アミール・プヌーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アミール・プヌーリ
人物情報
生誕 1941年4月22日
イギリス委任統治領パレスチナ ナハラル英語版
死没 2009年11月2日(満68歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
国籍 イスラエルの旗 イスラエル
学問
研究分野 計算機科学
研究機関 スタンフォード大学
テルアビブ大学
ワイツマン科学研究所
ニューヨーク大学
主な受賞歴 チューリング賞, イスラエル賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

アミール・プヌーリア(ー)ミール・ペヌーエーリーアミル・ペヌエリヘブライ語: אַמִיר(אָמִיר) פְּנוּאֵלִי’a(ā)mīr pənū’ēlī; Amir Pnueli1941年4月22日 - 2009年11月2日)は、イスラエル人の計算機科学者。

生涯[編集]

イスラエルナハラル英語版で生まれ、ハイファイスラエル工科大学で数学の学士号を取得。ワイツマン科学研究所数学の博士号を取得した。学位論文テーマは "Calculation of Tides in the Ocean"(海洋潮汐の計算)。

スタンフォード大学でのポスドク期間中に計算機科学に転向。主な研究領域は時相論理モデル検査で、並行プロセスの公平性についても研究していた[1]

研究者としてイスラエルに帰国し、テルアビブ大学の計算機科学科創設に尽力し、初代学科長となった。1981年にワイツマン研究所の計算機科学の教授に就任。1999年から亡くなるまで、ニューヨーク大学の計算機科学部門でも地位を得ていた[1]

プヌーリは2回、先端技術企業を創設したことがある。3人の子をもうけ、亡くなった時には孫が4人いた[1]

2009年11月2日、脳内出血で死去[1][2][3]

受賞歴[編集]

ワイツマン科学研究所はプヌーリの功績を称えて、一連の記念講演を開催している[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]