ロブ・パイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・C・パイク: Robert C. Pike1956年 - )は、ソフトウェア工学者でありソフトウェア作家。ベル研究所でのUNIX開発、その後の Plan 9Inferno というオペレーティングシステムの開発で知られる。また、Limbo というプログラミング言語の作者でもある。また、UNIX用のグラフィカル端末 Blit の開発も行った。それ以前の1981年、彼は世界初のUNIX用ウィンドウシステムのコードも書いている。

長年に渡って、彼はテキストエディタを数々開発している。特によく知られているのは、samacme である。パイクはブライアン・カーニハンと共に『UNIXプログラミング環境』と『プログラミング作法』という2冊の著書を著している。また、ケン・トンプソンと共にUTF-8の開発を行った。パイクは細かいプログラムも開発しており、例えば電子メールの差出人の顔写真の画像を表示するプログラム vismon などがある。

パイクはコメディデュオ Penn and Teller のテクニカルアシスタントとして、テレビ番組『レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』に出演したことがある。パイクはジョークとして、1980年のオリンピックでアーチェリーで銀メダルを取ったと言っていた。ただし、カナダは1980年のオリンピックをボイコットした。パイクはカナダ国籍である。

現在は Google に勤務しており、SawzallGo (プログラミング言語)の開発に関わっている。

語録[編集]

  • UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている」 - 1991年ごろ
  • オブジェクト指向設計コンピューティングのいろは(原文では roman numerals すなわちローマ数字)だ」- [1]
  • 「単純なキャッシュバグなどというものはない」 - [2]
  • 「キャッシュはアーキテクチャではない。単なる最適化だ」 - [3]
  • ソケットはI/Oインタフェースの X Window である」 - [4]
  • 「真空を満たそうとしても、いつまでも吸い込まれることがある」 - X Window System について [5]
  • 「Unix は please とは決して言わない」 - [6]
  • 「そういった日々は過ぎ去り、賛辞は Perl にもたらされた」 - [7] 単機能ツールについて
  • 「私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。我々は1970年代の賞味期限切れのオペレーティングシステムをよく使っている。それで多くのことをしたし、楽しんだが、現実を直視しよう。Unix の基本設計は Slashdot の読者の大半よりも古く、この30年間にコンピューティングやネットワーキングに関する素晴らしいアイデアが多数生み出された。Unix を使うということは、デビッド・キャシディの音楽だけを聴くようなものだ」 - [8]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]