デニス・リッチー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニス・マカリスター・リッチー
Dennis MacAlistair Ritchie
デニス・リッチー(1999年)
人物情報
生誕 1941年9月9日
アメリカ合衆国ニューヨーク州ブロンクビル
死没 2011年10月12日(満70歳没)
アメリカ合衆国ニュージャージー州バークレーハイツ
出身校 ハーバード大学
学問
研究分野 計算機科学
研究機関 ルーセント・テクノロジーズ
ベル研究所
主な業績 ALTRAN
B
BCPL
C
Multics
Unix
主な受賞歴 チューリング賞
アメリカ国家技術賞
テンプレートを表示

デニス・マカリスター・リッチーDennis MacAlistair Ritchie1941年9月9日 - 2011年10月12日[1][2][3][4][5])は、アメリカ合衆国の計算機科学者

コンピュータ言語のC言語を開発し、ケン・トンプソンと共にオペレーティングシステム(OS)であるUNIXMulticsなどの開発者として知られる[2]。トンプソンと共にACMチューリング賞 (1983)、IEEEハミングメダル (1990)、アメリカ国家技術賞 (1999) を受賞。2007年に引退するまで、ルーセント・テクノロジーズシステムソフトウェア研究部門を指揮していた。技術的なコミュニティの中では、彼を指して "dmr"(ベル研究所におけるアカウント名)と呼ぶことがある。

若年期[編集]

1941年9月9日、ニューヨークブロンクヒルに生まれる。父親のアリステア・E・リッチーはベル研究所の研究者で、スイッチング回路理論英語版に関する共著書 The Design of Switching Circuits がある。子どものころ家族に連れられニュージャージー州サミット英語版に移り、サミットの高校に進学した[6]

経歴[編集]

ハーバード大学で物理学応用数学の学位を得た後、1967年、ベル研究所の計算機科学研究センターに勤務を始める。その後1968年ハーバード大学でパトリック・C・フィッシャー英語版の指導により、計算機科学の博士号を取得した。博士論文のテーマは "Program Structure and Computational Complexity"(プログラム構造と計算複雑性)あった[7]

ケン・トンプソン(左)とデニス・リッチー(右)

1969年ごろ、リッチーはケン・トンプソンと共に、ベル研究所で放置の状態にあったPDP-7上で独自のオペレーティングシステムを作り始める。これが後にUNIXと呼ばれるOSの原型となった。UNIXは1971年に原型が出来上がり、同年 PDP-11/20 に移植した。 1973年、それまでアセンブリ言語で書かれていたUNIXを、高水準言語で書き換える。この時、UNIXの記述言語として、ブライアン・カーニハンと共にC言語の開発に関わった。C言語の原型はケン・トンプソンB言語である。リッチーがこれにデータ型と新しい文法を追加しC言語が出来上がった。この頃のUNIXは文書マシンとして使われており、主にベル研究所の特許事務に用いられていた。リッチーのUNIXへの最大の貢献は、高水準言語で書き換えることで移植性を大いに高めた点である[8]

1983年、UNIX開発の功績により、ケン・トンプソンと共にチューリング賞を受賞している。21世紀初頭現在でさえ、C言語は組み込みシステムからスーパーコンピュータまであらゆるタイプのプラットフォーム上で用いられており、彼の業績は非常に大きい。

晩年は、引き続きベル研究所にて、1995年に発表されたオープンソース版の分散システム用オペレーティングシステムである Plan 9 や、1996年に公表された分散システム用オペレーティングシステムの Inferno とその言語 Limbo の開発に携わった。

受賞歴[編集]

ビル・クリントン大統領(右)からアメリカ国家技術賞のメダルの授与を受けるケン・トンプソン(左)と リッチー(中央)(1999年)。
日本国際賞を受賞するリッチー(右)(2011年、ニュージャージー州マレーヒルベル研究所本部にて)。

1983年ケン・トンプソンと共にチューリング賞を受賞。受賞理由は「汎用オペレーティングシステム理論の発展への貢献、特にUNIXオペレーティングシステムの実装への貢献に対して」 (英文:"for their development of generic operating systems theory and specifically for the implementation of the UNIX operating system") 。リッチーの受賞講演の演題は"Reflections on Software Research"[9]1990年、ケン・トンプソンと共にIEEEよりIEEEハミングメダルを受賞。受賞理由は「UNIXオペレーティングシステムとC言語の開発」(英文:"for the origination of the UNIX operating system and the C programming language")[10]

1997年、トンプソンと共にコンピュータ歴史博物館フェローに選ばれた。選定理由は「UNIXオペレーティングシステムの共同開発とC言語の開発を称えて」。

1999年4月21日、ケン・トンプソンと共にビル・クリントン大統領より1998年アメリカ国家技術賞を受賞。 受賞理由は「UNIXオペレーティングシステムとC言語を共同開発し、コンピュータハードウェア、ソフトウェア、ネットワークシステムに多大な発展をもたらし、全産業の成長を刺激し、これにより情報時代におけるアメリカのリーダーシップを拡大したこと」(英文:"for co-inventing the UNIX operating system and the C programming language which together have led to enormous advances in computer hardware, software, and networking systems and stimulated growth of an entire industry, thereby enhancing American leadership in the Information Age")[11][12]

2005年、Industrial Research Institute がUNIX開発による科学技術および社会への貢献を称えて Achievement Award を授与した[13]

2011年、ケン・トンプソンと共に日本国際賞を受賞。受賞理由は「UNIXオペレーティングシステムの開発」(英文:"for the pioneering work in the development of Unix operating system")[14]

死と後世への影響[編集]

2011年10月12日、1人住まいのニュージャージー州バークレーハイツの自宅で亡くなっているのが発見された[1][2]。70歳没。死去の第一報は、以前の同僚であり現在はGoogleに勤務するロブ・パイクによってGoogle+上で発表された[3][4]。彼は長い闘病(前立腺癌心血管疾患)の末に、亡くなったという[15][2][3][16][17]。その死はスティーブ・ジョブズの訃報の約1週間後だったが、ジョブズほど大きく報道されることはなかった[18][19]。コンピュータの歴史家 Paul E. Ceruzzi はリッチーの死について「リッチーはレーダーの下にいた。彼は有名人というわけでは全くないが、…あなたが顕微鏡でコンピュータの中を見ることができたなら、彼の仕事をあらゆる箇所で見つけるだろう」と述べている[20]

リッチーの死後間もなく行われたインタビューで長年の同僚だったブライアン・カーニハンは、リッチーはC言語がこれほど重要なものになるとは全く思っていなかったと述べている[21]。カーニハンは、CとUNIXがiPhoneなどの後世の重要プロジェクトでいかに大きな役割を果たしたかを述べている[22][23]

他にもリッチーの後世への影響について、様々なことが言われている[24][25][26][27]

Fedora 16 というLinuxディストリビューションはリッチーの死後1カ月ほどでリリースされており、リッチーへの献辞が添えられていた[28]。2012年1月12日にリリースされた FreeBSD 9.0 にもリッチーへの献辞が添えられている[29]

主な著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Augusto Campos (2011年10月12日). “Dennis Ritchie, 1941 - 2011”. 2011年10月13日閲覧。
  2. ^ a b c d Lohr, Steve (October 12, 2011), “Dennis Ritchie, Programming Trailblazer, Dies at 70”, The New York Times, http://www.nytimes.com/2011/10/14/technology/dennis-ritchie-programming-trailblazer-dies-at-70.html?hp 2011年10月13日閲覧, "Dennis M. Ritchie, who helped shape the modern digital era by creating software tools that power things as diverse as search engines like Google and smartphones, was found dead on Wednesday at his home in Berkeley Heights, N.J. He was 70. Mr. Ritchie, who lived alone, was in frail health in recent years after treatment for prostate cancer and heart disease, said his brother Bill." 
  3. ^ a b c Unix creator Dennis Ritchie dies aged 70”. BBC News (2011年10月13日). 2011年10月14日閲覧。 “Pioneering computer scientist Dennis Ritchie has died after a long illness. ... The first news of Dr Ritchie's death came via Rob Pike, a former colleague who worked with him at Bell Labs. Mr Ritchie's passing was then confirmed in a statement from Alcatel Lucent which now owns Bell Labs.”
  4. ^ a b Rob Pike (October 12, 2011), (untitled post to Google+), https://plus.google.com/u/0/101960720994009339267/posts/ENuEDDYfvKP?hl=en#101960720994009339267/posts/ENuEDDYfvKP 2011年10月14日閲覧, "I just heard that, after a long illness, Dennis Ritchie (dmr) died at home this weekend. I have no more information." 
  5. ^ Campbell-Kelly, Martin (October 13, 2011), “Dennis Ritchie obituary”, The Guardian, http://www.guardian.co.uk/technology/2011/oct/13/dennis-ritchie 2011年10月13日閲覧, "Dennis MacAlistair Ritchie, computer scientist, born 9 September 1941; died 12 October 2011" 
  6. ^ Keill, Liz. "Berkeley Heights man wins Japan Prize for inventing UNIX operating system", Independent Press, February 1, 2011. Accessed October 17, 2011. "Ritchie, 69, has lived in Berkeley Heights for 15 years. He was born in Bronxville, New York, grew up in Summit and attended Summit High School before going to Harvard University."
  7. ^ デニス・リッチー - Mathematics Genealogy Project
  8. ^ “Pioneer Programmer Shaped the Evolution of Computers”. Wall Street Journal. (2011年10月14日). p. A7. http://online.wsj.com/article/SB10001424052970204774604576629354123067080.html 
  9. ^ Ritchie, Dennis M. (1987), “1983 Turing Award Lecture: Reflections on Software Research”, ACM Turing Award Lectures: Reflections on Software Research, ACM Press Anthology Series, Addison-Wesley Publishing Company, pp. 163–169, http://awards.acm.org/images/awards/140/articles/2898606.pdf 2012年1月30日閲覧。 
  10. ^ IEEE Richard W. Hamming Medal Recipients”. IEEE. 2011年5月29日閲覧。
  11. ^ Ritchie and Thompson [to] Get National Medal of Technology Bell Labs pre-announcement
  12. ^ Ritchie and Thompson Receive National Medal of Technology from President Clinton Bell Labs press release
  13. ^ "Dennis Ritchie, Bell Labs Researcher and Co-Inventor of Unix, Receives 2005 Industrial Research Institute Achievement Award", Alcatel/Lucent Press Release, Nov. 15, 2005, accessed Feb. 8, 2012.
  14. ^ Evangelista, Benny, "Ken Thompson, Dennis Ritchie win Japan Prize", San Francisco Chronicle, January 25, 2011
  15. ^ Dennis Ritchie 1941-2011: Message from Jeong Kim | Alcatel-Lucent - The Blog - Alcatel-Lucent
  16. ^ Gallagher, Sean (2011年10月13日). “Dennis Ritchie, Father of C and Co-Developer of Unix, Dies”. Wired magazine. 2011年10月13日閲覧。 mirror
  17. ^ Binstock, Andrew. “Dennis Ritchie, in Memoriam”. Dr. Dobb's Journal. Dr. Dobb's Journal. 2011年10月14日閲覧。 mirror
  18. ^ Humphrey, Michael (2011年10月14日). “The Inevitable Steve Jobs vs. Dennis Ritchie Discussion”. Forbes. http://www.forbes.com/sites/michaelhumphrey/2011/10/14/the-inevitable-steve-jobs-vs-dennis-ritchie-discussion/ 2011年10月14日閲覧。 
  19. ^ Mearian, Lucas (2011年10月13日). “Dennis Ritchie and Steve Jobs – quite the juxtaposition”. Computer World. http://blogs.computerworld.com/19097/dennis_ritchie_and_steve_jobs_quite_the_juxtaposition 2011年10月14日閲覧。 
  20. ^ Langer, Emily (2011年10月14日). “Dennis Ritchie, founder of Unix and C, dies at 70”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/local/obituaries/dennis-ritchie-founder-of-unix-and-c-dies-at-70/2011/10/13/gIQAXsVXiL_story.html 2011年11月3日閲覧。  mirror
  21. ^ Shishir Prasad (2011年11月4日). “No one thought 'C' would become so big: Brian Kernighan”. Forbes India. http://forbesindia.com/interview/special/brian-kernighan-no-one-thought-c-would-become-so-big/29982/1 2011年11月28日閲覧. "Q Did Dennis Ritchie or you ever think C would become so popular? [Kernighan] I don't think that at the time Dennis worked on Unix and C anyone thought these would become as big as they did. Unix, at that time, was a research project inside Bell Labs."  mirror
  22. ^ “Myths of Steve Jobs”. Deccan Herald. (2011年11月28日). http://www.deccanherald.com/blog/?p=220 2011年11月28日閲覧. "Dennis Ritchie, the inventor of the C language and co-inventor of the Unix operating system, died a few days after Steve Jobs. He was far more influential than Jobs."  mirror
  23. ^ Subhajit Datta (2011年11月14日). “The tale of three deeply different technologists”. The Hindu. http://www.thehindu.com/news/states/karnataka/article2622056.ece 2011年11月28日閲覧。  mirror
  24. ^ David Cardinal (2011年11月2日). “Dennis Ritchie, creator of C, bids "goodbye, world"”. Extreme Tech. http://www.extremetech.com/computing/102835-dennis-ritchie-creator-of-c-bids-goodbye-world 2011年11月28日閲覧. "The book came off the shelf in service of teaching another generation a simple, elegant way to program that allows the developer to be directly in touch with the innards of the computer. The lowly integer variable—int—has grown in size over the years as computers have grown, but the C language and its sparse, clean, coding style live on. For that we all owe a lot to Dennis Ritchie."  mirror
  25. ^ “Dennis Ritchie and John McCarthy: Dennis Ritchie and John McCarthy, machine whisperers, died on October 8th and 24th respectively, aged 70 and 84”. The Economist. (2011年11月5日). http://www.economist.com/node/21536536 2011年11月28日閲覧. "NOW that digital devices are fashion items, it is easy to forget what really accounts for their near-magical properties. Without the operating systems which tell their different physical bits what to do, and without the languages in which these commands are couched, the latest iSomething would be a pretty but empty receptacle. The gizmos of the digital age owe a part of their numeric souls to Dennis Ritchie and John McCarthy."  mirror
  26. ^ “The Strange Birth and Long Life of Unix”. Newswise. (2011年11月23日). http://www.newswise.com/articles/the-strange-birth-and-long-life-of-unix 2011年11月28日閲覧. "Four decades ago, Ken Thompson, the late Dennis Ritchie, and others at AT&T's Bell Laboratories developed Unix, which turned out to be one of the most influential pieces of software ever written. Their work on this operating system had to be done on the sly, though, because their employer had recently backed away from operating-systems research."  mirror
  27. ^ Shyamanuja Das (2011年11月1日). “The forgotten tech luminaries: The new generation of the digital age owe a part of their numeric souls to Dennis Ritchie and John McCarthy”. cybermedia. http://www.ciol.com/News/News/News-Reports/The-forgotten-tech-luminaries/156641/0/ 2011年11月28日閲覧. "UNIX, to the development of which Ritchie greatly contributed, and whose C made it possible it to be ported to other machines, is, even today, in its different avatars, the de-facto OS for anything that is mission critical. Solaris, AIX, HP-UX, Linux—all these are derived from UNIX."  mirror
  28. ^ Phoronix. “Red Hat Releases Fedora 16 "Verne"”. 2011年11月8日閲覧。
  29. ^ The FreeBSD project. “FreeBSD-9.0 Announcement”. 2012年1月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]