ジョセフ・ケラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョセフ・ケラー(Joseph Bishop Keller, 1923年7月31日 - )は、ニュージャージー州パターソン生まれのアメリカ合衆国数学者で、応用数学を専門とする。幾何光学回折理論で知られる[1]

彼はスイス系ユダヤ人の家庭に生まれ、1948年にニューヨーク大学リヒャルト・クーラントの下で博士号を取った。1979年まで、ニューヨーク大学のクーラント数学研究所で数学と機械工学の教授を務めた。その後スタンフォード大学に移り、1993年まで数学と機械工学の教授を務め、名誉教授となった。

カリフォルニア工科大学の数学教授で、数値解析、科学計算、分岐理論、経路追従、ホモトピー、計算流体力学などを専門とするハーバート・ケラーは、弟である。

彼は、波動伝播などの科学や工学の問題に数学を応用する研究を行った。特に量子力学固有値を計算するアインシュタイン-ブリルアン-ケラー量子化への貢献で知られる。

1988年にはアメリカ国家科学賞、1997年にウルフ賞数学部門、1996年にネンマーズ賞を受賞した。また、1999年と2012年の2度にわたって、イグノーベル賞を受賞している。

出典[編集]

  1. ^ Joseph Bishop Keller, "Geometrical theory of diffraction", J. Opt. Soc. Am., vol. 52, no. 2, pp. 116-130, 1962.

外部リンク[編集]