ヴィントン・サーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィントン・サーフ
2010年9月ヴィリニュスにて
人物情報
生誕 Vinton Gray Cerf
1943年6月23日(70歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 スタンフォード大学
UCLA
学問
研究分野 計算機科学
研究機関 IBM[1]
UCLA[1]
スタンフォード大学[1]
DARPA[1]
MCI[1][2]CNRI[1]Google[3]
主な業績 TCP/IP
インターネット協会
主な受賞歴 アメリカ国家技術賞
大統領自由勲章
チューリング賞
テンプレートを表示

ヴィントン・グレイ・サーフVinton Gray Cerf[1]1943年6月23日 - )はアメリカ合衆国計算機科学者であり、ロバート・カーンと共に[4][5]インターネットTCP/IPプロトコルの創生に重要な役割を演じた「インターネットの父」の1人[6][7]。その功績により、アメリカ国家技術賞[1]チューリング賞[8]大統領自由勲章[9]を受賞(受章)し、全米技術アカデミー会員にも選ばれている。通称はヴィント・サーフ (Vint Cerf)。

かつてアメリカ国防総省国防高等研究計画局 (DARPA) でプログラムマネージャを務め、TCP/IP関連技術を開発する様々なグループに出資した。1980年代末ごろインターネットが商用化される際、MCIに移って初期の商用電子メールシステム MCI Mail を開発し、それをインターネットに接続した。

ICANNの創設に尽力。後にICANNの理事となり、最終的に会長を務めた。2012年5月、Association for Computing Machinery の会長に選ばれた[10]

経歴[編集]

コネチカット州ニュー・ヘイブン生まれ。父は航空宇宙企業の重役だった[11][12]バン・ナイズ・ハイ・スクール英語版卒。同級生にジョン・ポステルスティーブ・クロッカーがおり、どちらもサーフと同じくインターネットの誕生に関わっている。早くからコンピュータに興味を持ち、スタンフォード大学に入学して夏休みにはノースアメリカンロケットダインといった企業で働いた。1965年数学の学士号を取得し、卒業後IBMに就職。IBMではQUIKTRAN(FORTRANの一種)の開発に関わった[1]。もっとコンピュータについて学ぶことを決意して1967年には大学に戻り、カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) で計算機科学を学んだ。1970年に修士号、1972年に博士号を取得[13]。 UCLA時代にはジェラルド・エストリン英語版教授の下で学び、レナード・クラインロック教授の下で世界初のパケット通信コンピュータネットワークであるARPANETにも関わり[14]、ARPANETでのホスト間通信プロトコル開発に貢献した[15]。同時期にARPANETのハードウェアアーキテクチャについて仕事していたロバート・カーンにも出会っている[15]。そのころからサーフはいくつものRFCを執筆している。博士号取得後1972年スタンフォード大学の教授となってからもコンピュータネットワークに関わり続け、カーンと共同でTCP/IPの設計を行った[15]1976年、サーフは国防高等研究計画局(DARPA)に招かれ、1982年までその分野の研究開発計画に関わることとなった。

コンピュータ歴史博物館PDP-1で「スペースウォー!」をプレイ中のサーフ(2007年、ICANNミーティング)

その後、1982年から1986年まで通信企業 MCI の副社長を務め、世界初のインターネット接続された商用電子メールサービス MCI Mail の開発などを指導した。1994年にも再びMCIに戻り、技術戦略担当上級副社長を務めた。

さらにサーフは1986年にカーンが設立した Corporation for National Research Initiatives (CNRI) に参加し、1994年までとどまった。そこで彼は電子図書館や Knowbot などのプロジェクトを指導した。

サーフは1992年ロバート・カーンと共にインターネット協会 (ISOC) を設立した。ISOCはインターネットの一般ユーザーへの普及促進を図るとともに、各種関連技術団体(IETFなど)のまとめ役にもなっている。サーフはISOCの初代会長を1999年まで務めた。

彼は聴覚障害者であり[16]、1997年に聴覚障害者のための大学であるギャローデット大学の評議会のメンバーとなった[17]

2005年9月8日、Googleはサーフを副社長兼チーフ・インターネット・エバンジェリストとして雇った[3][18]

1999年から2007年まで、ICANNの理事を務めている[19]

2002年3月8日、ブルガリアの大統領ゲオルギ・パルヴァノフのIT諮問委員会のメンバーとなった(2012年1月まで)[20]。サーフは国際的リスクコンサルタント会社 Eurasia Group の諮問委員会のメンバーでもある[21]

サーフはアメリカ航空宇宙局ジェット推進研究所と共に惑星間インターネット構想にも関与している。これは惑星から惑星への通信の標準規格となるもので、無線またはレーザー通信を使用して信号減衰への高度な耐性を目指している[22]

2006年2月、サーフは上院商務科学運輸委員会で「ネットワーク中立性」について証言した[23]。Googleのチーフ・インターネット・エバンジェリストとして証言したもので、消費者の約半数はブロードバンドプロバイダーの選択肢がなく、インターネット中立性についての政府による規制がなければプロバイダーが独占状態からさらに消費者の選択肢を狭め、Googleなどの企業に帯域幅使用について課金する可能性があるとした。

2008年、IETF国際化ドメイン名ワーキンググループの議長を務めた[24]

2010年から、国連のデジタル開発のためのブロードバンド委員会英語版の委員を務めている。

北米などを担当する地域インターネットレジストリであるARINの理事を務めている[25]

反マルウェアの非営利団体 StopBadware の取締役も務めている。Googleはハーバード大学の Berkman Center for Internet & Society のプロジェクトとして始まった当初からこれを支援している[26][27]

バラク・オバマ大統領によるアメリカ初の最高技術責任者英語版 (CTO) の候補者としてサーフの名も挙げられていた[28]

2012年5月24日、Association for Computing Machinery (ACM) はサーフが会長に選ばれ、2012年7月1日から2年間務めることを発表した[29]

受賞歴など[編集]

ジョージ・W・ブッシュ(右)から大統領自由勲章を授与されるヴィントン・サーフ(左)とロバート・カーン(中央)

サーフは、バレアレス諸島大学英語版チューリッヒ工科大学ジョージ・メイソン大学ピサ大学レンセラー工科大学トゥウェンテ大学北京郵電大学慶應義塾大学などから名誉博士号を含む名誉学位を授与された。

主な著作物[編集]

ニュージーランド国立図書館英語版で講演中のサーフ。
ICANNミーティングでのサーフ(2007年、ロサンゼルス)
  • Zero Text Length EOF Message (RFC 13, 1969年8月)
  • IMP-IMP and HOST-HOST Control Links (RFC 18, 1969年9月)
  • ASCII format for network interchange (RFC 20, 1969年10月)
  • Host-host control message formats (RFC 22, 1969年10月)
  • Data transfer protocols (RFC 163, 1971年5月)
  • PARRY encounters the DOCTOR (RFC 439, 1973年1月)
  • Twas the night before start-up (RFC 968, 1985年12月)
  • Report of the second Ad Hoc Network Management Review Group, RFC 1109, 1989年8月
  • Internet Activities Board, RFC 1120, 1989年9月
  • Thoughts on the National Research and Education Network, RFC 1167, 1990年7月
  • Networks, Scientific American Special Issue on Communications, Computers, and Networks, September, 1991
  • Guidelines for Internet Measurement Activities, 1991年10月
  • A Strategic Plan for Deploying an Internet X.500 Directory Service, RFC 1430, 1993年2月
  • A VIEW FROM THE 21ST CENTURY, RFC 1607, 1994年4月1日
  • An Agreement between the Internet Society and Sun Microsystems, Inc. in the Matter of ONC RPC and XDR Protocols, RFC 1790, 1995年4月
  • I REMEMBER IANA, RFC 2468, 1998年10月
  • Memo from the Consortium for Slow Commotion Research (CSCR, RFC 1217, 1999年4月1日
  • The Internet is for Everyone, RFC 3271, 2002年4月

共著など[編集]

  • Vinton Cerf, Robert Kahn, A Protocol for Packet Network Intercommunication (IEEE Transactions on Communications, May 1974)
  • Vinton Cerf, Y. Dalal, C. Sunshine, Specification of Internet Transmission Control Program (RFC 675, December 1974)
  • Vinton Cerf, Jon Postel, Mail transition plan (RFC 771, September 1980)
  • Vinton Cerf, K.L. Mills Explaining the role of GOSIP, RFC 1169, August 1990
  • Clark, Chapin, Cerf, Braden, Hobby, Towards the Future Internet Architecture, RFC 1287, December 1991
  • Vinton Cerf et al., A Strategic Plan for Deploying an Internet X.500 Directory Service, RFC 1430, February 1993
  • Vinton Cerf & Bob Kahn, Al Gore and the Internet, 2000-09-28[38]
  • Vinton Cerf et al., Internet Radio Communication System July 9, 2002, U.S. Patent 6,418,138
  • Vinton Cerf et al., System for Distributed Task Execution June 3, 2003, U.S. Patent 6,574,628
  • Vinton Cerf et al., Delay-Tolerant Networking Architecture (Informational Status), RFC 4838, April 2007

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Cerf's curriculum vitae as of February 2001
  2. ^ Gore Deserves Internet Credit, Some Say, a March 1999 Washington Post article
  3. ^ a b Cerf’s up at Google
  4. ^ ACM Turing Award, list of recipients”. Awards.acm.org. 2011年12月2日閲覧。
  5. ^ IEEE Alexander Graham Bell Medal”. Ieee.org (2009年7月7日). 2011年12月2日閲覧。
  6. ^ (see Interview with Vinton Cerf, from a January 2006 article in Government Computer News), サーフはロバート・カーンレナード・クラインロックと共にインターネットの父の1人に挙げられることを快く思っている。
  7. ^ Cerf, V. G. (2009). “The day the Internet age began”. Nature 461 (7268): 1202–1203. doi:10.1038/4611202a. PMID 19865146. 
  8. ^ a b Cerf wins Turing Award Feb 16, 2005
  9. ^ a b 2005 Presidential Medal of Freedom recipients from the White House website
  10. ^ ACM Elects Vint Cerf as President from the ACM website
  11. ^ Jerome, Richard (2000年9月18日). “Lending An Ear – Health, Real People Stories”. People. 2011年12月2日閲覧。
  12. ^ Vinton Gray Cerf Biography”. BookRags.com. 2011年12月2日閲覧。
  13. ^ UCLA School of Engineering Alumnus Chosen for Prestigious Turing Award”. UCLA Henry Samueli School of Engineering and Applied Science (Spring 2005). 2012年9月3日閲覧。
  14. ^ “Internet predecessor turns 30”. CNN. (1999年9月2日). オリジナル2000年8月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20000818115624/http://www.cnn.com/TECH/computing/9909/02/internet.anniv/ 
  15. ^ a b c “INTERNET PIONEERS CERF AND KAHN TO RECEIVE ACM TURING AWARD”. ACM. (2005年2月16日). http://www.acm.org/press-room/press-room?pageIndex=3 [リンク切れ]
  16. ^ Vinton Cerf – Father of the Internet, Vinton Cerf”. Deafness.about.com (2010年8月28日). 2011年12月2日閲覧。
  17. ^ Resolution: Vinton G. Cerf, from that university's website
  18. ^ Vint Cerf: Google's New Idea Man
  19. ^ ICANN Board of Directors – Vinton G. Cerf”. Icann.org (2011年2月14日). 2011年12月2日閲覧。
  20. ^ Presidential
  21. ^ Eurasia Group”. Eurasia Group. 2011年12月2日閲覧。
  22. ^ The InterPlaNetary Internet Project IPN Special Interest Group
  23. ^ Testimony before the U.S. Senate Committee on Commerce
  24. ^ IDNAbis WG”. Tools.ietf.org. 2011年12月2日閲覧。
  25. ^ ARIN Announces Newly Elected Board of Trustees”. Arin.net. 2011年12月2日閲覧。
  26. ^ Board of Directors”. StopBadware (2009年3月25日). 2011年12月2日閲覧。
  27. ^ Harvard's Berkman Center and the Oxford Internet Institute Unveil StopBadware.org Backed by Google, Lenovo, Sun; Consumer Reports WebWatch Takes Unpaid Special Advisor Role”. StopBadware (2006年1月23日). 2011年12月2日閲覧。
  28. ^ The 5 best jobs Obama has yet to fill – Craig Gordon and Ben Smith”. Politico.Com. 2011年12月2日閲覧。
  29. ^ ACM Elects Vint Cerf as President”. ACM. 2012年5月25日閲覧。
  30. ^ SIGCOMM Awards”. Sigcomm.org. 2011年12月2日閲覧。
  31. ^ Office of Science and Technology Policy | The White House”. Ostp.gov. 2011年12月2日閲覧。
  32. ^ ACM: Fellows Award / Vinton G. Cerf”. amturing.acm.org (2011年6月4日). 2011年12月2日閲覧。
  33. ^ http://www.yale.edu/ypu/minutes/ypu-2009-04-15.html
  34. ^ FiveYear. “Vint Cerf's Top YouTube Videos”. Youtube. 2011年12月2日閲覧。
  35. ^ HPI Fellows & Guests”. 2011年5月27日閲覧。
  36. ^ British Computer Society. “Vint Cerf named BCS Distinguished Fellow”. 2011年9月28日閲覧。
  37. ^ 2012 Inductees, Internet Hall of Fame website. Last accessed April 24, 2012
  38. ^ IP: Al Gore's support of the Internet, by V.Cerf and B.Kahn”. Interesting-people.org. 2011年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]

動画[編集]

ニュース記事・インタビューなど[編集]