アラン・ベイカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラン・ベイカー

アラン・ベイカー(Alan Baker、1939年8月19日-)はロンドン出身のイギリスの数学者。王立協会フェロー。数論、特に超越数の理論の研究で知られる。1970年、31歳の時に、ディオファントス方程式に関する功績により、フィールズ賞を受賞した。彼はユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンハロルド・ダベンポート英語版の下で数学の研究を始め、後にケンブリッジ大学に移った。専門は他にディオファントス幾何英語版などである。教え子にジョン・コーツらがいる。

1966年-1968年にかけて、アラン・ベイカーによって発表された『ベイカーの定理』とは、「対数関数の一次形式に対する線形独立性、および下界の評価に関する定理」で、多くの不定方程式について、整数解が有限個しか存在せず、しかもそれらは有効的に計算可能であることを示した。また、類数が 1, 2 である虚二次体の決定の際にも使用される等、数論の様々なところで応用されている。

関連項目[編集]