アディ・シャミア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アディ・シャミア
人物情報
生誕 1952年7月6日(61歳)
イスラエルの旗 イスラエル テルアビブ
居住 イスラエルの旗 イスラエル
出身校 ワイツマン科学研究所
学問
研究分野 暗号理論
研究機関 ワイツマン科学研究所
博士課程
指導教員
Zohar Manna
主な業績 RSA
ファイゲ-フィアット-シャミア認証法英語版
差分解読法
主な受賞歴 チューリング賞
イスラエル賞
エルデシュ賞英語版
テンプレートを表示

アディ・シャミアAdi Shamirヘブライ語: עדי שמיר‎、1952年7月6日 - )は、イスラエル暗号の研究者ロナルド・リベストレオナルド・エーデルマンとともにRSA暗号を発明したことで知られる。また、ゼロ知識証明ファイゲ-フィアット-シャミア認証法英語版でも知られ、暗号理論計算機科学に様々な貢献をしてきた。

教育[編集]

テルアビブ生まれ。1973年、テルアビブ大学数学の学士号を取得。ワイツマン科学研究所計算機科学の修士号(1975年)と博士号(1977年)を取得した。学位論文のタイトルは "Fixed Points of Recursive Programs and their Relation in Differential Agard Calculus"。ウォーリック大学で1年間博士研究員として過ごした後、1977年から1980年にかけてMITで研究を行った。その後ワイツマン科学研究所数学計算機科学科で勤務。2006年からパリの高等師範学校でも教授を務めている。

研究[編集]

RSA暗号以外にもシャミアの暗号関連の業績として以下のものが挙げられる。

暗号関連以外の計算機科学分野での貢献として、以下のものがある。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Coppersmith, Don (May 1994). “The Data Encryption Standard (DES) and its strength against attacks” (PDF). IBM Journal of Research and Development 38 (3): 243. doi:10.1147/rd.383.0243. http://dl.acm.org/citation.cfm?id=185915.  (subscription required)
  2. ^ Levy, Steven (2001). Crypto: How the Code Rebels Beat the Government — Saving Privacy in the Digital Age. Penguin Books. pp. 55–56. ISBN 0-14-024432-8. 
  3. ^ Even, S.; Itai, A.; Shamir, A. (1976), “On the complexity of time table and multi-commodity flow problems”, SIAM Journal on Computing 5 (4): 691–703, doi:10.1137/0205048 .
  4. ^ IEEE W.R.G. Baker Prize Paper Award Recipients”. IEEE. 2011年2月5日閲覧。
  5. ^ http://awards.acm.org/citation.cfm?id=8526038&srt=all&aw=147&ao=KANELLAK
  6. ^ IEEE Koji Kobayashi Computers and Communications Award Recipients”. IEEE. 2011年2月15日閲覧。
  7. ^ A. M. Turing Award”. Association for Computing Machinery. 2011年2月5日閲覧。
  8. ^ Israel Prize Official Site (in Hebrew) - Recipient's C.V.”. 2012年8月31日閲覧。
  9. ^ Israel Prize Official Site (in Hebrew) - Judges' Rationale for Grant to Recipient”. 2012年8月31日閲覧。
  10. ^ Presentation of the honorary degree at the Fall 2009 Convcation”. 2011年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]