク数学研究所で研究、ノースウェスタン大学助教授を経てプリンストン高等研究所教授。

GrothendieckMotifに関する業績を多くあげている。 Motivic Homotopy論の展開。 Mixed Motif複体からなる三角圏の理論を与えた。 Mixed Tate Motifに関する予想の解決。 Motivic Cohomology と Etale Cohomologyの研究によるBloch-Kato予想の部分的解決。 ミルナー予想(Milnor K群からGalois Cohomologyへのシンボル写像が同相)の解決。

'ヴォエヴォツキー、ボエボドスキー、ボエボツキー等と表記されることもある。

外部リンク[編集]

  • [1] (写真あり)