チャック・サッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・P・サッカー
人物情報
生誕 1943年2月26日(71歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州パサデナ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 カリフォルニア大学バークレー校
学問
研究分野 計算機科学
研究機関 ゼロックスDECマイクロソフトリサーチ
主な受賞歴 チューリング賞(2009年)
テンプレートを表示

チャールズ・P・サッカーCharles P. Thacker1943年2月26日 - )は、コンピュータ・ハードウェアの開発エンジニア。通称はチャック・サッカー (Chuck Thacker)。Altoと呼ばれるワークステーションを共同開発した。

経歴[編集]

1943年2月26日、カリフォルニア州パサデナで生まれる[1]。1967年、カリフォルニア大学バークレー校物理学の学士号を取得[2]。1968年、同大学の Project GENIE に参加。これは、SDS 940 上の先駆的オペレーティングシステム Berkeley Timesharing System の開発プロジェクトだった[3]。その後バトラー・ランプソンらと共に大学を離れ Berkeley Computer Corporation を創業。そこでサッカーはプロセッサやメモリシステムを設計した。同社は商業的には成功せず、その主要技術者らがゼロックスパロアルト研究所でコンピュータシステム研究所を創設することになった[1]

1973年、サッカーは、アラン・ケイボブ・テイラーバトラー・ランプソンと共に、現在のパーソナルコンピュータの原型ともいえるワークステーションAltoをゼロックスパロアルト研究所 (PARC) において開発した[4]。アラン・ケイが構想を立て、サッカーがハードウェアを設計し、ランプソンがOSを書き、テイラーがプロジェクトを率いた。

ケイはコンピュータのハードウェア、GUIに関して優れた構想を持っており、テイラーは指導力に優れていた。PARCの他のメンバーにはレーザープリンターを開発したゲイリー・スタークウェザーや世界初のGUIベースのワードプロセッサ・ソフトウエアを発明したチャールズ・シモニーもいた。サッカーはイーサネット開発にも関わり、レーザープリンターの開発にも貢献している。

1983年、ディジタル・イクイップメント・コーポレーション (DEC) のシステム研究センター (SRC) 創設に関わった。1997年、マイクロソフト・リサーチに移り、イングランドケンブリッジでの研究所創設に関わった。

アメリカに戻ると、PARCでの「暫定ダイナブック」の経験を生かし、タブレットPCの開発に関与した。

受賞歴[編集]

チューリッヒ工科大学から名誉博士号を授与されている[2]。また、マイクロソフトのテクニカルフェローである[2]

参考文献[編集]

  • Hoffmann, L. (2010). “Q&A: From Single Core to Multicore, Leah Hoffmann interviews Charles P. Thacker”. Communications of the ACM 53 (7): 112. doi:10.1145/1785414.1785444. 

脚注[編集]

  1. ^ a b Fellow Awards — Charles Thacker”. Computer History Museum (2007年). 2012年9月5日閲覧。
  2. ^ a b c IEEE "Awards/Bios" page for winners of the IEEE John von Neumann Medal
  3. ^ Interviewed by Al Kossow (2007年8月29日). “Oral History of Charles (Chuck) Thacker”. Reference no: X4148.2008. Computer History Museum. 2011年4月20日閲覧。
  4. ^ Thacker, C.P.; McCreight, E.M.; Lampson, B.W.; Sproull, R.F.; Boggs, D.R. (1982), “Alto: a personal computer”, Computer Structures: Principles and Examples: 549–572, http://research.microsoft.com/Lampson/25-Alto/25-AltoOCR.htm 2010年9月2日閲覧。 
  5. ^ List of ACM Fellows”. ACM (the Association for Computing Machinery). 2010年3月13日閲覧。
  6. ^ Distinguished Alumni Awards in Computer Science”. UC Berkeley. 2012年9月5日閲覧。
  7. ^ Recipients of The Charles Stark Draper Prize”. National Academy of Engineering. 2012年9月5日閲覧。
  8. ^ ACM Turing Award Goes to Creator of First Modern Personal Computer”. ACM (the Association for Computing Machinery). 2010年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月9日閲覧。
  9. ^ Clark, Don (2010年3月9日). “Computing Prize Winner Did Not Rest On His Laurels”. The Wall Street Journal ("BLOGS"). オリジナル2010年3月10日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5o8M3kT28 2010年3月10日閲覧. "“This guy is a real genius,” says Alan Kay, a researcher who worked with Thacker at PARC and a fellow Turing award winner. “We don’t like to sling that word around in our field, but he is one. He is magic.”" 

外部リンク[編集]