シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Springer Science+Business Media
設立日 1842年
設立者 ユリウス・シュプリンガー
ドイツ
本社所在地 ベルリンハイデルベルク
ノンフィクション 科学技術工学など)、医学商業交通建築[1]
売上高

増加 8億6,600万 (2010年)[1][2][3]

減少 8億5,900万€ (2009年)[1][2]
従業員数 5,500人以上[1]
公式サイト www.springer.com
テンプレートを表示

シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア: Springer Science+Business Media, Springer)とは、科学Science)、技術Technology、工学など)、医学Medicine)、すなわちSTM関連の書籍、電子書籍査読済みジャーナル出版するグローバル企業である。シュプリンガーはまた、"SpringerLink"(「シュプリンガー・リンク」)[4]、"SpringerProtocols"(「シュプリンガー・プロトコル英語版」)[5]、"SpringerImages"(「シュプリンガー・イメージ」)[6]、"SpringerMaterials"(「シュプリンガー・マテリアル」)[7]などいくつかの科学データベース・サービスのホスティングも行っている。

出版物には、参照図書英語版(Reference works、レ(リ)ファレンス・ワークス)、教科書モノグラフ(Monograph)、プロシーディングス英語版(Proceedings)、叢書など多数が含まれる。また、シュプリンガー・リンクには45,000以上のタイトルが自然科学など13の主題・テーマで集められており[1]、それらは電子書籍として利用可能である[4]。シュプリンガーはSTM分野の書籍に関しては世界最大の出版規模を持ち、ジャーナルでは世界第2位である[8](第1位はエルゼビア)。

多数のインプリントや、20ヶ国に約55の発行所(パブリッシング・ハウス)、5,000人以上の従業員を抱え、毎年約2,000のジャーナル、7,000以上の新書(これにはSTM分野だけではなく、B2B分野のものも含まれる)を発刊している[1]。シュプリンガーはベルリンハイデルベルクドルトレヒトニューヨークに主要オフィスを構える。近年成長著しいアジア市場のために、アジア地域本部を香港に置いており、2005年8月からは北京に代表部を設置している[9]

歴史[編集]

1842年ユダヤ人イジドール・シュプリンガー(Isidor Springer)の息子[10]ユリウス・シュプリンガープロイセン王国ベルリンSpringer-Verlag(シュプリンガー・フェアラーク、すなわちシュプリンガー出版社)を創業した[11]

のちに、ユリウスの息子、フェルディナント・シュプリンガー・ゼニオールドイツ語版(Ferdinand Springer senior, 1846-1906)は、弟フリッツ・シュプリンガー(Fritz Springer, 1850-1944)と共に父ユリウスよりシュプリンガー・フェアラークを引き継いだ[10]。ユリウスの息子たちの時代に同社は理工学系書籍を主として取り扱うようになり、学術雑誌の発刊にも漕ぎ着けている[10]

フェルディナント・ゼニオールの死後、フリッツはフェルディナント・ゼニオールの息子、フェルディナント・シュプリンガー・ユニオールドイツ語版(Ferdinand Springer junior, 1881-1965)と自身の息子、ユリウス・シュプリンガー・ユニオール(Julius Springer junior)に社を引き継いだ[12]。シュプリンガー・フェアラーク第3代社長となったフェルディナント・ユニオールとユリウス・ユニオールは、不景気とヴァイマル共和政時代の社会不安が漂う中、同社をドイツ有数の理工学系出版社に成長させた[10]

1920年代には、ツァイトシュリフト・フュア・フィジークにおいて、ハイゼンベルクパウリボルンなどの物理学者による量子力学の革新的な論文が多数掲載された。

しかし、ナチスの台頭以後、状況が一変した。ナチスの反ユダヤ主義政策により、ユダヤ人研究者の書籍、ジャーナルに発禁処分が下された。また„Sächsische Ärzteblatt“("Saxonian Medical Journal"、「ザクセン医学雑誌」)などによる、反ユダヤ主義に基づいた「反シュプリンガー批判」がドイツ医学雑誌界に巻き起こった[10]。ナチス党員でもある出版社社長ヴィルヘルム・バウアー(Wilhelm Baur, 1905–1945)は「シュプリンガーのアーリア化」を主張した(強制的同一化[10]。シュプリンガーは、ナチスが考える、アーリア人種が学ぶべき分野の書籍のみ出版が許された。また1935年9月15日のライヒ市民法ドイツ語版ニュルンベルク法の1つ)により、3人の祖父母がユダヤ人であったユリウス・ユニオールは「2級市民」[注釈 1]、「法的な意味でのユダヤ人」とされ公民権を強制的に停止させられた[13]。一方フェルディナント・ユニオールは同法によると「半ユダヤ人」と見なされた[13][10]ライヒ文化院[注釈 2]傘下のライヒ文学院ドイツ語版(Reichsschrifttumskammer, RSK)はこの法に基づき、フェルディナント・ユニオールに、直ちにユリウス・ユリオールを同社から追放するよう要求した[13]。同年10月10日、フェルディナント・ユニオールは、やむなく、「ユリウスの同社からの離脱を承認」した[13]1938年以後、ユリウス・ユニオールはしばらくの間ザクセンハウゼン強制収容所に収監された[10]。フェルディナント・ユニオールは言論の自由を守ろうとドイツ国内で支持者を集めるため奔走したが、その甲斐なくその後同社は国内での出版を停止した。ただ、フェルディナント、ユリウスから社を引き継いだテニェス・ランゲ(Tönjes Lange)がヒャルマル・シャハトと親しい関係にあったため、会社自体は消滅を免れ、また輸出は禁じられていなかった[10]

第二次世界大戦後、同社は再建を開始した。テニェスとフェルディナント[11]、後にユリウスも経営に復帰した[10]1946年、戦後初となる本格的な出版物、カール・ヤスパースの„Die Idee der Universität“(ISBN 3540100717)を刊行した[11][注釈 3]

1957年に共同経営者となったハインツ・ゲッツェ(Heinz Götze)は、シュプリンガー・フェアラークをドイツの出版社から国際的メディア企業へと進化させる舵取り役を担った[11]1964年からは、ビジネスを国際的規模に拡大させ、ニューヨークに事務所を開設した。続いてまもなく東京パリミラノ、香港、デリーにも事務所を置いた(国外の主要事務所は、これ以前には1924年に開設したウィーン支社程度しか存在しなかった[11])。またゲッツェの時代から英書出版を事業の中核に据えている[11]

1999年、ドイツの出版社ベルテルスマンがシュプリンガー・フェアラークの支配権を得るに至り、学術出版企業BertelsmannSpringer(ベルテルスマンシュプリンガー)が誕生した[11][14][15]

2003年にはイギリス投資企業グループシンヴェン英語版(Cinven)とキャンドーヴァー・インヴェストメンツ英語版(Candover Investments)がベルテルスマンからベルテルスマンシュプリンガーを買収した[14][16][17][18]。同企業集団は2002年オランダの情報サービス・出版企業ヴォルタース・クルーヴァー英語版(Wolters Kluwer)から買収した出版社、Kluwer Academic Publishers(クルーヴァー・アカデミック・パブリッシャーズ、KAP)[19][20]2004年にベルテルスマンシュプリンガーと合併させた[21][22]。新社名はSpringer Science+Business Media(シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア)となった。

2009年、シンヴェンとキャンドーヴァーはシュプリンガーを2つのプライベート・エクイティ・ファーム英語版EQTパートナーズ英語版シンガポール政府投資公社に売却した[23][24][25][26]米国欧州の競争当局が譲渡を承認した後、2010年2月、売却取引の終了が確定した[27]

コーポレートアイデンティティ[編集]

シュプリンガーのコーポレート・ロゴにはチェスナイト(ナイトはドイツ語で"Springer" 「跳ね馬」と呼ばれる)が描かれている。これは、モンビュー地区ドイツ語版英語版(Monbijouplatz)の社屋建築を監督したヴィルヘルム・マルテンスドイツ語版(Wilhelm Martens)が、彼の師でもある義父、マルティン・グロピウスのスケッチを基に描いたものを、1881年に2代目経営者、フェルディナント・ゼニオールが採用したものである[11][28][10]。ロゴの変更は何度かあったものの、ナイトの駒は2011年現在のロゴにも描かれ続けている。

また現在は描かれていないが、かつては創業者ユリウス・シュプリンガーのイニシャル"JS"と„Alle Zeit wach“("Be ever alert", 「常に注視せよ」)とのスローガンがロゴに描かれていた[28][10]

電子書籍[編集]

シュプリンガーは1996年に立ち上げたSpringerLink(「シュプリンガー・リンク」)サイトにて電子書籍、電子ジャーナルをコンテンツとして提供している。シュプリンガー・リンクはEBSCOインダストリーズ英語版の一部門、MetaPressにより運営されている[29]。日本の多くの大学では、同サービスを契約している場合が多い[30]

シュプリンガー・プロトコルは研究室での実験指導を目的として、一歩一歩着実な指示を与えるための実験計画(プロトコル)や方針例が多数収められている[5]

シュプリンガー・イメージは2008年に開設された。科学、技術、医学分野に及ぶ180万枚の画像が集められ、同サイトで提供されている[6]

シュプリンガー・マテリアルは2009年より開始された。これはランドルト=ベルンシュタイン英語版(Landolt–Börnstein)データベースへのアクセスを行うためのプラットフォームである。同データベースは物質、物性、科学的事象等に関する研究結果や情報を集積した世界最大の包括的[要出典]情報源である[7]

"AuthorMapper"(「オーサーマッパー」)は、科学研究の視覚化のためのフリーのオンライン・ツールである。これはある文書の著者の位置情報を地図(Google マップ[31])上に図示することが可能となっており、科学研究のパターンの探求、各文献の動向確認、コラボレーションや類縁関係の発見などに役立ち、そして科学・医学の各分野における専門家の所属研究機関、大学等所在地が利用者に一目で分かるようになっている[32]

オープンアクセス[編集]

オープンアクセス総合誌として2012年よりSpringerPlusを展開している。シュプリンガーの数種類のジャーナルに関しては、同社は著作者(author、著者)に著作権の譲渡を要求しない。そして著者の論文、記事をオープンアクセスライセンスで発刊するか、それとも古典的な制限型ライセンス・モデルを採るか著者自身にその決定を委託している[33]。オープンアクセスによる出版を選んだ場合、一般的に、著者は著作権保持のため手数料を支払う必要があるが、同時にこの手数料を時折著者以外の第三者が賄える場合もある。例えば、ポーランドのある国家研究機関は、著者にいかなる個人の負担を負わせることなく、オープンアクセス・ジャーナルの発刊を許可している[34]

インプリント[編集]

次は、同社所属のインプリントの一部である。

ジャーナル[編集]

出版物[編集]

次は、同社の出版物の一部である。

表彰[編集]

ユリウス・シュプリンガーの功績を記念し、応用物理学分野での輝かしい業績を残した人物を表彰するユリウス・シュプリンガー賞ドイツ語版が同社により設けられている[36]

その他[編集]

2010年、同社はベルリン中央地域図書館ドイツ語版英語版(Zentral- und Landesbibliothek Berlin, ZLB)に同社にまつわる歴史的資料や蔵書を寄贈した[37]1945年までに同社が発刊した15,000以上にも及ぶタイトルの書籍や多数のジャーナル、レビュー、翻訳書に加え、アインシュタインザウアーブルッフマイトナーハーンらの書簡も含まれる[37]。ZLBは同社創業の地であるベルリン=ミッテ英語版ドイツ語版ブライテ通りドイツ語版(Breite Straße)に本館がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Staatsbürger、領邦市民。ライヒ市民法では、"Reichsbürger"(「ライヒ市民」)という「1級市民」を表す用語が新たに創られ、これが支配階級のいわゆる「アーリア人種」を意味する。
  2. ^ ナチス・ドイツ時代の文化・芸術を一手に引き受けた国民啓蒙・宣伝省所管の組織。ドイツの芸術家はここへの登録を義務付けられた。登録拒否および追放は、当時のドイツで活動する芸術家にとって「職業上の死英語版」を意味する。
  3. ^ 1923年に発表され、ドイツの大学の構造的、精神的な面を分析し、「大学の自治」、「学問の自由」を維持するための意見を述べた同名書の第二版。初版に対し、ナチス時代の荒廃からドイツの大学を再建するための提案を加筆している。
    英訳"The idea of the university"はビーコン・プレス英語版1959年)、Peter Owen Ltd.(1965年)など。 Karl Jaspers (1965). Karl W. Deutsch. ed. The Idea of the University. Robert Ulich, H. A. T. Reiche and H. F. Vanderschmidt. Peter Owen Ltd.. ISBN 0720643163. 
    日本語訳『大学の理念』は「ヤスパース選集」第2巻(森昭訳。1950年理想社絶版)ならびに1999年単行本として理想社から次が出版されている。 カール・ヤスパース 『大学の理念』 福井一光訳、理想社、1999年2月。ISBN 978-46500013962011年8月30日閲覧。
  4. ^ 当時この研究所は「マリー」という森(du Bois Marie)の至近に存在した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Springer Key Facts”. www.springer.com. 2011年8月27日閲覧。
  2. ^ a b Annual Report”. www.springer.com. 2011年8月27日閲覧。
  3. ^ Springer Science+Business Media - Overview 2010 (PDF)”. www.springer.com. pp. 5. 2011年8月27日閲覧。
  4. ^ a b Welcome to SpringerLink”. www.springerlink.com. 2011年8月27日閲覧。
  5. ^ a b SpringerProtocols”. www.springerprotocols.com. 2011年8月27日閲覧。
  6. ^ a b SpringerImages”. www.springerimages.com. 2011年8月27日閲覧。
  7. ^ a b SpringerMaterials”. www.springermaterials.com. 2011年8月27日閲覧。
  8. ^ 日本最大の学術電子ジャーナルアーカイブの実現 ―大学図書館と連携して610万論文に― (PDF)”. NII. www.nii.ac.jp. pp. 2 (2006年6月2日). 2011年8月28日閲覧。 “
    ・Springer:
    Springer Science+Business Media(シュプリンガー・サイエンス+ビジネス・メディア)。
    ドイツに本拠を置く、STM(科学・工学・医学)系の学術出版社。
    年間1,450誌の学術雑誌、5,000点以上の新刊書を出版し、学術雑誌では世界第二位規模、
    書籍ではトップクラスのシェアを有する。”
  9. ^ Springer China”. www.springer.com. 2011年8月28日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l A Scientific Publisher‘s Story: The Publishers Fritz and Ferdinand Springer” (英語). Haus der Wannsee-Konferenz(ヴァンゼー会議記念館). 2011年8月28日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h History”. www.springer.com. 2011年8月28日閲覧。
  12. ^ Sarkowski, Heinz (1996) (英語). Springer-Verlag: 1842-1945, Foundation, maturation, adversity. Springer-Verlag. pp. p.163. ISBN 9783540615606. 
  13. ^ a b c d Sarkowski, Heinz (1996) (英語). Springer-Verlag: 1842-1945, Foundation, maturation, adversity. Springer-Verlag. pp. p.345. ISBN 9783540615606. 
  14. ^ a b Richard Poynder (2003年5月27日). “BertelsmannSpringer Is Sold to Private Equity Firms”. Information Today, Inc.英語版 (newsbreaks.infotoday.com). http://newsbreaks.infotoday.com/nbReader.asp?ArticleId=16696 2011年8月28日閲覧。 
  15. ^ “Contract Signed: Bertelsmann acquires 82 percent of the scientific publishing house Springer” (プレスリリース), Bertelsmann, (1998年11月22日), http://www.bertelsmann.com/News/1641/Contract-Signed%3A-Bertelsmann-acquires-82-percent-of-the-scientific-publishing-house-Springer 2011年9月3日閲覧。 
  16. ^ “Bertelsmann Sells BertelsmannSpringer To Cinven And Candover” (プレスリリース), Bertelsmann, (2003年5月13日), http://www.bertelsmann.com/News/7710/Bertelsmann-Sells-BertelsmannSpringer-To-Cinven-And-Candover 2011年9月3日閲覧。 
  17. ^ “Cinven to acquire BertelsmannSpringer for €1.05 billion” (プレスリリース), Cinven英語版, (2003年5月13日), http://www.cinven.com/mediacentre/default.asp?mediaid=52 2011年9月3日閲覧。 
  18. ^ “Candover Investments plc - Interim results for the half year ended 30th June, 2003” (プレスリリース), Candover Investments plc英語版, (2003年9月8日), http://www.candoverinvestments.com/media/latest-plc-news/2003?1=1&blockid=32287&blocktemplateid=32266 2011年9月3日閲覧, "Competition clearance obtained for the acquisition of BertelsmannSpringer for €1.1 billion." 
  19. ^ “Cinven backs €600 million buyout of Wolters Kluwer academic publishing arm.” (プレスリリース), Cinven英語版, (2002年10月18日), http://www.cinven.com/mediacentre/default.asp?mediaid=56 2011年9月3日閲覧。 
  20. ^ “Sale of Kluwer Academic Publishers to Candover and Cinven” (プレスリリース), Wolters Kluwer英語版, (2002年10月18日), http://www.wolterskluwer.com/Press/Latest-News/2002/Pages/pr-18-10-2002-t0540cet.aspx 2011年9月3日閲覧。 
  21. ^ Richard Poynder (2002年11月4日). “Kluwer Academic Publishers Sold to Venture Capitalists”. Information Today, Inc.英語版 (newsbreaks.infotoday.com). http://newsbreaks.infotoday.com/nbreader.asp?ArticleID=17055 2011年8月28日閲覧。 
  22. ^ “Merger of Springer Science+Business Media and Kluwer Academic Publishers to begin spring 2004” (プレスリリース), Springer, (2003年9月16日), http://www.springer.com/about+springer/media/pressreleases?SGWID=0-11002-6-803250-0 2011年9月3日閲覧。 
  23. ^ Katherine Allen (2009年12月14日). “Springer Sold to Private Equity Firms EQT and GIC”. Information Today, Inc.英語版 (newsbreaks.infotoday.com). http://newsbreaks.infotoday.com/NewsBreaks/Springer-Sold-to-Private-Equity-Firms-EQT-and-GIC-60173.asp 2011年8月31日閲覧。 
  24. ^ “Cinven sells Springer to EQT and GIC” (プレスリリース), Cinven英語版, (2009年12月11日), http://www.cinven.com/mediacentre/default.asp?mediaid=123 2011年9月3日閲覧。 
  25. ^ “Candover and Cinven sell Springer” (プレスリリース), Candover Investments plc英語版, (2009年12月11日), http://www.candoverinvestments.com/media/latest-plc-news/318416?1=1&blockid=325072&blocktemplateid=32266 2011年9月3日閲覧。 
  26. ^ “EQT V and GIC agree to acquire Springer ScienceBusiness Media from Candover and Cinven” (プレスリリース), EQT英語版, (2009年12月11日), http://www.eqt.se/en/Media/Container/EQT-V-and-GIC-agree-to-acquire-Springer-ScienceBusiness-Media-from-Candover-and-Cinven/ 2011年9月3日閲覧。 
  27. ^ “Springer ownership change confirmed” (英語) (プレスリリース), Springer Science+Business Media, (2010年2月2日), http://www.springer.com/about+springer/media/pressreleases?SGWID=0-11002-6-835229-0 2011年8月31日閲覧。 
  28. ^ a b Sarkowski, Heinz (1996) (英語). Springer-Verlag: 1842-1945, Foundation, maturation, adversity. Springer-Verlag. pp. p.138. ISBN 9783540615606. 
  29. ^ MetaPress to provide exposure for BertelsmannSpringer titles”. EBSCO Information Services英語版 (2003年6月9日). 2009年6月14日閲覧。
  30. ^ 国立大学の例を挙げると、エルゼビアサイエンスダイレクト英語版と並行して契約される場合が多い。平成21年度の例では、千葉広島筑波京都大阪九州北海道総研大など。 調達実績 - 国立大学法人”. 内閣官房. www.kantei.go.jp. 2011年8月28日閲覧。 “政府調達落札データ(平成21年度実績) - 4. コンピュータ(「平成22年度版政府調達における我が国の施策と実績」より)
  31. ^ Springer社、論文著者の所属機関をGoogle Mapsにマッピングした“AuthorMapper”を公開”. NDL, Current Awareness Portal. current.ndl.go.jp (2009年1月14日). 2011年8月28日閲覧。
  32. ^ AuthorMapper”. www.authormapper.com. 2011年8月27日閲覧。
  33. ^ Springer Open Choice”. www.springer.com. 2011年8月28日閲覧。
  34. ^ Springer Open Choice for Polish Institutions”. www.springer.com. 2011年8月28日閲覧。
  35. ^ Encyclopaedia of Mathematics - Springer Online Reference Works”. eom.springer.de. 2011年8月27日閲覧。
  36. ^ Julius Springer Prize for Applied Physics”. www.springer.com. 2011年8月28日閲覧。
  37. ^ a b “Einladung zum Festakt am 14. Dezember 2010 anlässlich der &Umul;bernahme des Archivs des wissenschaftlichen Springer Verlags durch die Zentral- und Landesbibliothek Berlin (ZLB)” (ドイツ語) (PDF) (プレスリリース), ZLBドイツ語版英語版, (2010年12月9日), http://www.zlb.de/presse/pressemitteilungen/archiv_ab_2009/springer-archiv_festakt.pdf 2011年9月3日閲覧。 

外部リンク[編集]

社史[編集]