オーレ=ヨハン・ダール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーレ=ヨハン・ダール
人物情報
生誕 1931年10月12日
ノルウェーの旗 ノルウェー マンダール
死没 2002年6月29日(満70歳没)
学問
研究分野 計算機科学
研究機関 ノルウェー・コンピューティング・センター英語版
オスロ大学
主な業績 Simula
オブジェクト指向
主な受賞歴 チューリング賞
フォン・ノイマンメダル
テンプレートを表示

オーレ=ヨハン・ダールOle-Johan Dahl, 1931年10月12日 - 2002年6月29日)は、ノルウェー人の計算機科学者。クリステン・ニゴールと共同で、オブジェクト指向の起源となるSimulaを開発したことで知られる。オルヨハン・ダールと表記されることもあるが、ノルウェー語の発音としては正しくない。

経歴[編集]

ノルウェーマンダールで生まれた。ノルウェーでは最も有名な計算機科学者である。クリステン・ニガールと共に1960年代にオブジェクト指向プログラミングのアイデアを生み出し、ノルウェー・コンピューティング・センター英語版 (NR) で Simula I(1961年–1965年)と Simula 67(1965年–1968年)をシミュレーションのためのプログラミング言語として開発した。ダールとニゴールはここで世界初のクラス、(明示的カプセル化を可能とした)サブクラス継承、動的オブジェクト生成などオブジェクト指向パラダイムに重要な観点の数々を生み出した。「オブジェクト」はソフトウェアシステムにおける自己完結型の部品であり、その中にデータ構造とメソッドを持つ。オブジェクト群を統合して完全なシステムを形成する。オブジェクト指向は現在ではソフトウェア開発手法として広く普及しており、JavaC++といった言語がある。

1968年、ダールはオスロ大学の教授となり、教育者としての才能も発揮した。ここで、彼はアントニー・ホーアと共に Hierarchical Program Structures を執筆した。これは彼の発表した著作の中でも最も有名なものであり、1972年のダールやエドガー・ダイクストラとの共著 Structured Programming に収録されている。1970年代のソフトウェアに関する本としては最もよく読まれた本である。

その後、ダールは形式手法に興味を引かれるようになり、オブジェクト指向について論じるにも形式手法を用いるようになっていった。多くの優秀な計算機科学者と同様、ダールの専門知識はアイデアの実用化から、アプローチの妥当性を保証する数学的なベースにまで及んでいた。

2000年、聖オラフ勲章英語版を受章。2001年にはクリステン・ニゴールとチューリング賞を共同受賞し[1]2002年には同じくニゴールとIEEEフォン・ノイマンメダルを共同受賞した[2]

初期の論文[編集]

  • Multiple index countings on the Ferranti Mercury computer, by O.-J. Dahl. Oslo: Norwegian Defence Research Establishment, 1957年
  • Programmer's handbook for the Ferranti Mercury Computer, Frederic at the Norwegian Defense Research Establishment, By O.-J. Dahl, and Jan V. Garwick. – 2nd ed., Kjeller: Norwegian Defence Research Establishment, 1958年
  • Automatisk kodning: et prosjekt ved Forsvarets forskningsinstitutt.
  • Simscript implementation, by Vic Bell and Ole-Johan Dahl. Oslo: Norwegian Computing Center, 1963年
  • Basic concepts of SIMULA: an ALGOL based simulation language, by Ole-Johan Dahl and Kristen Nygaard. Oslo: Norsk regnesentral, 1965年ごろ
  • SIMULA: a language for programming and description of discrete event systems : introduction and user's manual, Oslo: Norsk regnesentral, 1965年
  • Discrete event simulation languages: lectures delivered at the NATO summer school, Villard-de-Lans, September 1966, by Ole-Johan Dahl. Oslo: Norsk regnesentral/Norwegian Computing Center, 1966年
  • SIMULA: an ALGOL based simulation language, by Ole-Johan Dahl and Kristen Nygaard. Oslo: Norsk regnesentral, 1966年
  • Simula: an ALGOL-based simulation language, Ole-Johan Dahl and Kristen Nygaard. New York: Association for Computing Machinery, 1966年 I: Communications of the ACM; 9(1966).
  • Class and subclass declarations, Ole-Johan Dahl and Kristen Nygaard. Amsterdam: North-Holland, 1968年. I: Simulation programming languages: proceedings of the IFIP working conference on simulation programming languages, Oslo, May 1967 / O.-J. Dahl, conference chairman; organized by IFIP Technical Committee 2, programming languages; edited by J.N. Buxton.
  • Discrete event simulation languages, Ole-Johan Dahl. London: Academic Press, 1968年 (Programming languages : NATO Advanced Study Institute / edited by G. Genuys.)
  • SIMULA 67: common base language, by Ole-Johan Dahl, Bjørn Myhrhaug and Kristen Nygaard. Oslo: Norsk regnesentral, 1968年 (Publication S / Norwegian Computing Center; 2) Rev. 1970: Common base language (Publ.; 22).

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • From Object-Orientation to Formal Methods: Essays in Memory of Ole-Johan Dahl, Olaf Owe, Stein Krogdahl and Tom Lyche (eds.), Springer, Lecture Notes in Computer Science, Volume 2635, 2004. ISBN 3-540-21366-X.
  • Pioneer who Prepared the Ground for Road to Java, Jonathan Bowen. The Times Higher Education Supplement, 1677:34, 4 February 2005.

外部リンク[編集]