ポール・コーエン (数学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・コーエン (Paul Joseph Cohen , 1934年4月2日 - 2007年3月23日)はアメリカ合衆国数学者スタンフォード大学教授。専門は集合論調和解析偏微分方程式

業績[編集]

ヒルベルトの23の問題の第一の問題と知られる連続体仮説クルト・ゲーデルによって無矛盾性がすでに証明されていたが、コーエンは強制法を導入しさらに強力な結果であるZFCと連続体仮説は独立であることを証明した。この業績が評価されコーエンは1966年にフィールズ賞を受賞した。

セルバーグ予想の解決や数論的量子カオスで知られるピーター・サルナックはコーエンの弟子である。

略歴[編集]

  • 1934年 - アメリカ合衆国ニュージャージー州ロングブランチに生まれる
  • 1953年 - ブルックリンカレッジ卒業
  • 1958年 - シカゴ大学で博士号を取得
  • 1963年 - ZFCと連続体仮説は独立であることを証明
  • 1966年 - 国際数学者会議においてフィールズ賞を受賞
  • 2007年 - 没

代表的な著書[編集]

外部リンク[編集]