マクミラン出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカで開催された学会におけるマクミラン出版社の展示ブース

マクミラン出版社(まくみらんしゅっぱんしゃ、英語: Macmillan Publishers)はイギリス出版社で、本社はロンドンにあり、世界各地に子会社・関連会社がある。

沿革[編集]

マクミラン出版社は1843年にスコットランド出身のマクミラン兄弟(Daniel & Alexander Macmillan)が創業し、クリスティーナ・ロセッティルイス・キャロルアルフレッド・テニスントーマス・ハーディラドヤード・キップリングなどの文学作品を出版している。文学以外では、『ネイチャー』、『ニューグローヴ世界音楽大事典』などを発刊している。 [1] [2] [3]

マクミラン出版社はずっと独立系の出版社であったが、1995年にはドイツのメディアグループであるホルツブリンク出版グループen:Georg von Holtzbrinck Publishing Group)が株式の70パーセントを得て子会社化し、1999年には残りの株式もすべて得ている。

米国市場[編集]

マクミラン出版社はニューヨークに支店を開いたが、1896年には売却されて、マクミラン会社(Macmillan Co.)として業務を続けた。しかし1954年にはマクミラン出版社はアメリカ市場に再登場し、1964年にはハロルド・マクミランが首相を退任後1986年まで会長を務めた。1998年にピアソンがマクミラン会社を買い、それを2001年にホルツブリンク出版グループへ譲っている。

日本の関連会社[編集]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マクミラン【会社】(Kotobank)
  2. ^ マクミラン出版社
  3. ^ マクミラン出版社見学

外部リンク[編集]