ピーター・ラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・ラックス

ピーター・ラックス(Peter David Lax, 1926年5月1日 - )は純粋数学応用数学を研究する数学者で、その研究範囲は可積分系流体力学衝撃波ソリトン計算科学などに及ぶ。

1958年に発表した論文で、ラックスは40年間未解決だった三次元双曲線多項式行列表現を予測した。2003年に完全に証明されるまで、彼の予測は様々な分野でその重要性が認識されてきた。

ラックスはハンガリーブダペストに生まれ、1941年に両親とともにニューヨークに移ってきた。ニューヨーク大学に入学し、1943年にはマンハッタン計画に参加した。同大で1947年に学士号を、1949年に博士号を取得した。また1948年には数学者のAnneli Cahnと結婚した。その後ラックスはニューヨーク大学の数学科に職を得た。

彼は全米科学アカデミーの会員で、1986年にアメリカ国家科学賞、1987年にウルフ賞数学部門、1993年に北京大学から名誉博士号が授与され、2005年にはアーベル賞を受賞した。