マルティン・グロピウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルティン・グロピウス (Martin Gropius, 1824年8月11日ベルリン - 1880年10月13日ベルリン) はドイツ建築家バウハウスの初代校長でモダニズムの建築家・ ヴァルター・グロピウスの大伯父にあたる。

履歴[編集]

Konzerthaus in Leipzig

グロピウスは、ベルリンの高等建築学校で学び、卒業後私建築家になった。カルル・フリードリッヒ・シンケルカルル・ベティッハーなどに芸術的教育を受け、ギリシャイタリアの長く続いた旅行を通して、補習教育を受けた。

1856年に実業学校で教鞭をとり、後ベルリン科学院員も、ウィーン科学院員にも任命され、美術学校の校長の活動も行った。

業績[編集]

Giebelansicht Martin Gropius Bau im Jahre 2005
  • Psychiatrische Anstalt (Irrenhaus) in Neustadt-Eberswalde
  • Krankenhaus Berlin-Friedrichshain (1868年 - 1874年)
  • Krankenhaus in Wiesbaden
  • Universitätsgebäude in Kiel (1873年 - 1876年)
  • Militärkrankenhaus in Berlin-Tempelhof (1875年 - 1877年)
  • Kunstgewerbemuseum in Berlin (1877年 - 1881年) im Stil eines italienischen Renaissance-Palastes, heute als Martin-Gropius-Bau bekannt und für große Sonderausstellungen verschiedener Art genutzt
  • Konzerthaus (Neues Gewandhaus) in Leipzig (1882年 - 1884年), nach Gropius' Tod durch Heino Schmieden ausgeführt

グロピウスの設計にしたがって、旺盛のベルリン周辺の建物・ヴィラが建設された。例えば:

  • die Heesesche Villa am Lützow-Ufer
  • die Bleichrödersche Villa in Charlottenburg
  • das Mendelssohn-Haus
  • das Gruner-Haus
  • das Lessing-Haus