ニクラウス・ヴィルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
講義中のヴィルト

ニクラウス・ヴィルト (Niklaus Wirth, 1934年2月15日 - )はスイス計算機科学者。プログラミング言語PascalModula-2などの開発や、ソフトウェア工学分野の開拓的研究で知られる。

略歴[編集]

1934年、スイスヴィンタートゥールに生まれる。1959年、チューリッヒ工科大学にて電気工学の学位を取得。1960年、カナダラバル大学で理学修士号を得る。その後、カリフォルニア大学バークレー校でコンピュータ設計の先駆者Harry Huskeyの指導を受け、1963年に電気工学・計算機科学分野の博士号を得る。

1963年から1967年までスタンフォード大学およびチューリッヒ大学計算機科学分野の助教授を務めた。1968年にはチューリッヒ工科大学情報科学科の教授となり、2年間のサバティカル休暇をカリフォルニア州パロアルト研究所で過ごした。

1999年に退職。

1969年に撮られたヴィルトの写真。提供:Robert M. McClure

業績[編集]

ヴィルトは、プログラミング言語ALGOL WPascalModulaModula-2オペレーティングシステムOberon のチーフデザイナーを務めた。また、Oberonビットスライスプロセッサを用いたワークステーションLilith、ハードウェアの設計やシミュレーションを行うハードウェア記述言語 Lola の主要部分を手がけた。これらの功績により、ヴィルトは1984年にACM チューリング賞を受賞した。

プログラミングの教育法について書いた記事Program Development by Stepwise Refinementは、ソフトウェア工学の分野における古典である。1975年の著作『アルゴリズム+データ構造=プログラム』は広く知られ、今なお価値を失っていない。同書では、コンパイラ設計の説明のために、単純なプログラミング言語PL/0を設計。様々な大学のコンパイラ設計の授業で利用された。

1995年、ヴィルトの法則として知られる格言を広めた。「ハードウェアの速度向上よりもソフトウェアの速度低下の方が大きい」

発言の引用[編集]

「私の名前をヨーロッパ人はたいがい「ニクラウス・ヴィルト」と正しく発音してくれるが、アメリカ人は必ず「ニッケルズ・ワース」と発音する。つまり、ヨーロッパ人は名前呼びをして、アメリカ人は値呼びをしているわけだ」(後半の解説の部分は、関数の引数評価戦略についての専門用語、call by name(名前呼び)とcall by value(値呼び)に掛けたダジャレ。一般のアメリカ人の多くは、英語圏以外のヨーロッパ名でも英語綴りと解して読むことが多いという背景がある。さらに、ニッケルは5セント硬貨の通称で、英語ワース=「価値」とも掛けている。本人は、どちらで呼んでくれても構わないとしているという)

トリビア[編集]

フィリップ・カーン(カメラ付き携帯電話の発明家で、ボーランド社の設立者の一人)は、チューリッヒ工科大学在学中にヴィルトのもとで学んだ。フィリップ・カーンはPascalの素晴らしさをアンダース・ヘルスバーグに説き、ボーランドの最初の製品である「Turbo Pascal」を世に送り出した。

主著[編集]

  • Program Development by Stepwise Refinement(1971年)ソフトウェア工学分野の古典。
  • 『アルゴリズム+データ構造=プログラム』(1975年)訳:片山卓也。新訳は『アルゴリズムとデータ構造』訳:浦昭二、国府方久史。
  • 『翻訳系構成法序論』(1984年)訳:筧捷彦、1986年。
  • 『ヴィルトのコンパイラ構成法』訳:滝沢徹、牧野祐子(原文は現在、PDF形式で無料配布。外部リンクを参照)

関連項目[編集]

  • GNU Pascal - ISO標準Pascal処理系。外部リンクにヴィルトの手紙や論文が紹介されている。
  • EBNF

外部リンク[編集]

特に断りがなければ全て英語。