ミハイル・グロモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミハイル・レオニドヴィッチ・グロモフ
Mikhael Leonidovich Gromov
人物情報
生誕 1943年12月23日(70歳)
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ボクシトゴルスク
国籍 ロシアの旗 ロシア
フランスの旗 フランス
出身校 レニングラード大学
学問
研究分野 幾何学
テンプレートを表示

ミハイル・レオニドヴィッチ・グロモフ(Mikhael Leonidovich Gromov, 1943年12月23日 - )は、フランス数学者。現代幾何学において重要な人物のひとり。ロシア出身で、愛称はミーシャ (Misha)。

人物[編集]

母親はユダヤ系。 専門は幾何学。単純で素直な疑問から深く広範に影響を与える結果を多く出している。現在では分子生物学にも興味を持っている。英語がものすごくなまっている[要出典]。ひげもじゃでおちゃめな感じなので数学ファンに愛されている[要出典]

また『数学の最先端 21世紀への挑戦 Volume 1』(シュプリンガー・フェアラーク東京)では、グロモフのエッセイが読める。ヤコフ・エリアシュベルグ(Yakov Eliashberg)やミハイル・グサロフ(Mikhail Goussarov)、ロホリン(Vladimir Rokhlin)とは同門である。

深谷賢治曰くグロモフはゲテモノ数学の王様(ここでゲテモノ数学は褒め言葉である)[要出典]

経歴[編集]

業績[編集]

彼が提唱、計算、解決した事項、また貢献した分野としては、以下のようなものが挙げられる[要出典]

受賞歴[編集]

講演[編集]

国際数学者会議(ICM)での講演歴

  • 1970年 - ICM(Nice, 1970)において招待講演
  • 1978年 - ICM(Helsinki, 1978)において招待講演
  • 1983年 - ICM(Warszawa, 1983)において招待講演
  • 1986年 - ICM(Berkeley, 1986)において招待講演

関連項目[編集]